飲み会のお金がない時にキャッシングを利用しています。

私は仕事関係の人たちと良く、食事や飲み会に行きます。

 

お酒の場では普段の仕事では聞けないような思いがけない話が出てくることがあり、
それが次の仕事につながることがあります。

 

また、その場では有益な情報を得られなくても、相手の人と時間を供したことで親密感が増します。

 

そして、その後の利益につながっていく事があるのです。
人付き合いで発生する交際費が、自らの収入の範囲内に収まれば問題はありません。

 

しかし、飲み会というのはいつも不定期で、どうしても参加したいときに手持ちの現金がないことがあります。
そのようなときに便利なのがカードローンなどキャッシングやローン商品です。

 

最近のカードローンはカードさえ持っていれば、コンビニATMなどで、24時間いつでも利用が可能です。
また、事前に契約しておらず利用したことがない場合にも、インターネットで、短時間で契約ができます。

 

場合によっては即日融資を受けることもできる商品もあるので、いざというときには非常に便利な商品が多数あります。

 

金利はだいたい4.0~18.0%が平均で銀行や消費者金融で異なるので、最初に確認するのが一番です。
銀行は金利が安くて、利用限度額も高めに設定されているので、用途に合わせて借入ができます。

 

消費者金融では、即日融資や審査に対応している所が多いので、今すぐお金が欲しいという人には嬉しいサービスです。

 

返済もとても簡単でコンビニのATMでも返済できるため、仕事帰りに振り込むことができ、忘れる心配もありません。
どうしてもお金が足りない、今すぐ必要という時はカードローンなどのキャッシングはとても便利です。

人気のキャッシング会社

プロミス   30日間の無利息サービス、パートやアルバイトでも利用可(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)
プロミス(※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。)のWEB契約は店舗に足を運ぶ必要はなく、審査に通れば当日にお金を振り込んでくれます(※平日14時までにWEB契約完了が必要)。返済期日を自分で選択することができるので、お給料日にあわせて計画的に返済をすることができ、便利です。申し込みができる年齢は20歳以上69歳以下と幅広く、主婦、学生、パート、アルバイトであっても安定した収入があれば申し込みをすることができます。担保や保証人も不要なので、家族や友達に頼らず、自分のペースで利用することができます。プロミス(※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。)の提携チャンネルネットワークは広いので、全国各地のATMで利用が可能です。

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

4.5%~17.8% 500万円 最短30分

 

モビット   安心・安全の三井住友銀行グループのモビットで、超スピード融資
三井住友銀行グループのモビットは、最小限の入力項目にて事前審査が10秒で終わるという特徴を持つカードローンを取り扱っています。借入限度額は最大800万円で、借入年利は3.0%から18.0%です。さらに特徴的なのは、このモビットは自宅で誰とも会うことが無く借り入れ申し込みから実際の融資までを受けることが出来る点です。どうしても各種本人確認書類の郵送などでは自宅のみならず勤務先などでも応対する必要があるのですが、このモビットの「WEB完結申込」を利用すれば全てメールの応対のみで完結させることが可能になっています。

※「WEB完結申込」を行うには、銀行口座や保険証の種類に条件がございます。
※入力内容に不備等がある場合、ご本人様へ電話連絡が入ることもございます。

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

3.0%~18.0% 800万円 10秒簡易審査

 

スルガ銀行カードローン   WEBで手続き完結、即日振込融資も可能
スルガ銀行カードローンはVISA機能や団体生命保険が付けられるなど 他の銀行カードローンではあまり見られない特徴があります。 お借入・ご返済も日本全国のコンビニの提携ATMやゆうちょ銀行のATMでご利用可能です。 限度額は最高800万までで、申込み金額が500万円までは収入証明書の提出も不要です。 消費者信用団体生命保険に加入すると、万一の時に保険でローンを全額返済することもできます。(加入は任意)

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

3.9%~14.9% 800万円 最短1分

まずは知っておこう

お金が欲しいときに便利なカードローン

カードローンはお金が欲しいときに最適です。

 

ローン利用において知っておきたいのは、借りるために必要な条件は有職であることです。
毎月収入のある方が借入対象となり、不定期収入に関しては収入とはみなされません。

 

パート、アルバイトなどは、安定収入とみなされるので融資を受けることができます。

 

現在、無職の状態では借りることはできませんが、専業主婦ならば配偶者に収入があれば借りられるローンもあります。
未成年の学生の場合は、親の同意があれば借りられるのが普通です。

 

借りられる金額の上限は、年収の3分の1までとなります。

 

これが住宅ローンなどと異なる点であり、年収を3で割った金額までしか借りることができません。
会社員の平均年収は400万円くらいと言われているので、借りられる金額は130万円くらいが上限となります。

 

実際の融資では、もっと少ない金額が設定されるのが普通なので、50万円以下で申込みたいものです。

 

130万円という限度額には、初回融資の時点では到達しません。
初回融資では30万円、1回目の増枠後で50万円、2回目の増枠で70万円というように限度額が引き上げられます。

 

利息制限法の年収3分の1という額は、最終的に借入れ可能な金額だと考えてください。

 

はじめての方には、10万円~50万円くらいの融資額になるのが普通です。

 

自分が返済できる金額を知る

ローンで失敗しないコツは、自分が返済できる金額を知ることです。

 

シミュレーションをして、借りる前に知っておく必要があります。
毎月返済可能だと思われる金額の3分の2程度に抑えておくのが賢い借り方です。

 

毎月3万円の返済計画を立てても、計画はその通りにはいかないと考えたほうがいいでしょう。

 

お金はいつ必要になるかわからず、突発的に追加融資が必要になることもあります。
毎月3万円ならどうにか返済できそうだと思ったら、2万円が安全ラインになります。

 

月の返済可能額が決定したら、おのずと借入額も決まってくるでしょう。

 

ほとんどの方は、借入額を決めてから返済計画を立てているのです。
この方法ですと、借入額が大きすぎる場合、返済にも無理が生じてきます。

 

安全に借りるためには、返済計画を立てたうえで、逆算して借入額を決めていくことです。

 

20万円なら確実に返済できるから借入額は20万円にしよう、という感じで限度額を決めていくのが理想的です。
借りすぎを回避できれば、返済できなくて遅延することもないでしょう。

お金が欲しい人はカードローン

自由に使えます

金融機関や貸金業者には、様々なタイプのローンの取り扱いがあります。

 

住宅ローンやマイカーローン、教育ローンやトラベルローンなど目的別のローンも用意されています。

 

もっとも、お金が欲しいという人のニーズは、そういった何かを購入するために充てるのではなく、
とにかく現金が手元に欲しいということになるでしょう。

 

そのお金を欲しいモノの購入はもちろん、デート代や生活費に交通費、
借金の返済に使いたいなど、様々なニーズに充てたいはずです。

 

こうしたとき、カードローンは大変便利です。

 

なぜなら、資金使途は基本的に自由だからです。
借りたお金は、何に使ってもかまいません。

 

ただし、投機資金や事業性の資金には使えないので注意してください。

 

最短でその日のうちに借りられます

ブランド物のバックが欲しいから、車を買いたいからお金が欲しいというニーズと違い、
とにかくお金が欲しい方というのは今すぐお金が必要な方が多いはずです。

 

欲しいモノは我慢ができても、お金がないという場合には、日々の生活にも困り、
この世の中では何もできず、身動きが取れなくなる虞もあるからです。

 

この点、カードローンは、最短30分の審査で、その日のうちに借りられます。

 

多くの業者が土日祝日や平日の夜間も自動契約機やコールセンターを稼働させており、
インターネットからの申し込みは24時間365日利用可能です。

 

カードを受け取れば、最寄りのコンビニ等のATMで直ぐに借り入れが可能です。

 

コンビニATMは深夜や早朝でも利用できるケースが多く、お金が欲しいときにいつでも借りることができるようになります。

 

本人確認書類を用意しましょう

申し込みにあたっては審査がありますが、必ず必要な書類は本人確認書類です。

 

源泉徴収票や確定申告書などの収入証明書は、一定額以下の借入なら提出不要です。
貸金業者の場合は1社で50万円以下、他社と併せて100万円以下の場合、銀行なら100万円以下とするところが多くなっています。

 

この範囲内で利用限度額を設定すれば、運転免許証やパスポートなどの
本人確認書類を提示するだけで、面倒な手続き書類を用意する必要はありません。

 

カードを1枚持っていると安心

お金が欲しいというニーズは、一度だけでなく、今後も何度も訪れる可能性があるものです。

 

この点、カードローンは利用限度額の範囲内であれば、何度でも繰り返し使えます。
利息は借りた分だけしか付きませんし、1枚持っていると、いざというとき助かります。

適切なカードローン選び

本当に直ぐに借りられるのか

お金が欲しいというニーズには、今すぐ欲しいというニーズが重なることが多くあります。

 

そうした方にとっては、今すぐ借りられるかは、切実な問題です。
即日融資とあったから申し込んだところ、翌営業日以降でないと借りられなかったとなっては困ります。

 

そこで、即日融資が本当に受けられるのか、確認しておく必要があります。

 

何時までに申し込めばその日中に審査をしてもらえるのか、
カードを受け取りに行けない場合には振込みキャッシングの方法は利用できるかを確認してください。

 

仕事が忙しくて日中は手続きが難しい方には夜間や土日祝日でも稼働している、
自動契約機やコールセンターがあるカードローンが適切です。

 

また、直ぐにカードを受け取りたい方の場合、自宅や職場の近くに店舗や自動契約機を設置してるカードローンが便利です。

 

さらにカードを受け取りに行けないなら平日の15時を過ぎても、
いつでも振り込めるキャッシングサービスを展開しているカードローンがいいでしょう。

 

たとえば、振込みが平日の15時までで締め切られるケースと、
365日いつでも振込みできるケースでは、振込みが金曜の15時以降になった場合に大きな差が付きます。

 

前者は翌営業日の月曜以降にならないと振り込まれませんが、後者なら金曜日中に振り込まれるからです。

 

利息負担を考える

借入れをすれば、利息が毎日ついていきます。

 

まとまった金額を長く借りる予定の方ほど、低金利のカードローンを探すのが賢明です。
一方、直ぐに返せる額を借りるという方なら、金利が多少高くても、初回利用で30日間無利息サービスを行っているカードローンがお得です。

 

利用限度額は適しているか

借りるにあたっては、その人ごとにいくら必要なのかは異なります。

 

もちろん、審査がありますから希望額が必ず借りられるとは限りません。
ですが、そもそも希望額より利用限度額の上限が低いところでは、1社で対応できず複数申し込むことになりかねません。

 

利用限度額の上限や下限が、自分の借りたい額を満たしているところが適切です。

 

返済方法や返済額は自分に合っているか

カードローンを選ぶ際は、借入れのことだけでなく、返済についても考えましょう。

 

返せなくなるのが、一番困ります。返済方法はカードローン業者によって、異なっています。

 

たとえば、30,000円借りた場合に翌月3,000円だけ返せばいいところ、5,000円返すところなど最低返済額が異なります。

 

返済計画を立て、返済しやすいところを探すべきです。