専業主婦でも銀行系でお金を借りれました。

私は以前はパートとして働いていたのですが、旦那の転勤によって専業主婦になりました。

 

転勤先でもパートを探していたのですが、なかなか決まらず世帯収入が減っていたのです。

 

そういう時に限って、車検や身内のお祝い事、子どもの教育費、
ママ友の付き合いなどが重なって生活費が足りなくなってしまいました。

 

私の独身時代の貯金を切り崩して対応していたのですが、
それでは間に合わずカードローンを利用することを決意しました。

 

現在は安定した収入の無い私がカードローンを利用できるのか不安になりましたが、
同じ事情で困っていたママ友から銀行系カードローンなら借りられると教えてもらえました。

 

銀行系カードローンは総量規制の対象外なので、専業主婦でも申し込めるのだそうです。

 

あまりカードローンを利用していると知られたくないので躊躇したのですが、
思い切ってやってみるとスマホで申し込んで銀行口座に振り込んでもらうだけでした。

 

出金はATMからお金を下すだけなので、普段やっていることと変わらずにお金を借りることができました。

 

返済も銀行振り込みを利用したので、人には会っていません。

 

おかげで家計のピンチを乗り越えることが出来ましたし、
自分の名前で借りられたので旦那にも知られることなく返済までを終えました。

 

どうしても生活費のやり繰りが出来ないときは、こういった銀行系カードローンを利用するのも生活には必要だと思っています。

人気の銀行系カードローン

プロミス   30日間の無利息サービス、パートやアルバイトでも利用可(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)
プロミス(※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。)のWEB契約は店舗に足を運ぶ必要はなく、審査に通れば当日にお金を振り込んでくれます(※平日14時までにWEB契約完了が必要)。返済期日を自分で選択することができるので、お給料日にあわせて計画的に返済をすることができ、便利です。申し込みができる年齢は20歳以上69歳以下と幅広く、主婦、学生、パート、アルバイトであっても安定した収入があれば申し込みをすることができます。担保や保証人も不要なので、家族や友達に頼らず、自分のペースで利用することができます。プロミス(※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。)の提携チャンネルネットワークは広いので、全国各地のATMで利用が可能です。

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

4.5%~17.8% 500万円 最短30分

 

モビット   安心・安全の三井住友銀行グループのモビットで、超スピード融資
三井住友銀行グループのモビットは、最小限の入力項目にて事前審査が10秒で終わるという特徴を持つカードローンを取り扱っています。借入限度額は最大800万円で、借入年利は3.0%から18.0%です。さらに特徴的なのは、このモビットは自宅で誰とも会うことが無く借り入れ申し込みから実際の融資までを受けることが出来る点です。どうしても各種本人確認書類の郵送などでは自宅のみならず勤務先などでも応対する必要があるのですが、このモビットの「WEB完結申込」を利用すれば全てメールの応対のみで完結させることが可能になっています。

※「WEB完結申込」を行うには、銀行口座や保険証の種類に条件がございます。
※入力内容に不備等がある場合、ご本人様へ電話連絡が入ることもございます。

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

3.0%~18.0% 800万円 10秒簡易審査

 

スルガ銀行カードローン   WEBで手続き完結、即日振込融資も可能
スルガ銀行カードローンはVISA機能や団体生命保険が付けられるなど 他の銀行カードローンではあまり見られない特徴があります。 お借入・ご返済も日本全国のコンビニの提携ATMやゆうちょ銀行のATMでご利用可能です。 限度額は最高800万までで、申込み金額が500万円までは収入証明書の提出も不要です。 消費者信用団体生命保険に加入すると、万一の時に保険でローンを全額返済することもできます。(加入は任意)

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

3.9%~14.9% 800万円 最短1分

カードローンのメリットから選ぶ

金利の魅力で選ぶ

銀行系カードローンには、資金力のある銀行ならではの低金利が魅力な商品が揃っています。

 

受け入れた預金を貸し付けに回せるので、豊富な資金量があり、金利も低く定めることができます。
もっとも、各行ごとに金利水準は異なりますから、金利を比較して選ぶのがポイントになります。

 

中には、住宅ローンなどその銀行で他のサービスを利用している場合には、
適用金利よりも金利を優遇してくれるサービスをしてくれる銀行もあります。

 

大口融資で選ぶ

銀行系カードローンのメリットに、低金利に加えて、大口の融資が可能というのが挙げられます。

 

消費者金融は一般消費者向けの小口融資を基本としており、最大でも300万円が限度のところが多くなっています。
これに対して、銀行系カードローンでは800万円から1000万円といった金額が最大の貸付額となっているので、収入が多く資金ニーズも大きく、

 

ゆとりある利用限度額を設定したい方にはメリットが高いです。

 

利用限度額の上限額と、それに応じた利率設定も銀行ごとに異なりますので、有利と思われるところを探してみましょう。

 

本人確認書類不要で選ぶ

カードローンを申し込む場合、通常、本人確認書類の提出は必須になります。

 

ですが、銀行系カードローンの中には本人確認書類が不要というところがあります。
ただし、これには条件があり、その銀行に口座を開設していることが求められます。

 

銀行口座の開設時には本人確認をしているため、一定限度額以下の借入であれば、
改めての本人確認書類は不要というケースがあるのです。

 

銀行口座は複数お持ちの方も多いので、少しでも手続きを簡便にしたい場合には、
口座をお持ちの銀行のカードローンを比べてみるのも1つの方法です。

 

収入証明書類不要の基準で選ぶ

銀行系カードローンは、収入証明書類が不要の基準も高く、100万円以下であれば不要というのが標準です。

 

200万円以下なら不要というところもありますし、銀行口座を持っていれば、
収入証明書類不要の基準が引き上げられるケースもあります。

 

即日融資で選ぶ

銀行のローンというと、住宅ローンなど審査や融資に時間がかかるローンをイメージしやすいですが、

 

銀行系カードローンは即日審査・即日融資ができるケースがほとんどです。
また、来店する必要もなく、インターネットで申し込めたり、銀行の窓口にあるローン契約機やテレビ窓口を利用して申し込めます。

 

銀行の営業時間は平日の15時までと限定されますが、
インターネットやローン契約機やテレビ窓口は、営業時間終了後や土日でも申し込めるので便利です。

 

ローン契約機やテレビ窓口であれば、審査のうえ、その場でカードも発行してもらえるので、直ぐに借り入れが可能となります。

銀行系と消費者金融の違い

銀行系と消費者金融は何が違うのか

銀行系は消費者金融に分類されます。

 

消費者金融とは消費者向けの金融機関のことであり、街金、大手カードローン業者も含まれます。
業者規模が変わっても消費者金融には違いありません。

 

銀行系は銀行と消費者金融のどちらに分類されるのか迷う方が多いですが、100%消費者金融になります。

 

民間の貸金業者が運営しており、銀行と提携することで銀行系となっているのです。
いわば銀行傘下の業者ですから、サービスは銀行に準ずるものとなっています。

 

一般的な消費者金融には、取立てが厳しいところもありますが、銀行系は返済相談に柔軟に応じてくれることが多いのが特徴です。

 

銀行系に近い性質があるのは、大手の消費者金融です。
資金力に余裕があり、低金利・高限度額が特徴となっています。

 

サービス全般も質がよいですが、銀行の傘下ではありません。

 

そのため、銀行というブランド力を冠している銀行系のほうが、より信頼性が高いと言えるでしょう。
銀行カードローンを利用したいけど、審査に通らなくて諦めたという方はいるでしょう。

 

そうした方は、銀行系カードローンの審査を受けるといいです。

 

審査基準は銀行よりも消費者金融に近く、借りやすくなっています。
いきなり消費者金融に申し込むよりも、先に銀行系の審査を受けたほうがいいのです。

 

消費者金融を名乗る業者には、少ないとはいえど悪徳業者も存在します。

 

安心できる業者をみつけるには、銀行系を選択肢にするといいでしょう。
銀行系を名乗る悪徳業者はほとんど存在しないからです。

 

人気の銀行系カードローンの特徴は

最近のカードローンは、金利・限度額においてはどの業者も大差のないものです。

 

大きく異なるのは使いやすいさ、借入れ・返済方法の多彩さ、などです。
借入れ・返済が24時間365日対応しているローンが多く、コンビニATMが利用できるのも特徴でしょう。

 

35日サイクル返済、無利息キャンペーンなどを実施しているのも銀行系に多いのです。

 

カードローンは借りたら必ず返済が待っているので、返済の利便性もよく考慮するべきです。
消費者金融のなかには、窓口返済にしか対応していない業者もあります。

 

毎月1回は店頭に出向く必要があるので、スタッフと対面するのが苦手な方には不向きでしょう。

 

銀行系カードローンなら、返済方法は豊富に用意されており、ATM返済のほかにも、口座引き落とし、銀行振込などの方法を選択できます。

銀行系カードローンの選び方

口コミから自分に合ったローンを探す

複数ある銀行カードローンの中から、自分に合ったカードローンを選ぶには、口コミを利用するのも1つの方法です。

 

インターネットで検索すると、銀行系カードローンのランキングサイトや、
利用者の口コミサイトなどが見つかるので、参考にしてみるのもおすすめです。

 

もっとも、口コミを投稿する方の目線は様々です。

 

それぞれのニーズを基準に、良い悪いを判断しているためです。
そのため、自分のニーズに近い口コミを参考にするほかランキングサイトにおける評価ポイントに着目してみましょう。

 

上位にランキングされたのは、どのような理由に基づくものかを確認して選ぶのです。

 

総合的に満足度が高いだけでなく、対応の良さや利率の低さ、直ぐに借りられたなどどこで評価が高いのかはそれぞれ異なります。
ランキングでも審査スピードで比べればこの銀行がいい、利率の低さで比べればこの銀行がいいなど違いが出ることもあるため、

 

幾つかのランキングを比較してみるのがいいでしょう。

 

手続きの簡便さで選ぶ

申し込みや契約の手続きは、どの銀行も同じではありません。

 

パソコンやスマートフォンを利用したインターネット申し込みや、テレビ電話窓口、郵送などの申し込み方法があります。
また、申し込みを受け付けている営業時間や審査が出るまでのスピードも異なることがあります。

 

申し込みはインターネットでできても、契約は来店か郵送のみというところもあるので、
口コミを参考に手続きができる限り簡便なところを探す方法があります。

 

収入証明不要で選ぶ

審査において収入証明不要とする基準は、銀行ごとに大きく異なります。

 

100万円以下なら不要、200万円以下なら不要というところのほか、
銀行口座をお持ちなら300万円以下まで不要など、それぞれ基準が異なるのです。

 

いくら借りたいかにもよりますが、収入証明を提出せずに気軽に借りたい場合には、こうした基準が気になります。

 

自分で全ての銀行を確かめるのは大変ですから、口コミを利用して、収入証明が不要で気軽な銀行を探してみましょう。

 

低金利で選ぶ

金利水準も、銀行によって大きな差があります。

 

金利の設定には一定の幅がありますが、下限、上限いずれもチェックが必要です。
口コミを確認すると、実際にどの程度で借りられたのかが分かることもあり、参考になります。

 

ゆとりの利用限度額で選ぶ

銀行カードローンは、最大で1000万円など大口融資が魅力です。

 

どの程度の収入があると、ゆとりの利用限度額が適用されるのかも、口コミから調べることが可能です。