私は電車の中でカードローンの申込みをします。

私は取引先への訪問や、新規顧客獲得のための営業など外回りの機会が多くあります。

 

営業や取引先訪問をしていると、意外に出費も多いものです。

 

会社持ちの場合もありますが、自分で出すことも多く、進物の費用や飲み会や接待費用、
取引先関連の冠婚葬祭の祝儀や不祝儀費用など、もろもろお金がかかります。

 

私に限らず、社会人になって会社で仕事をしていると、何かとお金がかかったりしますよね。

 

出費はなぜか重なることも多く、それが給料日前だったりすると、
お財布の中が大ピンチということがしばしばです。しかも、多くの男性がそうであるようにうちもお小遣い制です。

 

妻にそう頻繁にお金が足りないと請求することもできないため、貯金を崩したり借入れに頼ることもあるのです。

 

ですが、急にお金が必要になった時、仕事をしているとなかなかカードローンの手続きもままなりません。
そんなとき助かるのが、スマートフォンでの申し込みができるシステムです。

 

移動はたいてい電車なのですが、取引先に向かう車中でスマートフォンから申し込みを行います。

 

タイミングが良いと、電車を降りる頃には本人確認の電話がスマートフォンにかかってきます。
審査OKの連絡はたいてい申し込みから30分以内に入るので、改札を出ると直ぐに最寄りの自動契約機へと向かいます。

 

ここで運転免許証をかざすと、直ぐにカードが受け取れるのです。

 

移動中にスマートフォンを利用して申し込んでおいたので、非常にスピーディーで助かります。

人気のカードローン

オリックス銀行カードローン  最短即日審査可能など魅力的なサービスが多数。
オリックス銀行カードローンは、全国のコンビニの提携ATMや提携金融機関のATMの返済・借入の利用手数料が無料です。さらに、銀行のカードローンにありがちな口座の開設も必須ではありません。 口座を開設していなければ融資不可、といった条件もありませんので、誰でも申込むことができます。
※主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

1.7%~17.8% 最高800万円 最短即日

 

スルガ銀行カードローン   WEBで手続き完結、即日振込融資も可能
スルガ銀行カードローンはVISA機能や団体生命保険が付けられるなど 他の銀行カードローンではあまり見られない特徴があります。 お借入・ご返済も日本全国のコンビニの提携ATMやゆうちょ銀行のATMでご利用可能です。 限度額は最高800万までで、申込み金額が500万円までは収入証明書の提出も不要です。 消費者信用団体生命保険に加入すると、万一の時に保険でローンを全額返済することもできます。(加入は任意)

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

3.9%~14.9% 800万円 最短1分

 

プロミス   30日間の無利息サービス、パートやアルバイトでも利用可(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)
プロミス(※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。)のWEB契約は店舗に足を運ぶ必要はなく、審査に通れば当日にお金を振り込んでくれます(※平日14時までにWEB契約完了が必要)。返済期日を自分で選択することができるので、お給料日にあわせて計画的に返済をすることができ、便利です。申し込みができる年齢は20歳以上69歳以下と幅広く、主婦、学生、パート、アルバイトであっても安定した収入があれば申し込みをすることができます。担保や保証人も不要なので、家族や友達に頼らず、自分のペースで利用することができます。プロミス(※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。)の提携チャンネルネットワークは広いので、全国各地のATMで利用が可能です。

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

4.5%~17.8% 500万円 最短30分

 

モビット   安心・安全の三井住友銀行グループのモビットで、超スピード融資
三井住友銀行グループのモビットは、最小限の入力項目にて事前審査が10秒で終わるという特徴を持つカードローンを取り扱っています。借入限度額は最大800万円で、借入年利は3.0%から18.0%です。さらに特徴的なのは、このモビットは自宅で誰とも会うことが無く借り入れ申し込みから実際の融資までを受けることが出来る点です。どうしても各種本人確認書類の郵送などでは自宅のみならず勤務先などでも応対する必要があるのですが、このモビットの「WEB完結申込」を利用すれば全てメールの応対のみで完結させることが可能になっています。

※「WEB完結申込」を行うには、銀行口座や保険証の種類に条件がございます。
※入力内容に不備等がある場合、ご本人様へ電話連絡が入ることもございます。

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

3.0%~18.0% 800万円 10秒簡易審査

なぜ、スマホでカードローンの申込みが可能か?

インターネットに対応している

最近のカードローンはインターネットに対応しています。

 

カードローン会社のホームページを通じて、カードローン申込み、
契約、借入れ、返済など一連の手続きが取れるようになっているのが特徴です。

 

それを受けて、カードローン利用者はネットから利用する方が大多数となっています。

 

さて、今ではネットのカードローン利用が当たり前になっていますが、そうなるきっかけとなったのがスマートフォンです。
実はネットカードローンは以前からあったのですが、それほど利用率が高くなかったのはネット使用者が少なかったことにあります。

 

しかし時代は進み、パソコンや携帯電話が当たり前のように持たれるようになり、
さらに今では携帯電話も変化してスマートフォンとなっています。

 

ご存知の通り、スマートフォンはモバイルパソコンと言われているように、
サイズが小さく軽いため持ち運びしやすいのが特徴的なパソコンです。

 

基本的な機能はパソコンと同じなのでインターネットに接続することもできます。

 

そのためインターネットに対応しているカードローンがスマホから利用することができるわけです。

 

スマホで借入れをしてみよう

スマホで借入れをするためには、まずカードローン会社のホームページからカードローン申込みをしないといけません。

 

ただ、申込みは実に簡単ですし、また必要書類も原則身分証明書のみとなっており、それもスマホアプリで送りことができます。
そこで契約ができればネット会員になれるので、ログインすることで借入れをはじめとする様々な機能が使えるようになるでしょう。

 

スマホで借入れを行う場合、銀行振り込みによる融資を受けることになります。

 

マイページの振込融資依頼にて借りたい金額を依頼することで、口座に現金を振り込んでもらえるというシステムです。
利用できる銀行口座はカードローン会社で限定されていたりもしますが、

 

必要あらば口座開設するだけですし、今では口座開設すらスマホを活用して自宅にいながらできてしまうので面倒はないでしょう。

 

ただし、融資依頼自体は365日・24時間対応していますが、銀行振り込みによる融資なので
銀行の営業時間内でないと、その日にお金を振り込んでもらえないので融資は受けられません。

 

そのため銀行の営業時間外となる15時以降、土・日・祝日、正月などをまたぐときには注意してください。

 

その辺さえ気を付けておけばとても便利な商品です。

自動融資でお金を借りる

助かる自動融資

自動融資とは、銀行口座の残高が不足し、クレジットカード代金や各種ローン、光熱費や通信費などの公共料金や保険料、
税金などの引き落としができない状態になった場合に自動的にお金が貸し付けられ、引き落としを可能とする仕組みをいいます。

 

クレジットカード代金の引き落としができないと、クレジットカードの利用が停止されて使えなくなりますし、
携帯電話料金の引き落としができなければ、電話が利用できなくなります。

 

そのほかのケースでも、督促状が届き、銀行やコンビニ等に出向いて振込用紙で振込みをしなければならないなど手間がかかります。

 

口座振替契約をしているケースで引き落としができないと、
このようなデメリットや手間が生じるため、口座残高の不足はなるべく防ぎたいところです。

 

給料日の直前に引き落とし日があって残高が不足しがちな方や、
預貯金額が少なく、出費が嵩むと直ぐに残高が少なくなってしまうという方は、

 

自動融資を利用することで、引き落としできないデメリットを回避することができます。

 

利用方法

自動融資機能が利用できるのは、銀行のカードローンとなります。

 

引き落とし口座として利用している銀行のキャッシュカードにカードローン機能も付加するか、
カードローン専用のローンカードを申し込み、自動融資機能の利用を申し込みます。

 

キャッシュカードに付加する場合は、銀行口座からの預金の引き出しも自動融資も、
カードを使った現金借り入れもできるようになり、1枚で3役利用が可能です。

 

一方、キャッシュカードと借入のカードを別に管理したい方は、ローン専用カードを申し込んでもいいでしょう。

 

キャッシュカードに付加する場合、その銀行のオンラインバンキングサービスを利用していれば、
直ぐにカードローンおよび自動融資付加の申し込みが可能です。

 

多くの銀行で、スマホでも申し込みができるので、マイページにログインし、カードローンの申し込みをしてください。

 

最短で30分程度で審査が行われ、審査が通れば、お手持ちのキャッシュカードがローンカードとしても機能するようになるほか、
それ以降で引き落としにあたり、口座残高が不足した場合には自動融資がなされるようになります。

 

キャッシュカードとは別に、専用のカードローンを作る場合にも、スマホから申し込みが可能です。

 

また、既にローン専用のカードをお持ちの方で、自動融資の機能を付加していない場合は、スマホの契約者ページで自動融資機能にチェックをして申し込むと、カードローンの利用限度額の範囲で自動融資も利用できるようになります。

スマホで簡単に借入する

借入はスマホ利用が便利

銀行系カードローンや、消費者金融のキャッシングを利用したい。

 

しかし店舗を訪れて申し込むのは心理的に抵抗を感じる、またお仕事などで忙しく、
銀行や店舗の営業時間に間に合わない、という方もいらっしゃるでしょう。

 

パソコンを使ってインターネットから申し込む方法もありますが、外出先や職場でパソコンから申し込むのは不可能です。

 

こんな時は、スマホを使った借入の申し込みが便利です。

 

今ではスマホでたいていのことが出来るようになりましたが、
カードローンやキャッシングの申し込みもスマホを使って簡単に行うことが出来るのです。

 

スマホでの借入方法

手続きの流れとしては、スマホで申し込みをして審査、契約が済むと、
銀行口座にお金が振り込まれるので、近くのコンビニATMで出金することになります。

 

また、スマホで申し込み後、審査通過後に、近くの無人契約機でカードを受け取って出金する方法もあります。

 

どちらもスマホで申し込みから出金まで、来店不要でネット完結することができます。
スマホで借り入れるためにはまずスマホ申し込みのサービスに対応している銀行や、消費者金融のサイトを見てみましょう。

 

そういったサイトのトップページなどに、スマホで申し込む先のリンクが貼ってあります。

 

入力方法は各社によって違いますが、どこもガイドに沿って入力していくだけです。
メガバンクやCMをしているような大手の消費者金融なら、多くの会社がスマホ申し込みに対応しています。

 

また、通常は本人確認書類の提出が必要になりますが、
来店することなく本人確認書類の提出を済ませることが可能な会社もあります。

 

専用アプリをダウンロードして、免許証などをスマホのカメラで撮影後、
アプリを通してアップロードすることで本人確認書類の提出が終了となります。

 

スマホで借入後、返済方法

来店することなくスマホで借入ができたとしても、
返済の際にお店に行かないといけないのであればやはり不便だと感じられるでしょう。

 

もちろん店頭窓口で返済する方法もありますが、店舗併設のATMやコンビニATM、
インターネットによる振込など返済手段はいろいろあります。

 

人と会いたくない、営業時間中には動けない方も、返済方法に困ることはありません。

 

スマホで借入のメリット

このように、来店不要で手続きが出来ることがスマホを使った、借入の最大のメリットです。

 

お申し込みは自宅からでも職場からでも、外出先からでも可能です。
時間も土日祝祭日も、関係ありません。