たった30分でキャッシングの審査に通りました。

人生には急なお金のピンチというのがつきものです。

 

最近はクレジットカード払いができるところも増えており、
私もだいぶクレジットカードには助けられています。手持ちがなくても、後払いできるからです。

 

ですが、この世の中にはどうしても現金でないと通用しないこともあります。

 

先日、親戚に不幸があって通夜と葬式に参列することになったのですが、
親族に聞くと通夜に1万円、葬儀には5万円包むというではありませんか。

 

気持ちの問題でもありますが、他の親戚の風習に合わせないわけにもいきません。
ちょうど給料日前で2万円程度の余裕しかなかったので、即日キャッシングを利用してみることにしたのです。

 

実は初めての利用でしたが、葬式というのはとにかく突然やってきて急な出費を要しますから、ゆっくりしてはいられません。

 

親戚から亡くなったという連絡を受けて直ぐに手持ちのスマホでカードローン業者を検索し、申し込みをしました。
ほんの30分も経たないうちに電話が鳴り、本人確認のうえ審査が通ったことを告げられました。

 

本人確認書類もスマホのカメラで撮影して、直ぐにアップロードできたので手続きはあっという間でした。

 

直ぐに振り込みキャッシングもできると言われたのですが、親戚の家に行く途中、
駅前に自動契約機があるのでそこでカードを受け取ることにしたのです。

 

カードを受け取っておけば、いつでもコンビニ等のATMで借り入れができます。

 

いつどれだけのお金が必要になるか分からない時には、キャッシングカードを一つでも持っていると安心です。

人気の即日キャッシング

プロミス   30日間の無利息サービス、パートやアルバイトでも利用可(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)
プロミス(※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。)のWEB契約は店舗に足を運ぶ必要はなく、審査に通れば当日にお金を振り込んでくれます(※平日14時までにWEB契約完了が必要)。返済期日を自分で選択することができるので、お給料日にあわせて計画的に返済をすることができ、便利です。申し込みができる年齢は20歳以上69歳以下と幅広く、主婦、学生、パート、アルバイトであっても安定した収入があれば申し込みをすることができます。担保や保証人も不要なので、家族や友達に頼らず、自分のペースで利用することができます。プロミス(※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。)の提携チャンネルネットワークは広いので、全国各地のATMで利用が可能です。

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

4.5%~17.8% 500万円 最短30分

 

モビット   安心・安全の三井住友銀行グループのモビットで、超スピード融資
三井住友銀行グループのモビットは、最小限の入力項目にて事前審査が10秒で終わるという特徴を持つカードローンを取り扱っています。借入限度額は最大800万円で、借入年利は3.0%から18.0%です。さらに特徴的なのは、このモビットは自宅で誰とも会うことが無く借り入れ申し込みから実際の融資までを受けることが出来る点です。どうしても各種本人確認書類の郵送などでは自宅のみならず勤務先などでも応対する必要があるのですが、このモビットの「WEB完結申込」を利用すれば全てメールの応対のみで完結させることが可能になっています。

※「WEB完結申込」を行うには、銀行口座や保険証の種類に条件がございます。
※ 入力内容に不備等がある場合、ご本人様へ電話連絡が入ることもございます。
※ 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

3.0%~18.0% 800万円 10秒簡易審査

 

スルガ銀行カードローン   WEBで手続き完結、即日振込融資も可能
スルガ銀行カードローンはVISA機能や団体生命保険が付けられるなど 他の銀行カードローンではあまり見られない特徴があります。 お借入・ご返済も日本全国のコンビニの提携ATMやゆうちょ銀行のATMでご利用可能です。 限度額は最高800万までで、申込み金額が500万円までは収入証明書の提出も不要です。 消費者信用団体生命保険に加入すると、万一の時に保険でローンを全額返済することもできます。(加入は任意)

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

3.9%~14.9% 800万円 最短1分

 

オリックス銀行カードローン  最短即日審査可能など魅力的なサービスが多数。
オリックス銀行カードローンは、全国のコンビニの提携ATMや提携金融機関のATMの返済・借入の利用手数料が無料です。さらに、銀行のカードローンにありがちな口座の開設も必須ではありません。 口座を開設していなければ融資不可、といった条件もありませんので、誰でも申込むことができます。
※主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

1.7%~17.8% 最高800万円 最短即日

即日キャッシングの魅力

明日の朝までにお金が必要

明日は大切な支払いがあるのに、お財布や口座のお金が少ない。

 

また、急なデートの予定が入って手持ちのお金を増やしておきたいなど、急にお金が必要になった時は焦ってしまいがちです。
そんな時、友人や知人に借金を申し込むことは人間関係にヒビを入れることになるため出来るだけ避けたいものです。

 

自分の評判を落としトラブルに巻き込まれるような事態にならないよう、消費者金融や銀行系カードローンを利用しましょう。

 

多額の借入となると難しいのですが、ある程度の額までなら、
申し込んだ当日中に審査完了から契約、出金が可能となるサービスも数多く存在します。

 

スマホやインターネットを活用する

即日キャッシングは申し込みから借入までの時間が短いことも魅力の一つです。

 

スマホやインターネット申し込みに対応しているサービスも多く、来店不要であることも魅力と言えるでしょう。

 

今日中に借り入れたいのにお仕事などで店舗に行く暇が無いという方でも、
お昼休みなど少しの時間に申し込みさえやっておけば安心です。

 

審査の上借入が可能となれば、提携のコンビニATMや無人契約機から出金することができます。

 

今では本人確認の証明書類の提出も、アプリを使って行えます。

 

申し込みから出金まで人に会わずに済むので恥ずかしい、
気まずいと感じる方も気軽に使えるという点もこういったサービスのメリットです。

 

土日でも夕方でも間に合う

即日キャッシングのサービスの中には、審査は夜まで受け付けており、
審査通過後は土日深夜でも24時間振込に対応している会社もあります。

 

また、初回借入なら振込実施時間を延長するサービスを行っている会社もあるのです。

 

これらは対応する銀行口座が限られているため確認が必要です。
即日キャッシングのご利用をお考えなら、該当の銀行口座をあらかじめ作っておくと安心でしょう。

 

夜遅くまで審査を受け付けているとは言っても、お手持ちの銀行口座へ
当日振込をご希望の場合はお昼過ぎまでには申し込みをしておきたいものです。

 

当日振込に間に合いそうにない場合は、ネットで申し込んで無人契約機でカードを受け取り、出金するという方法もあります。

 

急なお誘いでも諦めないで

このように、今日中にお金を用意したい時には、ネットを使った即日キャッシングの利用が大変便利です。

 

手持ちのお金が無いために諦めて予定をキャンセルする前に、このようなサービスの利用も考えてみましょう。

即日キャッシングとは

融資を受けるまでの時間

貸付を利用するには申込み、審査、契約という段階を踏み、
実際に借り入れを行うまでに3日~1週間程度がかかるとされています。

 

ここで時間を取るのが審査であり、審査条件が厳しくなるほど融資されるまでの時間がかかります。
そのため、直ぐにお金を借りたいという方にはもどかしいのですが、実は24時間以内に融資が受けられる商品も存在します。

 

それが即日キャッシングです。

 

即日キャッシングなら他人を頼ることなく、日常生活の中でのいざという時の出費にすぐに対応することができます。

 

即日融資のキャッシングとは

即日キャッシングとは読んで字のごとく、お金を借りたいと思って申し込んだその日に融資が受けられるキャッシングです。

 

即日キャッシングなら最短30分で審査結果が分かるため、
そのまま契約すれば早くて2~3時間以内には融資が受けられるようになるでしょう。

 

ただし即日融資を受けるためには以下の条件があります。

 

インターネット、無人契約機、店舗窓口のいずれかによる申込みを行い、
尚且つ即日融資締め切り時間までに契約を完了させなくてはなりません。

 

主流の申し込み方法はインターネットですが締め切り時間が14時までなので、
夕方以降に申し込みたい方は21時頃まで対応できる無人契約機を活用しています。

 

また、ネットで予め申込みをして、審査結果は無人契約機で受けるという方法を採ることも可能です。

 

ネットや無人契約機を上手く活用できれば、高確率で即日融資を受けることができるでしょう。

 

即日融資の借入れ

即日融資を受ける際、ネットで契約すれば銀行振り込みによる借り入れができます。

 

口座に振り込まれた借入額はキャッシュカードで引き出して使うもOK、そのまま口座に残して引き落としに充てるもOKです。
ネット契約をすると後日キャッシングカードが発行される会社と、もともとカードの発行がない会社があります。

 

カードが発行されれば振り込み融資以外にもコンビニATMなど提携機種で現金を引き出しての借入れも可能になります。

 

しかし、後者のカードレスキャッシングですと、今後も振り込みによる借入れしかできません。
無人契約機で契約すれば、その場でキャッシングカードが発行されます。

 

なので、無人契約機や店舗に併設されたATMまたはコンビニの提携機種から現金を引き出しての借り入れができます。

 

こちらは振り込み融資には対応できません。
自分に適した借入れを選択すればいいですが、利便性で求めるのならカードの発行がある方がいいでしょう。

即日キャッシングを行っている会社

即日対応している金融機関

今や即日キャッシングはめずらしいことではありません。

 

金融機関の種別に関係なく、即日対応しているのです。
昔は審査に時間がかかると言われていた銀行、JAなども今は即日対応してくれます。

 

審査時間が短縮化されたこと、即日対応が当たり前になってきたことなどが要因でしょう。

 

しかし、すべての金融機関が即日対応しているわけではないので、
カードローンを選ぶときは融資までの時間も調べてください。

 

100%即日融資というローンがあれば、必ず即日で借りることができるはずですが、こうした会社は存在しません。

 

最短即日という表記が多く、これは審査がスムーズにいけば即日、時間がかかれば翌日以降という意味です。
即日、翌日以降を決めるのは金融機関だけではありません。

 

最終的な決定権は金融機関にありますが、申込者の希望額が審査時間に影響してきます。

 

1万円の希望額ならその場で貸してくれることが多いですが、100万円となると業者も簡単には決定できません。
完済してもらえないリスクも考慮しますので、審査には時間を要するわけです。

 

早く借りたい方ほど、希望額を少なくするべきなのです。

 

即日ローンでも他の条件にはこだわろう

即日ローンだから、金利にはこだわらないという方もいます。

 

確かに昔のローンですと、融資まで早いほど高金利だったものです。
今日中に借りないといけない状況では、高金利を覚悟しないといけませんでした。

 

しかし今のローンは、即日でも低金利の商品がたくさんあります。

 

即日だから金利が高くてもいいという考えは非常に損なのです。
銀行は即日でも14%台で融資してくれるところが多いです。

 

妥協して高金利で借りた場合、その金利のまま契約が継続するのです。

 

借入額が大きくなればわずかな金利が響いてくるので、金利で妥協してはいけません。
今は少額融資で間に合うかもしれませんが、将来的に利用枠を増額する可能性もあるでしょう。

 

即日融資を受けやすいパターン

無利息などのキャンペーンを打ち出している業者の場合、即日融資に対応してくれるケースが多いです。

 

顧客を十分に確保できている業者と、新規顧客を獲得したい業者では、後者のほうが融資に積極的になります。
また、振込対応している業者も即日には柔軟です。口座にお金がなくて入金したい場面では、即日の振込融資が役立ちます。

 

即日融資のカードローンを探しているなら、窓口、カードでの借入れだけでなく、
口座振込に対応している業者を選ぶといいでしょう。