保証人なしOKのキャッシングを利用しています。

お金を借りるということに抵抗感を持っている人は少なくはないと思います。

 

もちろん、価値観を否定する気はありませんが、私個人としてはお金を借りること自体はいけないこととは思っていません。生活の中で、借り入れをする事態に陥ることもあります。

 

ただし計画性を持って利用することが前提ですし、他人に迷惑をかける借り方もしたくはありません。

 

とはいえ、借り入れというと保証人がいなくては契約できないのではないか、
それなら結果的に他人に迷惑が掛かっているじゃないか、一般的にはそんな風に思われます。

 

保証人を入れても債務者自身がきちんと返済できれば問題はないですが、
中には他人の作った多額の借金を背負わされたという方もいます。

 

「保証人には絶対になるな」という言葉もありますし、保証人になることをお願いしたところでいい顔はされないでしょう。

 

しかし、保証人を入れる必要があるのは大口ローンだけで、
実はキャッシングのような小口ローンなら保証人なしで契約することが可能なのです。

 

保証人を立てなくてもいいので、借入をしている事を誰かに知られることがありません。

 

私は今のところ大口ローンを契約する状況にありませんので、
保証人なしで契約できるキャッシングだけで借り入れを利用しています。

 

もちろん返済第一で考えていますが、万が一返済ができなくなっても他人に迷惑がかからないというのは精神的に楽です。

 

やはり借り入れは自己責任で行いたいですね。

人気のキャッシング会社

プロミス   30日間の無利息サービス、パートやアルバイトでも利用可(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)
プロミス(※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。)のWEB契約は店舗に足を運ぶ必要はなく、審査に通れば当日にお金を振り込んでくれます(※平日14時までにWEB契約完了が必要)。返済期日を自分で選択することができるので、お給料日にあわせて計画的に返済をすることができ、便利です。申し込みができる年齢は20歳以上69歳以下と幅広く、主婦、学生、パート、アルバイトであっても安定した収入があれば申し込みをすることができます。担保や保証人も不要なので、家族や友達に頼らず、自分のペースで利用することができます。プロミス(※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。)の提携チャンネルネットワークは広いので、全国各地のATMで利用が可能です。

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

4.5%~17.8% 500万円 最短30分

 

モビット   安心・安全の三井住友銀行グループのモビットで、超スピード融資
三井住友銀行グループのモビットは、最小限の入力項目にて事前審査が10秒で終わるという特徴を持つカードローンを取り扱っています。借入限度額は最大800万円で、借入年利は3.0%から18.0%です。さらに特徴的なのは、このモビットは自宅で誰とも会うことが無く借り入れ申し込みから実際の融資までを受けることが出来る点です。どうしても各種本人確認書類の郵送などでは自宅のみならず勤務先などでも応対する必要があるのですが、このモビットの「WEB完結申込」を利用すれば全てメールの応対のみで完結させることが可能になっています。

※「WEB完結申込」を行うには、銀行口座や保険証の種類に条件がございます。
※入力内容に不備等がある場合、ご本人様へ電話連絡が入ることもございます。

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

3.0%~18.0% 800万円 10秒簡易審査

 

スルガ銀行カードローン   WEBで手続き完結、即日振込融資も可能
スルガ銀行カードローンはVISA機能や団体生命保険が付けられるなど 他の銀行カードローンではあまり見られない特徴があります。 お借入・ご返済も日本全国のコンビニの提携ATMやゆうちょ銀行のATMでご利用可能です。 限度額は最高800万までで、申込み金額が500万円までは収入証明書の提出も不要です。 消費者信用団体生命保険に加入すると、万一の時に保険でローンを全額返済することもできます。(加入は任意)

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

3.9%~14.9% 800万円 最短1分

 

オリックス銀行カードローン  最短即日審査可能など魅力的なサービスが多数。
オリックス銀行カードローンは、全国のコンビニの提携ATMや提携金融機関のATMの返済・借入の利用手数料が無料です。さらに、銀行のカードローンにありがちな口座の開設も必須ではありません。 口座を開設していなければ融資不可、といった条件もありませんので、誰でも申込むことができます。
※主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

1.7%~17.8% 最高800万円 最短即日

保証人がいらないメリット

保証人を探す必要がない

キャッシングローンは無担保ローンといって、保証人や担保を提供する必要がありません。

 

そのため、保証人を探す手間を省くことができます。保証人というのは、誰でもいいわけではありません。
債務者がお金を返せなくなった場合に、代わりに返済できるだけの能力が必要です。

 

そのため、原則として勤労収入を得ていることが求められ、通常は債務者と同等以上の資力が求められます。

 

ですから、たとえば、身近なところで親に頼みたくても親が年金生活者であったり、無収入の主婦であっては頼むことができません。
保証人にふさわしくない、学生の兄弟姉妹に頼むわけにもいきません。

 

収入がある親族や知人を見つけたとしても、その人がご自身の借入額が多く
返済にいっぱいいっぱいなどの状況があれば、保証人の信用力を見極める審査に通らない虞があります。

 

さらに信用力がある方を見つけても、本人が保証人になることを同意してくれないといけないため、
保証人探しにはかなり苦労したり、時間がかかるのが一般的です。

 

この点、保証人不要なら、こうした手間や労力をかけずに自分の信用力だけで借りることが可能です。

 

手続きが簡便で早い

保証人が必要とされるローンでは、債務者と契約者の金銭貸借契約とは別に、
保証人債権者との間で保証契約を締結しなければなりません。

 

対面での手続きが求められる場合には保証人との日程調整が必要になり、なかなか手続きが先に進みません。

 

保証人が遠方に住んでいる等の事情で、郵送で契約書類をやり取りする場合には郵便事情により、日数がかかります。
しかも、保証人が直ぐに契約書類にサインや押印をしてくれるとは限らず、特に忙しい方だと後回しにされて、なかなか書類が返送されてきません。

 

そのうえ、書類に不備が出ると、さらに時間がかかります。

 

書類が整った後も債務者と保証人それぞれの信用力を審査するため、保証人なしのローンより手間と時間がかかります。
これに対して、保証人不要のキャッシングローンなら、こうした手間や時間をかけずに手続きができ、最短で即日審査、即日融資を可能としてくれます。

 

保証人に迷惑をかけない

保証人不要のキャッシングローンでは、返済できなくなった場合は、あくまで自己責任です。

 

返済できなくなったことで保証人に請求が行われることがないため、自分の借金を理由に他人に迷惑をかけることがありません。

 

他人に知られずに済む

保証人が必要な場合、少なくともその保証人にはお金を借りることが知られてしまいます。

 

保証人が家族や親族であれば、そこから直ぐに話が広まって、お金に困っていると心配される可能性があります。
保証人不要なら、誰にも知られずに借りることが可能です。

保証人なしでお金が借りれる

保証人なしが選ばれるのは

一般的なキャッシングローンのほとんどが無担保ローンといって、保証人や不動産などの担保不要で利用できるローンとなっています。

 

無担保ローンが多くの人に支持されているのは、手間がかからず、直ぐに気軽に申し込める点にあります。
もし、保証人が必要とされれば、保証人となってくれる人を探さなければなりません。

 

しかも、誰でもいいわけでなく、万が一契約した債務者が返済できなくなった場合には
債務者に代わって返済できるだけの資力が求められます。

 

そのうえで、保証人として適しているか債権者による審査が行われるので、
手続きが面倒となり、保証人が立てられなければ借りることができません。

 

これに対し、保証人なしであればこうした保証人を探す手間を省いて、誰でも自分ひとりで借りることが可能となります。

 

保証人なしのメリット

保証人なしのメリットとして、保証人を探したり依頼する手間がかからないこと、
保証人になってくれる人がいなくても借りられることがあります。

 

自分の審査や契約手続きだけでなく、保証人となる方の審査や保証契約の締結が必要になるため、

 

保証人との対面手続きを要求されたり、書面にサインや印鑑をもらうなど労力と時間を必要とします。
保証人なしなら、こうした手間を全てカットでき、自分だけで契約が可能です。

 

また、万が一、返済できなくなった場合には保証人が債権者から請求を受け、迷惑をかけることになります。

 

保証人なしなら自分だけの問題となるので、債務整理をするなど自己責任で対応ができ、他人に迷惑をかけることはありません。
保証人を立てる場合、お金を借りることやお金に困っていることを保証人を通じて他人に知られてしまいます。

 

ですが、保証人なしなら誰にも知られることなく、ひとりで借り入れが可能です。

 

保証料を含んだ金利に納得

この点、保証なしのキャッシングローンでは、万が一返済ができなくなった場合、
どのようにカバーするのかという疑問がわいてくるかもしれません。

 

返済遅滞等になれば、まずは債務者への請求などが行われ、場合によっては裁判手続きを取ることもあります。

 

ですが、債務者が自己破産したり、事実上返済不能となった場合には、
保証会社により回収できなくなった資金をカバーできるよう体制が取られています。

 

そのため、保証人なしのローンでは保証会社を利用するのが通常で、適用される金利に保証料が含まれています。

 

金利と別に保証料を払うわけではないため、金利自体に納得できるならば、
余計な負担になるわけではなく、簡単に借りられるメリットのほうが大きいのです。

保証人不要キャッシングの利点

保証人とは

保証人とは、ローン契約の債務者が返済できなくなった場合に代わりに債権者に支払いの義務を負う人のことです。

 

そのため、誰でもいいわけではなく債務者と同等か、それ以上の返済能力を有することが求められます。

 

通常、勤労収入を得ていることが求められるので、たとえば親に頼みたいと思っても、
親が年金生活者であったり、専業主婦の場合は他を当たらなければなりません。

 

保証人が必要な場合、債務者が勝手にその人の名前を書いて指名すればいいのではなく、
保証人自身の同意と保証人と債権者の間で保証契約を締結することが必要になります。

 

そのため、保証人になってもらいたい人が見つかってもその方が引き受けてくれなければ、債務者の借入もできなくなります。

 

手間がかからない

保証人が必要とされるローンでは、保証人となってくれる人を探す手間と時間がかかります。

 

保証人については債務者とは別に審査が行われるため審査時間も長くかかります。

 

そのうえで、保証契約については債権者と対面で行われるか、遠方に住んでいるなどの事情があれば、
郵送で保証人と書類のやり取りをする必要があります。

 

保証人との契約日時を決めるのに時間を要したり、郵送ですぐに書類が戻ってこなくて時間を要します。

 

特に、保証人が忙しい人であると、なかなか時間も取れず、書類も整わず借り入れの実行時期が遅くなる一方となるのです。
これに対して、保証人不要であれば手続きは債務者ひとりでできます。

 

カードローンであれば、債務者ひとりの審査は最短30分で行うことができ、即日キャッシングも可能です。

 

保証人を立てる必要がない分、手続きが大幅に縮小され、その日に申し込んでその日に借りることができるのです。
スピード最優先で借りられるのが、保証人不要のカードローンの大きなメリットです。

 

他人に迷惑をかけない

保証人を立てる場合、もし債務者が返済できなくなれば、保証人やその家族に迷惑をかけることになります。

 

自分以外の他人の借金を保証人が払わなければならなくなり、保証人の家に取り立てがきたり、
家族の生活費の一部や大切な貯金を取り崩す必要が生じるケースもあるためです。

 

ですが、保証人なしのスピードキャッシングでは、返済の負担は債務者のみにありますから他人を巻き込むことはありません。

 

自分がしっかり借入計画や返済計画を立てて借りていけば、大きな問題は起こりません。
お金を借りることを保証人をはじめとする他人に知られることもなく、気軽に借りられるのもメリットです。