返済を一本化すると、負担が楽になりますよ。

最近のカードローンはお得で便利なサービスを提供してくれます。
たとえば、魅力的なのは初めての利用なら30日間、無利息というサービスです。

 

私もお得だなと思って、借り入れの必要があるたびに、
新しい貸金業者を利用してしまいました。

 

最初の30日間はとてもお得だったわけですが、
おかげで、何本ものカードローン債務を抱えてしまうことになります。

 

適用金利も異なれば、返済日もそれぞれ異なり、
借入金額もマチマチで返済管理にはとても苦労しています。

 

返済日が異なったり、銀行引き落としのほか、ATM入金による返済など、
返済方法が異なることで、返済を忘れてしまうこともあります。

 

そうなると遅延利息を取られてしまい、無駄なコストが発生して、不利益をこうむることもあります。

 

こうした不利益や返済管理の手間を省くために利用したいのが、借り換えローンです。
借り換えローン専用のタイプもありますが、たいていのカードローンは借り換え可となっています。

 

返済日を一本化できることで返済がしやすくなります。

 

借り換えローンを利用する際のポイントは、金利の高いローンを低いローンに一本化することにあります。

 

現在より金利の高いローンに借り換えても、利息負担が増えるだけなので、なるべく低いカードローンを探します。
一方、貸金業者で借りるにあたって、総量規制の適用により、これ以上借り入れが難しいというケースもあるでしょう。

 

その場合には、貸金業法に基づく借り換え専用ローンを利用すれば、
既に年収の3分の1を超えていても新規の借り入れが可能です。

 

これは計画的な返済を支援するための特別なローンです。

 

新たに借りた金額は直接、利用者に貸し付けられるのではなく、既に借りた貸金業者に直接返済されます。

 

これにより、既存債務は完済され、新たな債務1本のみに集約できます。

人気の借り換えローン

オリックス銀行カードローン  最短即日審査可能など魅力的なサービスが多数。
オリックス銀行カードローンは、全国のコンビニの提携ATMや提携金融機関のATMの返済・借入の利用手数料が無料です。さらに、銀行のカードローンにありがちな口座の開設も必須ではありません。 口座を開設していなければ融資不可、といった条件もありませんので、誰でも申込むことができます。
※主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

1.7%~17.8% 最高800万円 最短即日

 

スルガ銀行カードローン   WEBで手続き完結、即日振込融資も可能
スルガ銀行カードローンはVISA機能や団体生命保険が付けられるなど 他の銀行カードローンではあまり見られない特徴があります。 お借入・ご返済も日本全国のコンビニの提携ATMやゆうちょ銀行のATMでご利用可能です。 限度額は最高800万までで、申込み金額が500万円までは収入証明書の提出も不要です。 消費者信用団体生命保険に加入すると、万一の時に保険でローンを全額返済することもできます。(加入は任意)

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

3.9%~14.9% 800万円 最短1分

 

プロミス   30日間の無利息サービス、パートやアルバイトでも利用可(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)
プロミス(※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。)のWEB契約は店舗に足を運ぶ必要はなく、審査に通れば当日にお金を振り込んでくれます(※平日14時までにWEB契約完了が必要)。返済期日を自分で選択することができるので、お給料日にあわせて計画的に返済をすることができ、便利です。申し込みができる年齢は20歳以上69歳以下と幅広く、主婦、学生、パート、アルバイトであっても安定した収入があれば申し込みをすることができます。担保や保証人も不要なので、家族や友達に頼らず、自分のペースで利用することができます。プロミス(※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。)の提携チャンネルネットワークは広いので、全国各地のATMで利用が可能です。

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

4.5%~17.8% 500万円 最短30分

 

モビット   安心・安全の三井住友銀行グループのモビットで、超スピード融資
三井住友銀行グループのモビットは、最小限の入力項目にて事前審査が10秒で終わるという特徴を持つカードローンを取り扱っています。借入限度額は最大800万円で、借入年利は3.0%から18.0%です。さらに特徴的なのは、このモビットは自宅で誰とも会うことが無く借り入れ申し込みから実際の融資までを受けることが出来る点です。どうしても各種本人確認書類の郵送などでは自宅のみならず勤務先などでも応対する必要があるのですが、このモビットの「WEB完結申込」を利用すれば全てメールの応対のみで完結させることが可能になっています。

※「WEB完結申込」を行うには、銀行口座や保険証の種類に条件がございます。
※入力内容に不備等がある場合、ご本人様へ電話連絡が入ることもございます。

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

3.0%~18.0% 800万円 10秒簡易審査

借り換えローンを利用するにあたって

借り換えローンの必要性とは

はじめてカードローンを利用する方には、借り換えローンは不要です。

 

すでにローンを利用していて、金利が高くて困っている方におすすめです。
借り換えによるメリットは、低金利化による利息軽減があります。

 

複数のローンを1本にする場合は、おまとめ、一本化などと呼びます。

 

借り換えをするからには、必ず今よりも低金利のローンを選ぶ必要がありますので、
必ず金利をチェックしてから借りなければいけません。

 

借り換えローンと称するものは、低金利を売りにしているので、
乗り換えによって金利が上がってしまうことは通常ないでしょう。

 

しかし、すでに低金利の銀行ローンを利用している方ですと、今よりも金利を引き下げることは困難です。
もし借り換える場合は、同じ銀行ローンのなかでより低金利の商品を探すしかありません。

 

借り換えのカードローン利用にあたっては、事前に金利を把握する必要があります。

 

審査には通ったけど、今までと金利が変わらないのでは意味がないでしょう。
申し込みをするときに、ローンの借り換えをして金利を引き下げたいことを伝えておく必要があります。

 

一般的に借り換えローンの場合は、ホームページ上に金利表記があるはずです。

 

一律12.0%などのわかりやすい金利設定になっている場合は、現在のローンとの金利比較が簡単です。

 

5.0%~15.0%といった表記の場合は、現在14%台で借りている方ならば
逆に金利が上がってしまう可能性があるので、業者スタッフに相談してみる必要があります。

 

借り換えシミュレーションで返済計画を立てよう

借り換えローンは、借り換え以外には使用できません。

 

これが一般的なカードローンとの違いであり、用途が指定されているので低金利での融資が可能になるのです。
借り換えをする前には、具体的な返済計画についてシミュレーションをする必要があります。

 

金利が低くなれば、月の返済額も変わりますし、もし返済額が同じであれば返済期間・回数が減少します。

 

今よりもどの程度返済が楽になるのか調べておく必要があるでしょう。
借りている金額が大きいほど、借り換えのメリットも大きくなります。

 

10万円程度の借入れですと、借り換えによるメリットは小さいですが、
50万円以上になると返済が楽になるのをハッキリと感じられるでしょう。

 

100万円以上の利用があり、金利が高くて困っている方はぜひ借り換えローンで金利を引き下げたいものです。

借り換えローンのメリット・デメリット

借り換えローンとは

借り換えローンとは高金利の債務を低金利のローンに借り換えることで、
毎月の返済額を軽減したり、利息の支払い総額を圧縮する目的で借りるローンをいいます。

 

長期返済する住宅ローンなどでしばしば利用される手法ですが、その他のローンでも利用可能です。

 

借り換えローンでは、新規の借入金で従前のローンを完済して、
その代わりとして、それ以降は新規のローンの返済をしていくことになります。

 

メリット

金利というのはいつ借りても同じではなく、経済情勢に応じて変動するのが基本です。

 

たとえば、住宅ローンの場合、20年30年という長い返済期間で借りていれば、
その間に3.5%だった金利が2%になるといったことも考えられます。

 

その場合、低金利のローンに借り換えることで支払うはずだった高金利の利息をカットすることが可能となります。

 

一般的に住宅ローンで借り換えが有利になるのは、返済期間が10年以上残っており、
金利差が1%以上ある場合といわれています。

 

住宅ローンでは一般的に元利均等返済を選択するケースが多く、
この場合、期間の初めに多くの利息を返していきます。

 

そのため、残存期間がほとんどない場合、利息のカット効果が小さくなるためです。

 

一方、カードローンのような返済期間が10年程度のケースでも、
借り換えにより返済がくの軽減ができるメリットがあります。

 

たとえば、50万円を利息制限法の上限いっぱいの18%で借り、
まだほとんど返済が進んでいない場合や、毎月の返済額が大きく返済が困難となっている場合、

 

利率が13%といった低金利のカードローンに借り換えることができれば、
利息カット効果や毎月の返済額を抑えられるメリットが生じます。

 

デメリット

デメリットとして、借り換えのタイミングや残債の額、金利差によっては、毎月の返済額は軽減しても、
利息の支払総額は減らないか、逆に増えてしまうケースがあります。

 

利息軽減を目的にされる場合は、事前に十分シミュレーションをして、どれだけの利息軽減効果があるかを確かめてください。

 

一方、利息を多少多く支払うことになっても、毎月の返済額を軽減したい方にとっては、それでも借り換えするメリットがあります。

 

もう1つのデメリットとして、借り換え自体が希望通りにいかないケースがあることです。
借り換えは、新規に借りたお金で従前のローンを返済するため、

 

その時点では別の債務を負った状態となっており、収入などによっては新規のローンが組めないケースがあるためです。

借金の元金が減らない場合

高金利ローンから乗り換えたい方におすすめのローン

現在利用しているローンが高金利で、返済しても元金が減らないという方は多いでしょう。

 

そんな方におすすめしたいのが、借り換えローンなのです。

 

銀行、消費者金融、信販会社などがラインナップしており、
用途は借り換えのみ、低金利、総量規制の対象外、といった特徴があります。

 

借り換えをする目的は決まっており、今よりも利息を減らして返済を楽にすることです。

 

利息を減らすためには、必然的に今よりも低金利のローンである必要があります。
借り換えローンが低金利なのは、用途が借り換えに特化しているからです。

 

目的が限定されたローンほど低金利が設定されているものです。

 

総量規制の対象外となるのも、目的ローンであるのが理由となります。
本来、総量規制の対象となるのはカードローンやキャッシングなどの多目的ローンなのです。

 

自動車ローン、教育ローンなどでは、総量規制という言葉を聞かないでしょう。

 

カードローンには通常は適用となりますが、借り換え目的のカードローン、
または銀行や信用組合などのカードローンにおいては対象外となります。

 

借り換えにおいては、総量規制の対象外であることが非常に大きいのです。

 

借り換え資金を借りたいという方は、すでに総量規制の範囲いっぱいの借入れをしていることが多く、
新規借入れができない状態が多いのです。

 

そのため、借り換えのためには総量規制の対象外のローンである必要があります。

 

おすすめの借り換えローンを選ぶとき

今よりも3%金利を引き下げることができれば成功と考えていいです。

 

一般的な借り換え例としては、消費者金融から銀行が多いです。
消費者金融のカードローンの場合、100万円借りたときの金利は15%が多いですが銀行だと12%台も可能となります。

 

高額融資において、2~3%の金利はかなり大きいため、乗り換えるメリットは大きいのです。

 

金利がまったく同じである場合は、乗り換えるメリットはありません。
すでに低金利ローンを利用している方は、借り換えローンを利用する必要はないでしょう。

 

ローンというのは、最新のタイプほど低金利となっています。

 

古くからカードローンを利用している方は、今よりも高い金利設定になっていることが多いため、借り換えを検討する必要があるでしょう。利息を減らすことができれば、即月々の負担額軽減となります。