プロミスなら、女性でも安心してお金を借りれます。

上京して一人暮らしをしていると、家賃と光熱費だけでも一杯一杯の毎日でした。

 

それでも会社での付き合いや、友人との付き合いで飲みに行ったり、
買い物にも出かけたりすることもあり、出費がかさみました。

 

付き合いを控えれば良いかもしれませんが、そうするわけにもいかず、
そこで頼ってみようと感じたのがプロミスのフリーキャッシングです。

 

ただ、私はこれまでに一度も消費者金融を利用したことがなかったため、
プロミスの申し込みについて不安を持っていたのです。

 

そういった女性は意外に多いのではないでしょうか。

 

しかし、調べてみたところプロミスにはレディースキャッシングというものがあり、
女性でも安心の女性専用ダイヤルがあります。

 

レディースキャッシングでは、女性のオペレーターさんに対応して頂けます。

 

不安に思うことも気軽に相談できましたし、こちらも身構えることなく安心して契約を進めることができました。
キャッシングというと、金利が当然のごとくかかってくるのが当たり前だと感じていました。

 

しかし、プロミスなら30日間の無利息キャッシングという商品が用意されているんです。(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)

 

30日以内に給料日やボーナス日がある為、30日の無利息期間内に完済が可能な方であれば、
初めてのキャッシングで不安を感じている方にも無利息キャッシングをおすすめできます。

 

実際に私が初めて利用したのも、この無利息キャッシングでした。

 

携帯電話やスマホからでも申し込みができて、大変便利です。

 

無利息キャッシングでなくても、返済シミュレーションサイトがついているので、
毎月の返済額がいくらくらいになるか事前にシミュレーションができます。

 

このように事前に計画を立てておけるのも安心でした。

 

プロミスの申し込みなら、初めての方、女性の方でも安心の取り引きができるはずです。

 

 

公式サイトはこちら

プロミスの特徴や強み

プロミスを利用するメリットとは

プロミスはインターネット契約が可能なカードローンです。

 

ネット完結ができるので、自宅にいながら申し込むことができるのです。(※ご希望に添えない場合もあります。)
振込対応しているので、口座を指定して振り込んでもらうこともできます。

 

いざというとき、この振込キャッシングが重宝するでしょう。

 

お金が必要なとき、手元に現金がないケースと、口座のお金が足りないケースがあるでしょう。
後者の場合は、通常だとお金を借りてから口座に振り込む必要があるので二度手間となります。

 

そんなときプロミスなら、直接口座に振り込んでもらえるので手間が解消するのです。

 

カードローンの用途では、口座への出金がかなり多いです。
入金をうっかり忘れてしまい、オートローンの引き落とし分が不足している、という状況では即日融資が必須となるでしょう。
(※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。

 

プロミスは融資までも早く、最短即日中に対応してくれるので助かります。

 

借りたお金は限度額内で何度でも借入れ・返済ができます。
今日2万円借りて、2日後に追加で1万円借りて、さらに1週間後に全額返済するという使い方もできるのです。

 

借入れ・返済の自由度において、カードローンに勝るローンはありません。

 

さまざまな人が借りられるカードローン

プロミスのカードローンは、パート、アルバイト、主婦、学生といった方でも借りることができます。

 

レディースキャッシング、学生ローンの代用として使うこともできるのです。
限度額は最高500万円と十分な金額を用意しています。

 

担保・保証人は不要なので、手続きもスピーディーで面倒がありません。

 

審査も最短30分で結果がわかります。実質年率は4.5%~17.8%に設定されています。
17.8%の実質年率で10万円借りて5日後に返済した場合の金利は250円未満となります。

 

友人から借りてお礼するにしても、お礼に250円以上はかけるでしょう。

 

口座から引き出すにしても、休日だと300円近くかかるところもあります。
昔のカードローンに慣れている方ですと、相当に低金利に感じられるはずです。

 

利息は日数分となっているので、1日借りたら1日分しか利息はつきません。

 

数日後の給料日まで借りるという使い方なら、利息の負担は非常に少なくなります。
利息が日割りなので、利息計算をしやすく、計画的に借りられるのも魅力でしょう。

 

金利は一般的な消費者金融よりも、0.2%~2.2%程度低くなっているので、
金利の低いカードローンを探している方におすすめです。

プロミスの返済方法

返済方法の種類

プロミスでは多彩な種類の返済方法を用意しています。

 

そのため債務者のニーズに合った返済方法を選ぶことができるでしょう。

 

用意されている返済方法は、インターネット、店頭窓口、プロミスATM、提携ATM、
コンビニ、口座振替、銀行振込の全部で7つです。

 

パソコンやスマートフォンがあればインターネットから返済ができます。

 

ネット返済は銀行振込または口座振替による返済になります。
自宅でも外出中でも土・日・祝や銀行営業時間外に関わらず、356日24時間返済することができるので面倒がありません。

 

ただし、プロミスインターネット会員に登録されている方が対象で、
また利用できる金融機関が限定されているため事前に確認しておきましょう。

 

借入れカードを持っていればプロミスATMや提携ATMから返済ができます。

 

提携ATMは金融機関の他にもコンビニATMがあるので、幅広い地域で返済に対応できるでしょう。
また、コンビニならマルチメディア端末から返済することも可能です。

 

返済方法によって返済手数料も異なるため、手数料込みで返済方法を選んでみてください。

 

返済期間と返済方式

返済期日は、5日、15日、25日、末日の中から債務者の都合に合わせて選ぶことができます。

 

そのため給料日に合わせて無理ない返済日を選択しましょう。
返済日が土・日・祝日・年末年始の休業日に当たる場合には、翌営業日の返済になります。

 

採用されている返済方式は、借入残高に応じて最低返済額が変動する残高スライド元利定額返済方式です。

 

借入残高30万円以下なら借入残高×3.61%、30万円~100万円以下なら借入残高×2.53%、
100万円以上なら借入残高×1.99%が最低返済額になり、1000円未満は切り上げになります。

 

例えば、借入残高が50万円なら500000×2.53=12650となり、1000円未満は切り上げるので最低返済額は13,000円になります。

 

この場合、13,000円以下で返していくことはできませんが、13,000円以上でならいくらずつでも返済していくことは可能です。
そのため、収入と支出から無理ない返済をしていくことができるでしょう。

 

具体的な返済額や返済期間を確認したい方は返済金額シミュレーションで返済計画を立てることができます。

 

返済期間・返済金額・借入希望額を入力するだけで自動計算をしてくれるため、手軽にシミュレーションすることが可能です。

プロミスの申込み方法と審査

利率と限度額

三井住友フィナンシャルグループのSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスは、限度額1~500万円、実質年率は4.5%~17.8%と比較的低金利と言えるでしょう。

 

利用限度額の範囲内であれば、何度でも自由に借り入れを行なうことが出来ますので、その利便性から利用客が増えています。
申し込み方法が簡略化されているところも、顧客の増加に繋がっているのかもしれません。

 

申し込み方法

プロミスの新規の申し込み方法は、3ステップで終了します。

 

契約が成立すれば、即日融資も可能なスピーディさは、人気を博すに充分な理由でしょう。
インターネットを利用すれば、24時間365日、いつでも申し込みを受け付けています。

 

申し込みできる方の条件は、20歳から69歳までで、安定した収入がある方です。

 

学生や主婦の方でも、アルバイトやパートによる収入があれば申し込むことができます。

 

パソコンやスマートフォン、携帯電話を使って申し込む方法のほかにも、自動契約機、
SMBCローン契約機、店舗窓口、電話、郵送など、さまざまな方法で申し込むことが可能です。

 

申し込む際には、運転免許証やパスポートなどの本人確認書類が必要ですので、
手元に用意して申し込むようにすると、スムーズに進めることができるでしょう。

 

本審査が行なわれる

申し込みが完了すると、最短30分ほどで、あらかじめ指定しておいた連絡先へ、正式な契約可能額が通知されます。

 

インターネット上で契約を行なった場合の必要書類の提出は、専用アプリをダウンロードして送付するか、
携帯電話のカメラ機能で撮影して送付することになります。

 

自動契約機や店舗窓口の場合は、その場で書類を受け付けてもらえますが、
郵送の場合ですとやや時間がかかってしまうでしょう。

 

また、本審査の際には、自宅か勤務先へ本人確認の電話がありますが、
担当者の個人名を名乗り、プロミスの名前は出しません。

 

審査に無事パスすれば、融資が可能となります。

 

インターネット上での契約の場合は、指定口座への振り込みという形で即日融資してもらえます。

 

自動契約機や店舗窓口での契約なら、その場でカードを受け取ることができ、すぐに使うことが可能です。
プロミスのカードは、プロミスのATMのほか、コンビニに設置してある提携ATMなどで利用することができます。

 

また、借り入れのことや返済のことなど、分からないことはマネーアドバイザーが相談に乗ってくれますので、
困ったことがあった際などには利用してみると良いでしょう。

 

 

公式サイトはこちら