総量規制対象外の銀行系カードローンに申し込みました。

男性であるからには、ある程度まとまった金額が必要になることがよくあります。

 

デートや旅行の際は女性をエスコートして全額払ってあげたいものです。

 

それでもサラリーマンで一人暮らしをしていると、必要経費として、
会社の接待や同僚との付き合いにもお金がかかってきます。

 

ちょっとしたイベントでまとまったお金を用意するのは大変なものでした。
そこで利用したのがカードローンです。

 

近年のカードローンは、即日で融資を受けられる業者も増えているので、迅速な対応を期待したい時には役立ちます。
また、いざお金が必要になった時にコンビニのATMで融資を気軽に受けることができます。

 

いつでもどこにいても頼ることができるのがメリットです。

 

ただし、カードローンにも様々な会社があり、どこを選んでいいものか悩んでいました。
そこで私が選んだのが、銀行系のカードローンです。

 

銀行系は総量規制対象外となるため、収入に関係なく自由に借り入れすることができます。

 

また、無担保で無保証のため保証人の必要がないですし、担保も不要なため気負いなく融資を受けることができます。

 

最近では、カードローンの申し込みや契約もWeb上で完結できるケースも多いですから、
わざわざ来店する必要がなく、誰にも知られずに借りることができます。

 

プライバシー保護の面でも安心して融資を受けたいならば、ぜひWebで契約ができる
カードローン会社を選ぶのがお勧め
ではないかと思います。

人気のカードローン

プロミス   30日間の無利息サービス、パートやアルバイトでも利用可(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)
プロミス(※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。)のWEB契約は店舗に足を運ぶ必要はなく、審査に通れば当日にお金を振り込んでくれます(※平日14時までにWEB契約完了が必要)。返済期日を自分で選択することができるので、お給料日にあわせて計画的に返済をすることができ、便利です。申し込みができる年齢は20歳以上69歳以下と幅広く、主婦、学生、パート、アルバイトであっても安定した収入があれば申し込みをすることができます。担保や保証人も不要なので、家族や友達に頼らず、自分のペースで利用することができます。プロミス(※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。)の提携チャンネルネットワークは広いので、全国各地のATMで利用が可能です。

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

4.5%~17.8% 500万円 最短30分

 

モビット   安心・安全の三井住友銀行グループのモビットで、超スピード融資
三井住友銀行グループのモビットは、最小限の入力項目にて事前審査が10秒で終わるという特徴を持つカードローンを取り扱っています。借入限度額は最大800万円で、借入年利は3.0%から18.0%です。さらに特徴的なのは、このモビットは自宅で誰とも会うことが無く借り入れ申し込みから実際の融資までを受けることが出来る点です。どうしても各種本人確認書類の郵送などでは自宅のみならず勤務先などでも応対する必要があるのですが、このモビットの「WEB完結申込」を利用すれば全てメールの応対のみで完結させることが可能になっています。

※「WEB完結申込」を行うには、銀行口座や保険証の種類に条件がございます。
※入力内容に不備等がある場合、ご本人様へ電話連絡が入ることもございます。

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

3.0%~18.0% 800万円 10秒簡易審査

 

スルガ銀行カードローン   WEBで手続き完結、即日振込融資も可能
スルガ銀行カードローンはVISA機能や団体生命保険が付けられるなど 他の銀行カードローンではあまり見られない特徴があります。 お借入・ご返済も日本全国のコンビニの提携ATMやゆうちょ銀行のATMでご利用可能です。 限度額は最高800万までで、申込み金額が500万円までは収入証明書の提出も不要です。 消費者信用団体生命保険に加入すると、万一の時に保険でローンを全額返済することもできます。(加入は任意)

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

3.9%~14.9% 800万円 最短1分

 

オリックス銀行カードローン  原則300万円まで収入証明書不要・最短即日審査可能など魅力的なサービスが多数。
オリックス銀行カードローンの特徴のひとつに、希望限度額が300万円までなら原則収入証明不要です。また全国のコンビニの提携ATMや提携金融機関のATMの返済・借入の利用手数料が無料です。さらに、銀行のカードローンにありがちな口座の開設も必須ではありません。 口座を開設していなければ融資不可、といった条件もありませんので、誰でも申込むことができます。
※主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

1.7%~17.8% 最高800万円 最短即日

有名なカードローン会社を利用する

カードローンは知名度の高さで選ぼう

知名度の高さは心・信頼につながるもの安です。

 

悪徳業者の知名度はゼロであり、ネット検索をしてもヒットしません。
もしヒットするとすれば、実際に宣伝されたり、利用したりした方のスレだけでしょう。

 

有名なカードローン会社の特徴は、CM広告をしている、本格的なホームページを持っている、などです。

 

これらの広告・宣伝には莫大な費用がかかるので、大手でなければ行えません。
悪徳業者がCM宣伝したり、凝ったホームページを立ち上げたりすることはないのです。

 

カードローン業界のシェアを見ると、90%以上が大手有名会社となっています。

 

残りの10%は中堅業者、地域密着型の業者、もしくは悪徳業者なのです。
地元の老舗業者ならば利用しても問題ありませんが、名前が知られていないホームページもないといった業者は避けるべきです。

 

知名度ゼロなのに大手以上の優遇条件を提示している業者には注意しましょう。

 

大手が有利な条件で融資できるのは顧客数が多いためです。
顧客数が少ないほど、低金利での貸付は難しくなるのが普通です。

 

有名カードローン会社のメリットとは

金利が低くて借りやすいのが、最大のメリットとなります。

 

街金では20.0%という金利を見かけますが、有名会社では18.0%を最高金利とするのが普通です。
たった2.0%の差ですが、金利とはいわば手数料なので、わずかでも節約するべきでしょう。

 

限度額も高額設定になっており、500万円は当たり前です。

 

100万円以上借りたい方は大手でないと厳しいので、知名度の高い消費者金融または銀行系業者をおすすめします。
銀行系と呼ばれる業者は銀行とパートナー関係にあり、大手のなかでも特に有名です。

 

対応力・接客力も優れており、高圧的な態度を取られることは少ないでしょう。

 

返済計画の相談、金利交渉などに応じてくれるのも、大手有名会社の特徴です。
借入れ・返済方法が多く用意されている点も、見逃せません。

 

カードローンなのでカードで借入れ・返済できるのは当然ですが、大手は提携ATMが非常に多いため、返済するとき非常に楽なのです。

 

使用できるATMが少ないと、返済のためにATMまで長時間かけて移動する必要があります。
借入件数が増えてくると非常に面倒になり、遅延の要因ともなるでしょう。

 

実際に有名カードローンを利用した方は、スタッフの対応力のよさ、
融資までのスピード、借入れ・返済方法の多彩さなどを評価しています。

目的にあったローン会社を選ぶ

何のために借りるのか明確にしよう

カードローンに申し込むときは、用途によってローンを選んでいきましょう。

 

原則としてカードローンは多目的に使えるのですが、一部条件がつくケースもあります。
ローン返済、事業資金、投資などに使う場合は借りられないことがあるのです。

 

ホームページの利用目的をみれば、利用できない用途についても書かれています。

 

なぜこれらの用途はダメかというと、消費には該当しないからです。
カードローンは多目的ではありますが、あくまで消費に関する用途に限定されるのです。

 

ローン返済、投資などは消費には該当しないため、目的ローンの役割になります。
利用不可条件に関する記載がない場合には、これらの用途にも使えるのです。

 

また、一部のカードローンには目的タイプもあります。

 

こちらは目的ローンと同様に、指定した用途にしか利用できません。
教育カードローンの場合ですと、用途は教育資金のみとなり、生活費の補填としては使えないのです。

 

目的カードローンは金利が低く、総量規制の対象外となるのが特徴です。

 

教育資金・事業資金など、目的が決まっているなら目的カードローンをおすすめします。

 

借入額・期間によって選ぼう

カードローンは借入額・期間により、最適なローンが異なってきます。

 

ローンでパソコンを購入して、1週間後の給料日に返済する場合なら、金利にはあまりこだわる必要はないでしょう。
1週間のみの借入れとなるので、利息は非常に少なくなります。

 

借入額が大きくなるなら、無利息期間のあるローンもおすすめです。

 

指定期間内に返済すれば元金だけでいいので非常にお得です。
1年以上の長期借入れとなるなら、金利は妥協できません。

 

借入期間が長くなる方は、借入額も相当に大きいはずです。

 

それに比例して利息も増えるので、金融機関を徹底比較して低金利の業者を選びましょう。

 

万が一に備えたいなら完全多目的のカードローン

急な入用に対処するためにカードローンを利用するなら、完全多目的タイプがおすすめです。

 

ほとんどのカードローンは多目的タイプですが、ローン返済、事業資金などには利用できないタイプが多いのです。
お金というのは、いつどんな目的のために借りることになるのかわかりません。

 

だからこそ、用途が限定されないローンが好ましいのです。

 

用途自由と記載してあり、その他条件などがない場合は、完全なる多目的タイプと考えていいでしょう。
疑問点については、審査を受ける前に業者に聞いておくことも大切です。

カードローンの審査の申込み方法

どのような審査をしているのか

有名なカードローン会社では、どのような審査方法を採っているのでしょうか。

 

もちろん、カードローン会社ごとに異なりますが、ある程度システム化されており、
日々受け付ける大量の申し込みを最短30分のスピード審査ができる体制を整えています。

 

まず、多くのところではコンピューターシステムにより、借入れ可能かをチェックしています。

 

希望の借入額に対して、年齢や年収、他の借入件数と借入額、
場合によって雇用形態の3つから4つの要素で、借入れ可能かを判定するシステムです。

 

もちろん、このシステムには、長年の経験から培われた審査ノウハウやカードローン会社ごとの審査基準が組み込まれ、
より審査に近い形で判断ができるようになっています。

 

このコンピューターチェックを通過したものが、審査担当者による人間によるチェックを受けます。

 

コンピューターによる取捨選別で審査負担を減らし、スピード審査を可能としています。

 

審査担当者はカードローン会社ごとに定める独自の審査基準や審査マニュアルのほか、
経験によって蓄積されたや経験則や、時代に応じた最新の審査テクニック等を用いて判断します。

 

また、この際、信用情報登録機関にも照会をかけて、現在から過去の借入れ状況や返済状況、
借金トラブルの有無や債務整理などの履歴を確認しています。

 

申込書に記入された内容とこうした照会による結果など、全ての要素を総合的に判断して
返済能力の高低を見極め
、借入れ可能額と金利を決定するのです。

 

どのような申込方法があるのか

有名なカードローン会社ほど、多彩な申込方法が用意されています。

 

有名となるからには、多くの人に支持され、多くの人に利用されることが必要です。
多くの人に利用してもらうには、多様なニーズやライフスタイルに応じた申し込み方法を設けておくことが不可欠だからです。

 

来店による方法はその場で相談から申し込み、カード発行まで受けられ、便利で借入れまでの時間も早い方法です。

 

これに対して、自動契約機は店舗の営業時間中に時間が作れない方でも便利で対面手続きを好まない人に選ばれています。
土日や祝日、平日の夜間も稼働しており、40分程度でカード発行が受けられます。

 

さらに、店舗が近くにない方や人に見られたくないという方のために、
コールセンターやインターネットなど来店不要の方法も設けられています。

 

また、昔からあるオーソドックスな郵送による方法も、現在でも残されています。