融資手続きが早いローンを選ぶためには

お金がピンチの時に限って、お金が必要な事態がやってくるケースは少なくありません。

 

給料日前に限って飲み会の誘いが入ったり、急に実家に帰る必要が生じたり、
友達の結婚式が相次いで祝儀でお金がなくなるといった経験をする人もいます。

 

自分が欲しいものであれば、お金がないときは我慢すればいいわけですが、
断れない誘いや、緊急性の高いトラブルやアクシデントが突然生じることがあります。

 

人との付き合い上どうしても支出を免れない場合、
お金が自分で用意できない以上、借入れのニーズが生じます。

 

しかも、直ぐに借りたいケースがほとんどですから、スピード融資を受けられることが外せない条件となります。
カードローンをはじめ、金融機関や貸金業者における各種のローンで、即日審査・即日融資をPRしています。

 

もっとも、広告やホームページ等に即日融資できると書かれていても、
申込んだ全ての人が必ず即日融資が受けられるわけではありません。

 

申し込んだその日に借りるには、一定の条件やタイミングを満たすことが必要になります。

 

まず、どのような借り方があるか確認します。
店舗や自動契約機、テレビ電話窓口等に出向けるのであれば、その方法が一番早い近道です。

 

その場で30分程度で審査が受けられ、その場でローンカードを受け取れるためです。

 

ローンカードを受け取れば、24時間稼働しているコンビニ等のATMで即日融資を受けることが可能です。

 

一方、パソコンやスマートフォンなどのインターネットは、いつでも申し込めますが、
だからといって必ずしも即日融資にはつながりません。

 

手続き完了後、自動契約機等にカードを受け取りにいけるか、銀行振り込みによる即日融資制度が整っている必要があります。

 

銀行振り込みの場合は瞬時にできるネット銀行は別として、
一般の銀行を指定する場合、平日15時までに手続きが完了しなければなりません。

人気のカードローン

プロミス   30日間の無利息サービス、パートやアルバイトでも利用可(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)
プロミス(※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。)のWEB契約は店舗に足を運ぶ必要はなく、審査に通れば当日にお金を振り込んでくれます(※平日14時までにWEB契約完了が必要)。返済期日を自分で選択することができるので、お給料日にあわせて計画的に返済をすることができ、便利です。申し込みができる年齢は20歳以上69歳以下と幅広く、主婦、学生、パート、アルバイトであっても安定した収入があれば申し込みをすることができます。担保や保証人も不要なので、家族や友達に頼らず、自分のペースで利用することができます。プロミス(※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。)の提携チャンネルネットワークは広いので、全国各地のATMで利用が可能です。

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

4.5%~17.8% 500万円 最短30分

 

モビット   安心・安全の三井住友銀行グループのモビットで、超スピード融資
三井住友銀行グループのモビットは、最小限の入力項目にて事前審査が10秒で終わるという特徴を持つカードローンを取り扱っています。借入限度額は最大800万円で、借入年利は3.0%から18.0%です。さらに特徴的なのは、このモビットは自宅で誰とも会うことが無く借り入れ申し込みから実際の融資までを受けることが出来る点です。どうしても各種本人確認書類の郵送などでは自宅のみならず勤務先などでも応対する必要があるのですが、このモビットの「WEB完結申込」を利用すれば全てメールの応対のみで完結させることが可能になっています。

※「WEB完結申込」を行うには、銀行口座や保険証の種類に条件がございます。
※入力内容に不備等がある場合、ご本人様へ電話連絡が入ることもございます。

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

3.0%~18.0% 800万円 10秒簡易審査

 

スルガ銀行カードローン   WEBで手続き完結、即日振込融資も可能
スルガ銀行カードローンはVISA機能や団体生命保険が付けられるなど 他の銀行カードローンではあまり見られない特徴があります。 お借入・ご返済も日本全国のコンビニの提携ATMやゆうちょ銀行のATMでご利用可能です。 限度額は最高800万までで、申込み金額が500万円までは収入証明書の提出も不要です。 消費者信用団体生命保険に加入すると、万一の時に保険でローンを全額返済することもできます。(加入は任意)

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

3.9%~14.9% 800万円 最短1分

 

オリックス銀行カードローン  原則300万円まで収入証明書不要・最短即日審査可能など魅力的なサービスが多数。
オリックス銀行カードローンの特徴のひとつに、希望限度額が300万円までなら原則収入証明不要です。また全国のコンビニの提携ATMや提携金融機関のATMの返済・借入の利用手数料が無料です。さらに、銀行のカードローンにありがちな口座の開設も必須ではありません。 口座を開設していなければ融資不可、といった条件もありませんので、誰でも申込むことができます。
※主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

1.7%~17.8% 最高800万円 最短即日

融資の申込方法

申し込み方法の種類

申し込み方法には、インターネット、無人契約機、窓口、FAX、郵便など、申込者の都合に合わせた申込み方法が選択できます。

 

中でも主流となっている申し込み方法はインターネットです。

 

金融会社のホームページから申し込むことができるため、
PCやスマホでネットが普及した現在は最も手軽な申し込み手段として多くの方に利用されています。

 

次いでネット申し込みが利用される以前に主流だった無人契約機も依然として利用する方は少なくありません。

 

スピード重視なら

スピードを重視するのなら、インターネット、無人契約機、窓口のいずれかになるでしょう。
こちらは即日融資が期待できます。

 

インターネットでの申し込みは、金融会社のホームページにアクセスして専用の申込みページの必要項目をうめて送信すれば申込み完了です。

 

審査の結果はメールまたは電話で届き、それに通過できれば融資OKとなります。
身分証明書の提出が求められるため、携帯のアプリを使って送信、身分確認が取れれば晴れて借り入れができるようになります。

 

ネット申し込みを行うとネット会員に登録されるため、マイページにログインして銀行振り込みによる借入れを申請することができます。

 

無人契約機は無人システムのボックスに入り、一人で機械を操作して契約を行います。
ただし、中でオペレーターと繋がっているため、対面式ということを除けば店頭窓口での申し込み方法と大差はありません。

 

窓口しかり、直ぐにカードが発行してもらえるので店舗や無人契約機に併設されたATMからすぐに借り入れを行うことができます。

 

申し込みのタイミングに注意

即日融資を受けたいというのなら、申込みのタイミングに注意が必要です。

 

インターネットでは365日24時間申し込み可能ですが、即日融資を受けるには14時頃までに審査を通過しておかなくてはなりません。
また、窓口は店舗営業時間まで、無人契約機は比較的遅くまで起動していますが21時頃までとなっています。

 

この時間までに申し込みを行わないと、スピード融資は受けられないでしょう。

 

また、原則として土・日・祝日は受け付けていません。
それを踏まえて、休日前などは申し込みが込み合う可能性があり、すると審査が遅れてしまうことが懸念されます。

 

スムーズにいけば最短30分程度で審査結果を出してもらえますが、
審査が遅れれば融資は翌日になってしまうため、そういった点も視野に入れて申込みを行う必要があります。

最短最速の融資を希望の方

スピード融資の特徴は、審査スピードが速い、手続きがスムーズという大きく2つのキーワードがあります。

 

審査スピードは申し込みから30分以内です。

 

審査結果にOKが出たら契約手続きをスムーズに済ませて、
直ぐに借りられる状況になる、ここまで約40分程度で終わるのが最短最速といえます。

 

たとえば、午前10時に申し込みをしたら、10時40分には借入れ可能ということです。
もちろん、当日中のお話です。

 

多彩な申し込み方法が用意されている

最短最速スピード融資を実現する為には、カードローン業者側の事情もさることながら、
申込者にとって便利な方法が用意されていないと誰もがその恩恵を享受できなくなります。

 

そのため、多彩な申し込み方法が用意されているのが一般的です。

 

申し込みから審査、カード受け取りをして借入れ可能となるまで、最も速く確実なのは店舗の窓口や自動契約機で手続きをすることです。
その場で審査が受けられ、契約手続き、カード発行まで30分から40分程度で行えます。

 

ただし、近くに店舗や自動契約機がない場合は、最寄りの店舗等を探して出かけていくまでに時間がかかってしまいます。

 

そうしたときに備えて、コールセンターやインターネット申し込みの手段も用意されています。
インターネットは24時間申し込むことができ、コールセンターは朝9時から21時程度が受付時間で、土日祝日も問わず申し込みが可能です。

 

本人確認書類の確認方法が便利

カードローンを申し込む際は、収入証明書は利用額が一定額以下なら不要なものの、本人確認書類の提示は必須となります。

 

来店や自動契約機であれば、その場で提示が可能ですが、コールセンターやインターネットの場合、目の前で提示ができません。
そこで、最短最速スピード融資では本人確認書類が直ぐに提出できるための方法が用意されているのが特徴となります。

 

もし、本人確認書類をコピーしたうえで郵送しなければならないとなれば、
コピーに行く手間がかかるうえ、郵送に数日かかってしまいます。

 

一方、コールセンターやインターネットで受け付けたうえ、自宅のFAXから送信できたり、
画像を写真に撮影してメールで添付できる方法があれば、直ぐに提出が可能です。

 

カードローンなのにカードを使わず借りられる

最短最速スピード融資ではカードローンでありながら、振込みによる貸付手段も用意されています。

 

なぜなら、カードを直ぐに受け取れなくても、直ぐに振込みにより借り入れを可能とするためです。

すぐにお金を借りたい場合

スピード融資が期待できる

今どきのカードローンは、申込みをしたその日に借り入れできるスピード融資が当たり前になってきています。

 

即日融資とも言いますが、直ぐにお金を必要としている人にはお得で便利なサービスです。

 

ただし全ての会社で即日融資をしているわけではないので、
それを望むのなら、そういったサービスを提供している会社を選ぶ必要があります。

 

ネット申し込みができる会社

融資スピードを重視するなら、インターネット申し込みができる会社がおすすめです。

 

来店する手間がなく、パソコン、スマートフォン、携帯電話から申し込みを行うことができるので、
自宅でも外出先からでも時間や場所に限定されず申し込みができます。

 

また、ネット申し込みはコンピューターによる自動審査を導入していることもあって、
申込みから最短30分で結果が分かるというスピード審査が特徴です。

 

そして審査に通過し、カードローン契約ができれば、あとはマイページから
銀行振り込み融資の依頼をすることで口座に借入額を振り込んでもらうことができます。

 

スムーズにいけば2~3時間ほどで融資をしてもらえるでしょう。

 

無人契約機の設置がある会社

ネット申し込みの他には、無人契約機でもスピーディーに融資を受けることが期待できます。

 

無人契約機とは、街中の片隅に設置されている無人システムの自動契約機です。
ボックス内で機械を操作して、一人で申込みを行います。

 

自分以外に誰もいませんが、オペレーターとは繋がっているので分からないことを相談できるのは利点でしょう。

 

また、インターネットは24時間申込み可能ですが、その日に融資を受けるには
14時までに申込みをする必要があるので定時で働く方には若干厳しい部分があります。

 

その点、無人契約機は平均して21時まで動いているため、夕方以降に申し込んでも即日融資が可能となっています。

 

ちなみにネット申し込みをして、審査結果は無人契約機で受けるという方法を取っても構いません。
よって、スピード融資を望むのなら、万全を期して無人契約機があるカードローン会社を選んだ方が安心でしょう。

 

お得なサービスをチェック

直ぐにお金を借りたい場合に融資スピードを重点に置くのはいいですが、
余裕があるのなら他のお得なサービスも視野に入れて検討しましょう。

 

例えば無利息サービスを提供している会社がありますが、このサービスを活用できれば、
一定の期間だけは利息負担が一切なくお金を借りることができます。