先日、カードローンでお金を借りてみました。

景気は上がってきていると言われていますが、

一般家庭の景気はまだまだなのが現状だと思います。

 

やり繰りも難しく、奥さんに苦労をかけているなと日々痛感しているところです。しかし、こんなに頑張って働いているのに好きなことを我慢しなくてはいけないのは納得がいきません。

 

先日、友人にゴルフに誘われたことで思い切ってカードローンからお金を借りてみることにしました。

 

今まではクレジットカードのキャッシングを利用していたのですが、
そちらは限度額いっぱいなので、単独でカードローンに申し込んでみたのです。

 

ゴルフに誘われたのが当日2日前だったので、直ぐに融資をしてくれる会社を検索してみたところ
即日融資のカードローンがたくさん出てきました。今では銀行カードローンですら即日融資がほぼ当たり前なんですね。

 

ただ、申し込み自体は簡単ですが、即日融資をしてもらうためには申込み時間に注意しなくてはならないようです。

 

特にインターネット申し込みですと即日融資の申込み締切時間が早く、
土・日・祝日に申し込んでも審査は休み明けになってしまうので時間は重要
です。

 

私はインターネットから平日の午前中に申し込めたので、午後には審査結果が分かり、そのままスムーズに契約ができました。

 

もちろん即日融資もその日のうちにできたので、翌日のゴルフも問題なく楽しめましたよ。
今すぐにお金が必要という方なら、即日融資のカードローンはとても便利なものじゃないでしょうか。

人気のカードローン

オリックス銀行カードローン  最短即日審査可能など魅力的なサービスが多数。
オリックス銀行カードローンは、全国のコンビニの提携ATMや提携金融機関のATMの返済・借入の利用手数料が無料です。さらに、銀行のカードローンにありがちな口座の開設も必須ではありません。 口座を開設していなければ融資不可、といった条件もありませんので、誰でも申込むことができます。
※主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

1.7%~17.8% 最高800万円 最短即日

 

スルガ銀行カードローン   WEBで手続き完結、即日振込融資も可能
スルガ銀行カードローンはVISA機能や団体生命保険が付けられるなど 他の銀行カードローンではあまり見られない特徴があります。 お借入・ご返済も日本全国のコンビニの提携ATMやゆうちょ銀行のATMでご利用可能です。 限度額は最高800万までで、申込み金額が500万円までは収入証明書の提出も不要です。 消費者信用団体生命保険に加入すると、万一の時に保険でローンを全額返済することもできます。(加入は任意)

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

3.9%~14.9% 800万円 最短1分

 

プロミス   30日間の無利息サービス、パートやアルバイトでも利用可(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)
プロミス(※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。)のWEB契約は店舗に足を運ぶ必要はなく、審査に通れば当日にお金を振り込んでくれます(※平日14時までにWEB契約完了が必要)。返済期日を自分で選択することができるので、お給料日にあわせて計画的に返済をすることができ、便利です。申し込みができる年齢は20歳以上69歳以下と幅広く、主婦、学生、パート、アルバイトであっても安定した収入があれば申し込みをすることができます。担保や保証人も不要なので、家族や友達に頼らず、自分のペースで利用することができます。プロミス(※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。)の提携チャンネルネットワークは広いので、全国各地のATMで利用が可能です。

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

4.5%~17.8% 500万円 最短30分

 

モビット   安心・安全の三井住友銀行グループのモビットで、超スピード融資
三井住友銀行グループのモビットは、最小限の入力項目にて事前審査が10秒で終わるという特徴を持つカードローンを取り扱っています。借入限度額は最大800万円で、借入年利は3.0%から18.0%です。さらに特徴的なのは、このモビットは自宅で誰とも会うことが無く借り入れ申し込みから実際の融資までを受けることが出来る点です。どうしても各種本人確認書類の郵送などでは自宅のみならず勤務先などでも応対する必要があるのですが、このモビットの「WEB完結申込」を利用すれば全てメールの応対のみで完結させることが可能になっています。

※「WEB完結申込」を行うには、銀行口座や保険証の種類に条件がございます。
※入力内容に不備等がある場合、ご本人様へ電話連絡が入ることもございます。

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

3.0%~18.0% 800万円 10秒簡易審査

カードローンで即日借りるポイント

必ず即日融資できるとは限らない

カードローンの多くが即日審査や即日融資をウリにしていますが、これはあくまでも、一定の条件をクリアしたうえで、
タイミングなどの条件が合った場合の、最短コースを意味します。

 

誰もが即日借りられるとは限らず、いつ申し込んでも即日借りられるとは限りません。

 

そのため、即日借りたいなら、借りられるための条件を抑えておく必要があります。

 

不備を出さない

即日借りるには、まず即日審査が通らなければなりません。

 

多くの業者が最短30分を提示していますが、そのためには書類上の不備を出さず、
提出を求められる必要書類をきちんと準備しておかなければなりません。

 

書面で申し込む場合には記入漏れがないか、注意が必要です。

 

インターネットの場合は記入漏れはシステム上チェックしてもらえますが、
記入や選択項目を誤ったり、勘違いがあると審査に手間取る可能性があります。

 

また、本人確認書類が必要なため、運転免許証やパスポートも持っておらず、
国民健康保険の加入手続きも取っていなくて公的な身分証明書がないという場合には、そもそも申し込みができません。

 

身分証明書を持っていても有効期限が切れている場合や申し込み書類と氏名、
生年月日、住所が一致しないと不備となって、手続きができなくなります。

 

収入証明書類が必要な場合も、源泉徴収票や確定申告書などを紛失していれば、
再発行等に手間がかかって直ぐには借りられません。

 

そのため、申し込み時は慎重に行うことと、必要書類を不備なくそろえることがポイントになります。

 

平日の日中なら

借りたいと思ったタイミングが平日の日中の場合、選択肢が多様にあり、借入れの時間的タイミングにも比較的余裕が持てます。

 

店舗に出向ければ、最短30分で審査ができ、その場でカードが受け取れます。
カードを受け取れば、コンビニATMなどでもすぐに借り入れが可能となります。

 

平日の夜間や土日祝日なら

平日の日中は忙しくて手続きができない方や夜間や土日祝日にお金が必要になった場合、一番早い店舗は利用できません。

 

もっとも、自動契約機が近くにあれば、夜間や土日祝日でも最短40分で審査からカード発行まで可能です。

 

カードを受け取れない場合には

店舗や自動契約機はその場でカードが受け取れ、直ぐに借りられるメリットがあります。

 

これに対して近くに店舗等がない場合や、来店せずに手続きを行いたい場合には、
即日の振込みキャッシングが利用できるかを事前に確認しておきましょう。

 

そのうえで、インターネットやコールセンターで申し込み、
最短30分で審査が通り次第、銀行振り込みによる借り入れを依頼するのがポイントです。

総量規制って、何?

多重債務者を作らないために

金融業者から借金をするにあたって、よく知っておかなければならないことのひとつに、総量規制があります。

 

2010年の6月に、この総量規制を含む貸金業法の規定が全て施行されました。
総量規制とは、年収の3分の1以上は借りることが出来ないという制限を設けることで多重債務者を作らないようにする法律です。

 

つまり、年収が300万円の方なら、100万円までしか借りることができません。

 

そして、総量規制は、金融業者1社につき年収の3分の1までの額を借りられるということではありません。
複数の金融業者と取り引きがあったとしても、全ての借金の合計金額が年収の3分の1までということです。

 

また、貸付には、個人向け貸付、個人向け保証、法人向け貸付、法人向け保証の4つがありますが、
このうち総量規制の対象になるのは個人向け貸付のみとなります。

 

総量規制の対象と対象外

ただし、総量規制は貸金業法ですので、対象となるのは消費者金融による借金の場合のみです。

 

銀行法が適用される銀行からの借金は、対象外となります。
よって、住宅ローンやカーローンなどは、年収の3分の1以上でも借りることができるのです。

 

少しややこしいのがクレジットカードです。

 

クレジットカード払いでの買い物の額は総量規制の対象外となりますので、
年収の3分の1以上の借金がある場合でも、カードを使って商品を購入することができますが、

 

クレジットカードを用いての現金の借り入れは総量規制の対象となりますので、注意してください。

 

指定信用情報機関によって情報が共有されている

もし既に年収の3分の1を超える額の借金があったとしても、その差額をすぐに返済しなければ罰せられるようなことはありません。

 

その場合は、新たに借金をすることができないというだけです。
しかし、年収の3分の1以上の貸付を行なった金融業者に対しては、行政処分が下る場合があります。

 

そうならないために、金融業者は指定信用情報機関を利用して、顧客の情報を共有しているのです。

 

指定信用情報機関とは、顧客の住所氏名、借入額、借入残高、遅延の有無などが記されています。
この情報の開示と記載を許可しないと借金は申し込めませんから、借金を開始する際に、必ず許可をしているはずです。

 

年収300万円の方がすでに80万円の借金をしている場合なら、
希望額50万円で申し込んでも指定信用情報機関のデータを基にして調査されます。

 

その為、20万円までしか通らないということになります。
また、年収の3分の1までなら必ず借りられるというわけでもありません。

 

ちなみに、この年収とは給与のほかに年金や恩給、家賃収入などの定期的な不動産収入などを指します。

 

宝くじやギャンブルなどで得た収入は、貸金業法では年収に含まれません。

すぐに借り入れできる

即日融資ができる

今どきのカードローンは即日融資が可能です。

 

お金を借りたいと思った時にカードローン申込みをして、審査を受けて契約、そしてそのまま借り入れができるという仕組みです。
通常お金を借りる時には2~3日かかると言います。

 

しかし即日融資のカードローンなら、申込みから借入れまでの一連が1日でできてしまうため、
直ぐにお金が必要という方に人気を集めています。

 

最近では即日融資はほぼ当たり前になってきているサービスですが、
かと言って無条件に直ぐに融資が期待できるものではありません。

 

そこで、確実に即日融資を受けるために予備知識を持って申込みを行いましょう。

 

申し込み手段が限定される

即日融資を期待するのならインターネット、無人契約機、店頭窓口のいずれかで申し込みを行わなくてはなりません。

 

中でも主流なのはインターネットです。各社のHPにアクセスして、専用の申込みページから申し込みを行うことができます。
PCやスマホがあれば自宅にいても外出先でも好きな時に申し込めるため、手間がありません。

 

ネットが無理なら、無人契約機か店頭に出向いて申し込みましょう。

 

また、インターネットは14時頃まで、無人契約機は21時頃まで、
店頭は17時頃までが即日融資が受けられる締め切り時間になっています。

 

ネット申し込みは締め切り時間が早いので、中には間に合わなかったという方もいますね。

 

その場合は申込みはネットでして、審査を無人契約機または店頭で受けることも可能です。
ネット、無人契約機、店頭をうまく活用して即日融資を受けましょう。

 

申込み要件を確認する

カードローンは原則、20歳以上で安定した収入がない方は申し込みできません。

 

中には未成年や学生にも融資してくれる会社もありますが、
申込み要件に沿ってないと申し込んでも審査は受けられないので注意しましょう。

 

また、契約にあたり身分証明書は必須、場合によっては収入証明書の提出も求められます。

 

申込み者によって用意しておかなくてはならない書類が異なるので、気を付けてください。

 

いざ即日融資を受ける

インターネットで契約した場合は銀行振り込みによる借り入れになるため、口座が必要です。

 

カードローンによっては使用できる銀行を限定しているので確認しておきましょう。

 

無人契約機で契約した場合は、そこでカードが発行されるためATMから借入れができ、
店頭窓口で契約した場合は、その場で現金を貸してもらうことができます。

 

確実に即日融資を受けるには、こうした予備知識を持って申込むことが求められます。

バンクイックについて

おすすめの銀行カードローン

バンクイックは三菱東京UFJ銀行のカードローンです。

 

正真正銘の銀行ローンであり、実質年率は4.6%~14.6%と非常に低いです。
どんなに少額の融資を受けても、14.6%よりも高い金利になることはありません。

 

初回利用におけるカードローンの金利は18.0%が普通なので、3%以上も低金利で借りることができるのです。

 

高金利ローンと比べるとわかりますが、月の返済額がかなり少なくなります。
これは元金に対して発生する利息が少ないためです。

 

限度額は最高500万円なので、大口融資としても利用できます。

 

家族旅行、クルマの購入費用、リフォーム費用などにも使えるのです。
総量規制は適用とならないので、年収の3分の1超の融資を受けることも可能です。

 

審査に要する時間は最短30分となっており、午前中にお申し込みをすれば即日中に借りられる可能性が高くなります。

 

スピーディーな融資を希望する方は、テレビ窓口を利用しましょう。
最短40分で融資を受けることが可能であり、土日・祝日でも対応しています。

 

事前に運転免許証を用意しておき、カードの受け取りをしてください。

 

免許証は写真入りなので、身分証明としての効果は最も高いのです。
はじめてバンクイックを利用される方は、お借り入れ診断に挑戦してみましょう。

 

わずか4項目の入力で、融資可能かどうかわかってしまうのです。

 

個人を特定する情報は不要なので、無理な勧誘をされたり、信用情報に履歴が残ることもありません。

 

バンクイックは金利がわかりやすい

バンクイックの魅力は、金利設定が細分化されてわかりやすいことです。

 

9種類の金利が用意されており、借入額に応じて設定されます。
10万円以上50万円以下だと14.6%、400万円超500万円未満だと5.6%、500万円超だと4.6%というように金利が決まっているのです。

 

審査を受ける前に金利がわかるので、返済シミュレーションが容易になります。

 

金利が決定しなければ、月の返済額もわからないのです。
返済額が決まらないと、返済期間も見えてこないでしょう。

 

審査の前から金利がわかっていると、返済計画を構築してから審査の申し込みをすることができます。

 

他社によくある、審査には通過したけど適用金利が高いので契約は諦めた、といった状況になることはありません。
なお、金利形態は変動金利となっており、景気情勢によって変化することがあります。

 

公式サイトはこちら