カードローンはお金がない私にとって、救世主的存在です。

お金がないと、まず私が実践するのは食費を切り詰めたり、
大好きなお酒やタバコを我慢するということです。

 

これで毎日の生活くらいはどうにかなりますが、いざ友達との付き合いや
職場との付き合いが生じてしまうと、とたんにピンチになります。

 

さらに家族を持っていると、子供の塾代をはじめ様々な出費が必要で首が回らなくなることは多いものです。

 

そんなときは家計の節約をしつつ、必要な資金を有利に捻出するためローンの利用も考えてみるといいでしょう。

 

私も様々なローンを活用していますが、その時点で最も有利と考えるものを探してきました。
たとえば、子供の学費であれば教育ローンが低利で便利です。

 

ただし、教育ローンの手続きや審査には時間がかかり、学校の入学金や授業料等の納期日までに間に合わないこともあります。

 

そんなときは金利よりもお金を融通させるほうが大切ですから、カードローンを活用したりします。
カードローンなら最短30分の審査で当日中の融資も可能で、資金使途も自由ですからどんなニーズにも対応できて便利です。

 

また、カードローンは借りなければ利息が付くことはないので、
お金がないときに備えて1枚用意しておくといざというとき助かります。

 

お金の悩みは人には話しにくく、お金がないなんてみっともないという男性もいるかもしれません。
ですが、誰にでも起こりうる悩みですから、いざというとき焦らないよう、事前対策しておくことも大切です。

人気のカードローン

スルガ銀行カードローン   WEBで手続き完結、即日振込融資も可能
スルガ銀行カードローンはVISA機能や団体生命保険が付けられるなど 他の銀行カードローンではあまり見られない特徴があります。 お借入・ご返済も日本全国のコンビニの提携ATMやゆうちょ銀行のATMでご利用可能です。 限度額は最高800万までで、申込み金額が500万円までは収入証明書の提出も不要です。 消費者信用団体生命保険に加入すると、万一の時に保険でローンを全額返済することもできます。(加入は任意)

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

3.9%~14.9% 800万円 最短1分

 

プロミス   30日間の無利息サービス、パートやアルバイトでも利用可(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)
プロミス(※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。)のWEB契約は店舗に足を運ぶ必要はなく、審査に通れば当日にお金を振り込んでくれます(※平日14時までにWEB契約完了が必要)。返済期日を自分で選択することができるので、お給料日にあわせて計画的に返済をすることができ、便利です。申し込みができる年齢は20歳以上69歳以下と幅広く、主婦、学生、パート、アルバイトであっても安定した収入があれば申し込みをすることができます。担保や保証人も不要なので、家族や友達に頼らず、自分のペースで利用することができます。プロミス(※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。)の提携チャンネルネットワークは広いので、全国各地のATMで利用が可能です。

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

4.5%~17.8% 500万円 最短30分

 

モビット   安心・安全の三井住友銀行グループのモビットで、超スピード融資
三井住友銀行グループのモビットは、最小限の入力項目にて事前審査が10秒で終わるという特徴を持つカードローンを取り扱っています。借入限度額は最大800万円で、借入年利は3.0%から18.0%です。さらに特徴的なのは、このモビットは自宅で誰とも会うことが無く借り入れ申し込みから実際の融資までを受けることが出来る点です。どうしても各種本人確認書類の郵送などでは自宅のみならず勤務先などでも応対する必要があるのですが、このモビットの「WEB完結申込」を利用すれば全てメールの応対のみで完結させることが可能になっています。

※「WEB完結申込」を行うには、銀行口座や保険証の種類に条件がございます。
※入力内容に不備等がある場合、ご本人様へ電話連絡が入ることもございます。

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

3.0%~18.0% 800万円 10秒簡易審査

ピンチ!!お金がないときには・・・

カードローンは申し込みが簡単

急な資金ニーズが生じたり、給料日前でお金がピンチのときには直ぐに借りられるカードローンが助け舟となります。

 

カードローンは保証人を立てる必要がなく、不動産に抵当権を設定する必要もありません。
本人確認書類と収入証明書さえあれば、気軽に申し込みができます。

 

しかも、来店の必要もなく、インターネットやコールセンターで申し込みが可能なので、ピンチになった時に直ぐに申し込むことが可能です。

 

土日祝日でもOK

カードローンを扱う銀行や貸金業者は、基本的に平日のみの営業となっています。

 

特に銀行の場合は、平日は15時までしか営業していません。

 

ですが、カードローンを担当している部門は別であり、来店窓口は営業していなくても、
受付業務や審査業務、カードの発行業務などを平日の夕方以降や土日祝日でも行っています。

 

中には年末年始も休まず、業務を行っているところもあります。

 

そのため、来店以外の方法であれば、直ぐに審査や借り入れが可能となります。
たとえば、自動契約機は平日の夜間や土日祝日も稼働しており、40分程度でその場でカード発行まで行えます。

 

インターネットは24時間365日申し込みができるほか、コールセンターも平日の夜間や
土日祝日も対応しており、審査は最短で30分で結果が通知されます。

 

審査が速い

このようにカードローンのメリットは、審査が最短で30分から40分程度で行ってもらえることです。

 

しかも、土日祝日でも審査をしているところが多いのが助かります。

 

この点、他のローンでは審査に数日から2週間程度かかったり、
営業日以外は業務を全く行わないことが多いため、時間がかかってしまいます。

 

直ぐに借りられる

カードローンは基本的に契約後に発行されたカードを使って、ATMで借り入れをします。

 

カードは最短で申し込んだその日のうちに受け取れるので、直ぐに借り入れが可能な助教になります。

 

ATMは申し込んだカードローン業者の専用ATMに限らず、
提携の金融機関やコンビニに設置されたATMも利用が可能です。

 

そのため、基本的に全国どこでも借り入れ可能な状況となります。

 

直ぐに借りたいニーズを満たしてくれ、自宅近くのコンビニで職場近くの提携金融機関でなど、
借りられる場所も豊富にそろうので直ぐに借りたい方には便利です。

 

また、振込みキャッシングという方法もあり、インターネットやコールセンターで簡単な手続きをするだけで、
ご自身名義の銀行口座に振込みをしてもらえます。

失敗談から学ぶ、お金の借り方

お金で失敗する一番の理由とは

お金は借りすぎるほど返済が大変になります。

 

お金を借りて失敗する方に共通しているのは、返済できない金額を借りていることです。
1万円しか借りていないのに、返済できなくなる人はほとんどいないでしょう。

 

返済できなくなる人は、返済できなくなるほど借りているのです。

 

借りすぎが失敗の原因なので、身の丈にあった希望額を設定することが大切なのです。
借りすぎないコツは、契約前に借入上限額を決めておくことでしょう。

 

最高500万円まで融資可能なローンだとしても、その金額を借りようとしてはいけません。

 

返済可能額というのは人によって異なるので、借りられる金額にも差が出てきます。
これは自分でシミュレーションをして決めるしかありません。

 

シミュレーションをしなければ、月の返済額が見えてこないので、借入額の設定もできないのです。

 

月3,000円の返済にすれば負担にはならない、といった考えを持ってしまう方もいますが、返済額が少ないとローンが終わりません。
上手に利用するためには、早期完済することも重要なのです。

 

2年で返済するよりは、1年で返済する借り方のほうが賢いのです。

 

借入期間が短いほど利息の支払いは少なくてすむので、ローン上手な方ほど早く返すことを重視します。

 

お金がなくて困っているからこそ借りすぎない

お金がなくて困っているときは、融資が必要になることが多いでしょう。

 

ここで注意したいのは、お金がないからこそ借りすぎないことなのです。

 

お金がたくさんあるのに借りる方はいないでしょうが、お金があるほど返済も容易なのは間違いありません。
逆にお金がないほど返済資金を確保するのが厳しいので、借りる金額を極力抑える必要があります。

 

カードローンで浪費してしまう方は、最初から借りすぎているとは限りません。

 

最初は少額融資を受けて地味に使用していたけど、限度額を何度か増額しているうちに限度額が高額になってしまうケースが多いのです。

 

最初は10万円の枠で借りても、きちんと返済していると枠が増額されていきます。
10万円満額まで借りている状態で20万円まで枠が拡大すれば、そこで融資を受けてしまう方が多いのです。

 

まだお金を借りられると思えば気持ちに余裕が出てしまい、安易な理由で借りてしまいがちです。

 

ローンで失敗しないためには、枠をむやみに増額しないことが大切となります。
本当に必要なとき以外は借りないようにしたいものです。

自分に合うローン会社はどこ?

すぐにお金が必要なら即日融資

カードローンを利用する際には、自分の利用目的に合ったサービスを利用することが大切です。

 

たとえば、どうしても今日中に融資を受ける必要があるという人ならば、即日融資は非常に便利なサービスとなります。
即日融資は申し込んだその日のうちに、融資が受けられるサービスです。

 

通常、カードローンの審査申し込みから融資までには、2営業日から3営業日かかります。

 

ですが、即日融資に対応している金融機関であれば、最短で30分で融資を受けることが可能です。

 

まとまったお金が必要なら利用限度額を比較

カードローンの利用者には300万円、500万円といった、まとまったお金が必要だという人もいるでしょう。

 

そのような場合には利用限度額を比較して、自分の希望する借入金額よりも大きいかどうかをしっかりと確認しておきましょう。
というのも、カードローンの金利というのは、借入金額の多さに比例して低くなるからです。

 

複数の業者から少しずつ借りるよりも、1つの業者からまとめて借りたほうが、
低金利で融資を受けることができるので、返済計画も立てやすくなります。

 

また、現在多重債務に陥っている人で、債務を一社にまとめたいという人にとっても利用限度額は重要な比較ポイントになります。

 

低金利のカードローンへの借り換えを行うことで債務を一本化することができれば、
返済が楽になりますし、新たに融資を受けやすくなります。

 

短期間の借り入れなら無利息ローン

カードローンには借り入れから一定の期間の利息がゼロになる、無利息ローンを行っているところがあります。

 

利息ゼロとなる期間については業者によって違いがありますが、
一般的には最初の30日間の利息がゼロになるというところが多いようです。

 

つまり、無利息ローンを利用して借りたお金を翌月の返済日に全額返済することができるならば、
一切利息を支払うことなく融資を受けることができるということになります。

 

少額の借り入れで翌月に間違いなく完済できるという場合には、非常に便利なサービスといえるでしょう。

 

返済方法の比較も重要

カードローンでお金を借りたら毎月返済していかなければならないわけですから、
自分に合った返済方法を選べるということはとても大切なことです。

 

特に地方にお住まいの方で近くに店舗がないという場合や、
昼間忙しくて返済手続きをする時間が取れないという人にとっては、返済方法は業者選びの重要なポイントになります。

 

最近はコンビニのATMを利用して返済できる業者も増えてきています。

 

こういった返済方法を選択すれば夜間でも返済ができますし、ネットバンキングが利用できる業者ならば
自宅のパソコンやスマホからも簡単に返済ができて便利です。