短時間で借入できるローンを利用していました。

若いころは収入も少ない上お金がかかる機会が多くて、

常にお財布が寂しく食費を切り詰める日々でした。

 

給料日前にはお財布に1,000円しか入っておらず、
あと2日これで乗り切るなんて生活をしたこともあります。

 

そんなときに限って、先輩から飲み会の誘いが入ります。
先輩の誘いは断ることはできません。

 

しかも奢ってくれるわけでもないので、飲み会で最低3,000円から5,000円、
二次会でキャバクラに行って20,000円から30,000円です。

 

その後、終電がなくなってタクシーで帰るかカプセルホテルに泊まり、そこでも軽く10,000円は必要です。

 

結局50,000円くらいのお金が必要なわけですが、もちろんそんなお金はありません。

 

先輩にお昼ぐらいに声をかけられ、夕方仕事が終わるまでの間にどうにか現金を用意しなければならないわけです。
そんな時どうするかといえば、カードローンの即日融資を利用します。

 

既に申し込んであればいいのですが、まだカードを持っていないという場合は、
とにかく短時間で借入できるところを探さねばなりません。

 

私が選んだのは、カード発行を受けなくても銀行振り込みによるキャッシングで即日融資が受けられるところです。

 

これなら、仕事中でカードを受け取れなくてもいつものコンビニに行って、
手持ちの銀行キャッシュカードで引き出せる
からです。

 

振込みキャッシングは15時までに手続き完了が必要なところと、
24時間いつでも振込みOKなところがあるので、時間の余裕に応じてより便利なところを選びましょう。

人気のカードローン

プロミス   30日間の無利息サービス、パートやアルバイトでも利用可(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)
プロミス(※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。)のWEB契約は店舗に足を運ぶ必要はなく、審査に通れば当日にお金を振り込んでくれます(※平日14時までにWEB契約完了が必要)。返済期日を自分で選択することができるので、お給料日にあわせて計画的に返済をすることができ、便利です。申し込みができる年齢は20歳以上69歳以下と幅広く、主婦、学生、パート、アルバイトであっても安定した収入があれば申し込みをすることができます。担保や保証人も不要なので、家族や友達に頼らず、自分のペースで利用することができます。プロミス(※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。)の提携チャンネルネットワークは広いので、全国各地のATMで利用が可能です。

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

4.5%~17.8% 500万円 最短30分

 

モビット   安心・安全の三井住友銀行グループのモビットで、超スピード融資
三井住友銀行グループのモビットは、最小限の入力項目にて事前審査が10秒で終わるという特徴を持つカードローンを取り扱っています。借入限度額は最大800万円で、借入年利は3.0%から18.0%です。さらに特徴的なのは、このモビットは自宅で誰とも会うことが無く借り入れ申し込みから実際の融資までを受けることが出来る点です。どうしても各種本人確認書類の郵送などでは自宅のみならず勤務先などでも応対する必要があるのですが、このモビットの「WEB完結申込」を利用すれば全てメールの応対のみで完結させることが可能になっています。

※「WEB完結申込」を行うには、銀行口座や保険証の種類に条件がございます。
※入力内容に不備等がある場合、ご本人様へ電話連絡が入ることもございます。

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

3.0%~18.0% 800万円 10秒簡易審査

 

スルガ銀行カードローン   WEBで手続き完結、即日振込融資も可能
スルガ銀行カードローンはVISA機能や団体生命保険が付けられるなど 他の銀行カードローンではあまり見られない特徴があります。 お借入・ご返済も日本全国のコンビニの提携ATMやゆうちょ銀行のATMでご利用可能です。 限度額は最高800万までで、申込み金額が500万円までは収入証明書の提出も不要です。 消費者信用団体生命保険に加入すると、万一の時に保険でローンを全額返済することもできます。(加入は任意)

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

3.9%~14.9% 800万円 最短1分

 

オリックス銀行カードローン  最短即日審査可能など魅力的なサービスが多数。
オリックス銀行カードローンは、全国のコンビニの提携ATMや提携金融機関のATMの返済・借入の利用手数料が無料です。さらに、銀行のカードローンにありがちな口座の開設も必須ではありません。 口座を開設していなければ融資不可、といった条件もありませんので、誰でも申込むことができます。
※主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

1.7%~17.8% 最高800万円 最短即日

自分に合ったローン会社はどれ?

即日融資のローン会社

お金がすぐに必要という場合は即日融資のカードローンなら、うまくいけばその日の内にお金を借りることができます。

 

そのため、即日融資を可能としているローン会社を選んで申し込みましょう。
即日融資のカードローンというと消費者金融が一般的ですが、今では銀行カードローンも即日融資を可能としています。

 

銀行は低金利での融資が受けられるのが特徴ですが、
審査が厳しめというのがネックですので、その分、審査が遅れる可能性があります。

 

それを踏まえて、高確率で即日融資を期待するのなら消費者金融がお勧めされますが、
自分の条件に自信がある方なら銀行カードローンの審査に挑戦してみてもいいでしょう。

 

インターネットに対応するローン会社

即日融資が可能なローン会社はインターネット取引きに対応しています。

 

そのため、必然的にネット申し込みができるローン会社を選ぶことになるでしょう。
とはいえ、最近のローン会社は殆どがネット取り引きに対応しており、尚且つ即日融資のサービスも提供しています。

 

なので、どのローン会社に申し込んでも比較的直ぐに融資を受けることが期待できます。

 

実際の申し込み方法は、各社のホームページのカードローン申し込み専用ページから申し込みを行うだけですので手間はありません。
パソコンやスマホからアクセスして申し込んでみましょう。

 

仮に審査が遅れて即日融資が不可能でも、休業日を除く翌営業日には融資が受けられるようになります。

 

その為、多少時間に余裕を持てばネット申込みは手軽に申し込める唯一の方法です。

 

無人契約機があるローン会社

今どきの即日融資というとネット申し込みが主流ですが、無人契約機でも即日融資が可能です。

 

無人契約機の方はネット申込みよりも遅い時間まで即日融資の申込み対応しているため、
夕方以降でも即日融資を受けられる可能性があります。

 

また、ネット申し込みをしたけど締め切り時間までに審査が受けられなかったという場合でも、
その後で無人契約機に出向いて審査結果を聞き、そこで契約することもできます。

 

なので、できれば無人契約機があるローン会社の方が、高確率で即日融資が期待できるでしょう。

 

また、無人契約機で契約すれば、その場でカードの発行があるため、
無人契約機の横に併設されているATMや提携先の銀行またはコンビニATMからお金を借りることも可能です。

 

ローン会社によって細かい概要が異なるので、事前に確認した上で選択しましょう。

急な出費はどうすればいい?

店頭窓口に駆け込む

今すぐお金が必要になった時が平日の日中であれば、店頭窓口に駆け込むのが、お金を借りるために一番早い方法となります。

 

本人確認書類と利用額によっては収入証明書、そして、印鑑を持っていれば、直ぐに手続きできます。
申し込み手続きも対面でできるため不備を出す虞がなく、最短30分で審査が完了し、その場でカードを受け取れます。

 

自動契約機やローン契約機を探す

平日の日中には店舗に行けない方、休日や平日の夜間など営業していない時間帯に借りたい場合は
自動契約機や金融機関等に設置された提携のローン契約機を利用すると便利です。

 

本人確認書類として運転免許証さえあればよく、押印の必要はありません。

 

ただし、一定額を超える借入では収入証明書は必要です。
自動契約機は平日の夜21時ごろまで稼働しており、土日祝日でも、その場で審査が受けられます。

 

最短で40分程度でカードを受けとることができ、直ぐに借り入れが可能となります。

 

コールセンターに電話する

近くに店舗や自動契約機がない場合や、カードローンに申し込むのを誰かに見られたくないという場合は、コールセンターが速いです。

 

有人対応で、オペレーターを通じて直接申し込むことで、直ぐに審査が開始されます。
いったん電話を切って、30分ほどで正式な審査結果が通知されます。

 

郵送以外の方法でカードを直ぐに受け取るには、自動契約機や店舗に出向く必要があります。

 

ですが、振込みキャッシングができるところであれば、審査が通ると、ご自身名義の銀行口座に振り込みをしてくれます。
そのため、コールセンター利用ですぐにお金を借りたい場合は、瞬時の振込みキャッシングサービスを扱っている業者を探すことが重要になります。

 

インターネットで申し込みしたうえで電話する

インターネット申し込みは、いつでも何処からでもネットさえ繋がれば申し込めるのが便利です。

 

そのため、方法としては最も早いように思えますが、実はそうでないケースもあります。
たとえば、真夜中に申し込んでも、審査の受付時間外のため、審査結果は直ぐに帰ってきません。

 

審査は有人対応となるので、通常、翌朝9時以降の対応となります。

 

真夜中に申し込んでおけば、翌朝、順次対応してくれますが、
仮に申し込みが殺到している場合には順番が遅くなる可能性も考えられます。

 

そこで、インターネットで申し込んだうえで、営業時間開始後直ぐにコールセンターに電話をかけると、
申し込み内容はインターネットで完結しています。

 

その為、通常の電話対応より早く審査をしてもらうことが可能です。

便利で親切な即日融資

事前に問い合わせておこう

即日融資を受ける手段として、最も確実なのが、店舗や自動契約機です。

 

なぜなら、その場で申し込みから審査、カード発行までワンストップで行えるためです。
スムーズにいけば、その間、30分程度で済みます。

 

もっとも、店舗の場合は利用者で混雑しているケースもあります。

 

申し込み客だけでなく、返済の相談など様々な人がやってきて、なかなか自分の番が来ないことも少なくありません。
そんな場合は店舗に出向く前に電話をかけて、混雑状況を確認するとともに直ぐに借りたいという希望を伝えましょう。

 

親切な店舗では、そうした資金ニーズに応えることをモットーとしているので、
来店後、他のお客様に優先して手続きができるように対応をしてくれます。

 

場合によっては、直ぐに手続きができる、自動契約機を案内してくれることもあります。

 

その場合も、操作に困らないようスタッフが、電話口で案内をしてくれます。
さらにテレビ電話窓口があるところでは、1つ1つ丁寧にガイドをしてくれますので、機械操作に不安がある方でも心配はいりません。

 

事前にインターネットで申し込んでおこう

即日融資を受ける手段としては、インターネットやコールセンターに申し込む方法もあります。

 

申し込みから最短で30分の審査という点は同じです。
ですがインターネットの場合は申し込みをシステム的に受け付けて審査に入るまで、タイムラグが生じることがあります。

 

また、コールセンターでは口頭により申し込み事項を確認するため、審査に入るまでの受付に時間がかかる場合もあります。
そうしたときに備えて、カードローン業者の中にはインターネット申し込みとコールセンターへの電話のセット手続きを推奨しています。

 

まずはインターネットで必要事項を記入して、送信します。

 

そのうえで、コールセンターに電話をかけると、オペレーターがインターネットで申し込まれた事項を直ぐに確認できます。

 

インターネットの受付までのタイムラグを短縮するとともに、
オペレーターが申し込み事項を確認する時間が省けるので、より速く審査へと進むことができます。

 

直ぐに借りたい人のためにこうした手続き方法の案内をしてくれる、カードローン業者は非常に親切です。

 

もちろん、コールセンターは有人対応です。

 

オペレーターに急いでいる旨を伝えることで、早めの審査結果が出るよう配慮してもらえます。

 

インターネットや自動契約機などのシステムの普及で、
カードローンはより便利になりましたが、有人対応の親切さも即日融資を支えているのです。