私は約30分程度でカードが発行されました。

お金がない時に限って、大きなお金が必要になる出来事が起こったりするものです。

 

私は上京してアルバイト生活を送っていたのですが、
親が交通事故に遭ったと連絡がはいったのです。

 

命に別状はないとのことですが、入院したとのことで
一刻も早く顔を見せるようにと伯母から連絡を受けました。

 

地元に戻る最も早い手段は、飛行機です。

 

ですが、お金がない私は帰省の際にはずっと夜行バスを使っていました。
その何倍も費用がかかる航空券を取るためのお金がありません。

 

そこで、今すぐお金を借りる必要が生じて、即日キャッシングを利用したのです。

 

様々な方法がありますが、私の場合はとにかくスピード重視でしたから、最寄りの自動契約機を利用しました。
運転免許証など本人確認書類さえあれば、直ぐに手続きができます。

 

画面タッチで案内に従って入力し、本人確認書類をかざすと審査が始まり、約30分程度でカード発行が受けられるのです。

 

カードが手に入れば、コンビニでも金融機関でも様々な提携先のATMで借り入れができるのでとても助けられます。
そのほか、即日キャッシングの方法としては、店舗に出向いて手続きする方法もあります。

 

土日祝日で営業していない場合は、コールセンターやインターネットを利用するのも便利です。
最短30分で審査が行われます。

 

カードは自動契約機に出向いて受け取るか、土日祝日でも
24時間振込みOKな銀行口座をお持ちなら振込みキャッシングを受ける方法もあります。

人気の即日キャッシング

オリックス銀行カードローン  最短即日審査可能など魅力的なサービスが多数。
オリックス銀行カードローンは、全国のコンビニの提携ATMや提携金融機関のATMの返済・借入の利用手数料が無料です。さらに、銀行のカードローンにありがちな口座の開設も必須ではありません。 口座を開設していなければ融資不可、といった条件もありませんので、誰でも申込むことができます。
※主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

1.7%~17.8% 最高800万円 最短即日

 

スルガ銀行カードローン   WEBで手続き完結、即日振込融資も可能
スルガ銀行カードローンはVISA機能や団体生命保険が付けられるなど 他の銀行カードローンではあまり見られない特徴があります。 お借入・ご返済も日本全国のコンビニの提携ATMやゆうちょ銀行のATMでご利用可能です。 限度額は最高800万までで、申込み金額が500万円までは収入証明書の提出も不要です。 消費者信用団体生命保険に加入すると、万一の時に保険でローンを全額返済することもできます。(加入は任意)

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

3.9%~14.9% 800万円 最短1分

 

プロミス   30日間の無利息サービス、パートやアルバイトでも利用可(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)
プロミス(※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。)のWEB契約は店舗に足を運ぶ必要はなく、審査に通れば当日にお金を振り込んでくれます(※平日14時までにWEB契約完了が必要)。返済期日を自分で選択することができるので、お給料日にあわせて計画的に返済をすることができ、便利です。申し込みができる年齢は20歳以上69歳以下と幅広く、主婦、学生、パート、アルバイトであっても安定した収入があれば申し込みをすることができます。担保や保証人も不要なので、家族や友達に頼らず、自分のペースで利用することができます。プロミス(※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。)の提携チャンネルネットワークは広いので、全国各地のATMで利用が可能です。

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

4.5%~17.8% 500万円 最短30分

 

モビット   安心・安全の三井住友銀行グループのモビットで、超スピード融資
三井住友銀行グループのモビットは、最小限の入力項目にて事前審査が10秒で終わるという特徴を持つカードローンを取り扱っています。借入限度額は最大800万円で、借入年利は3.0%から18.0%です。さらに特徴的なのは、このモビットは自宅で誰とも会うことが無く借り入れ申し込みから実際の融資までを受けることが出来る点です。どうしても各種本人確認書類の郵送などでは自宅のみならず勤務先などでも応対する必要があるのですが、このモビットの「WEB完結申込」を利用すれば全てメールの応対のみで完結させることが可能になっています。

※「WEB完結申込」を行うには、銀行口座や保険証の種類に条件がございます。
※ 入力内容に不備等がある場合、ご本人様へ電話連絡が入ることもございます。
※ 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

3.0%~18.0% 800万円 10秒簡易審査

即日キャッシングの申込みと審査

直ぐに借りたい人のための即日キャッシング

即日キャッシングとは、申込んだ当日に借り入れができるカードローンを指します。

 

ただし、申し込みが夜間などで、審査時間に間に合わないという場合、翌営業日に直ぐ借りられるケースも含む場合があります。

 

申し込み当日に借りたいという場合は、カードローンの審査時間を事前に確認して、
その日のうちに借りられるか確かめなければなりません。

 

申込み方法と審査時間との関係

即日キャッシングをするには、申込み方法によって確実性が変わりますので、
直ぐに借りたい方は申込み方法から気を付けなければなりません。

 

とにかくその日のうちに借りたい方は、一番確実なのは店舗窓口または自動契約機です。

 

店舗は平日の朝9時から17時ないし18時頃までが営業時間ですが、
自動契約機は平日の21時までなど夜間でも稼働していますし土日祝日も稼働しています。

 

いずれも審査が通れば、通常、申込みからカード発行まで30分から40分で済みます。

 

コールセンターの場合も、土日や祝日、平日の夜間も受け付けています。
営業時間中であれば最短30分で審査結果が出ます。

 

しかし、受付終了ギリギリに電話をかけた場合には、審査結果が翌営業日にずれ込む場合があるので注意が必要です。

 

インターネットの申込みは24時間365日行えますが、実際に審査が行われるのは、
一般的にコールセンターの運営時間と同様となっています。

 

そのため、深夜に申し込んでも、その場ですぐに借りられるようになるわけではなく、
翌朝の審査時間になるまで待たなければなりません。

 

カード受け取りとの関係

いずれの申込み方法でも、審査の受付時間中であれば、
基本的に最短30分程度で審査が通り、借入れ可能な状態となります。

 

もっとも、現実的に借りられるかは別問題です。

 

契約手続きを行い、かつ、カードを受け取らなければなりません。
店舗や自動契約機なら、カード発行までワンストップです。

 

しかし、コールセンターやインターネットの場合、店舗や自動契約機に
カードを受け取りに行けない限りは、カードが自宅に届くのを待つ必要があります。

 

店舗や自動契約機にカードを受け取りに行く場合には、本人確認書証を忘れずに持参しましょう。

 

そうでないと、受け取ることができず、即日キャッシングができません。

 

来店ができない場合は、郵送もしくは宅配となりますが、
宅配便を利用しているカードローンなら最短で翌日にカードを届けてもらえます。

 

申込み当日とはいかないまでも、翌日には借り入れが可能となります。

カードローンとキャッシングの違い

急な現金の用立てに便利なキャッシングとカードローン

お金が必要なとき、直ぐに用立てることができるのがカードローンやキャッシングです。

 

これらは全国にあるコンビニエンスのATMで借り入れをすることができ、
そしてそこATMから返済をすることもできる大変利便性の高いものです。

 

今まで敷居が高かったこうしたカードローンやキャッシングも、インターネットから審査申し込みができるようになったり、

 

身近にあるディスペンサーから借入や返済がしやすくなったことから、大変敷居が低くなりました。

 

カードローンとキャッシングの違いとは

カードローンもキャッシングもお金を借りて、利子とともに返済をすることに変わりはありません。

 

そして借り入れをするときの審査で、借りたお金の使用方法を聞かれたり、制限されることもありません。
カードローンも、キャッシングも使い道を制限されない自由な借り入れなのです。

 

また、保証人を立てる必要もありません。

 

このように似たところが多い二つの借入方法ですが、この2つにはどのような違いがあるのでしょうか。

 

もともとカードローンは借りたお金を分割で支払うもの、
キャッシングは基本的に借りたお金をよく月の一括払いで返済するものという違いがありました。

 

つまり、返済方法の違いがカードローンとキャッシングの違いだったのです。

 

リボルビング払いとは

カードローンによく使われる返済方法がリボルビング払いです。

 

これは返済する時に、借入した分を月1万円、2万円など分割して支払っていく方法です。

 

一度に返す必要がなく、均して返済していくのである月の出費が突出して高くなることがなく、
生活のクオリティーを一定に保つことができるのです。

 

これがカードローンのメリットです。

 

即日融資でも利用できるカードローンとキャッシング

即日融資が可能な商品にもキャッシング、カードローンの両方があります。

 

直ぐにお金が必要な時にはこうした即日融資のサービスを行っているキャッシングやカードローンの中から選ぶのが良いでしょう。

 

さらに最近では、カードローンの便利な返済方法にならい、
キャッシングも分割払いができるところが増えていますので、より選択の幅が広がっていると言えます。

 

カードローン、キャッシングにこだわらず、即日融資を利用する消費者金融を選ぶときのポイントは、
近くに利用できるATMがあるかどうかなど、借り入れのしやすさや返済のしやすさで選ぶのが良いでしょう。

クレジットカードとどっちがお得?

それぞれの用途で使い分ける

カードローンとクレジットカードは似て非なるものです。

 

カードローンはカードを使った融資のことで、即日融資対応の商品が主流となります。
今日の午後までにお金が必要なんてとき、午前中までに申し込めば間に合うほど融資がスピーディーなのです。

 

クレジットカードはローンではなく、いわゆる代金を立て替えてくれるものです。

 

高額の現金を持ち歩くと危険があるので、そんなときはカード払いがいいでしょう。
海外ではカード払いが主流であり、財布に原因はあまり入れていないという方が多いのです。

 

億万長者でも財布には100ドルしか入れていない、なんてことが当たり前なのです。

 

また、クレジットカードは信用の証ともなり、手持ちのカードのグレードによって社会的ステイタスを示すことができます。
一般向けのクラシックカードのほか、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードがあります。

 

ゴールドカード以上になると、社会的に信用度の高い方でなければ所有できません。

 

カードローンとクレジットカードはそれぞれ用途が異なるため、使用するシーンは異なってきます。

 

ただ、万能性においてはカードローンのほうが高く、
クレジットカードの使えない店で買い物するとき、ローンでお金を借りて支払うことが可能です。

 

その反面、金利に関してはクレジットカードよりも少しだけ高く設定されています。

 

カードローンを利用するべきシーン

クレジットカードは加盟店でショッピングをするときに使えるカードで、
現金払いよりも安全に決済できること、1~2回・ボーナス一括払いは利息がつかないことが利点です。

 

現金が足りないけど1ヶ月後にボーナスが入る、なんて状況では
2回払いやボーナス一括払いをすれば、支払いを先延ばしできるのです。

 

利息なしで支払いを延ばせるというのは、クレジットカードの意外なメリットでしょう。
ただし、万能なカードではなく加盟店以外では使用できないので、不便に感じることもあります。

 

欲しい商品をカードで支払おうとしたら加盟店ではなかった、という状況に出くわした方は多いでしょう。

 

そんなときは、即日キャッシングできるカードローンの手番となります。
提携ATMでお金を借りて、そのお金で商品を購入すればいいのです。

 

カードローンの場合、カードを紛失しても現金ほどのリスクはありません。

 

暗証番号を入力しないと使えないので、時間稼ぎにはなるでしょう。
すぐにカード会社に連絡すれば、機能を止めてもらうことができます。