インターネットの簡易借入審査なら、約1分程度で終わります。

今すぐお金を借りたいというニーズは、日夜問わず曜日も問わずやってきます。

 

即日審査というのは申し込んだ当日に、融資可能か結果が出るという意味ですが、
そのためには、いくつか確認しておきたいことがあります。

 

どの業者も平日の日中に営業が行なわれています。

 

ですが夜間や土日祝日となると、営業している業者ばかりではありません。お金を借りたいと思うタイミングはいつでも平日の日中とは限らず、それ以外の時間帯などタイミングが合わないこともあります。

 

実際に私も土日祝日などお休みのときに限って、お金の出費が増えたときがありました。

 

また、平日の日中は仕事が忙しくて、手続きをしている暇がないという方もいるのではないでしょうか。
そのためにも休日も夜間も営業している業者を探すことがポイントになります。

 

大手の業者は夜21時頃まで稼働していたり、土日祝日もコールセンターや自動契約機が利用できます。

 

一方、小規模な業者では平日9時から18時といったところが多いので、自分のニーズに合うか確認をする必要があるでしょう。

 

コールセンターや店舗、自動契約機の場合、営業時間中であれば
申し込んだその場で審査が行われるので、即日融資の確実性が高くなります。

 

最短30分で審査が行われます。

 

またインターネットからだと、誰にも会わずに申し込みが24時間365日できるので便利です。
審査は営業時間中になりますが、簡単な事前診断で借入できるかどうかを1分以内に知ることができます。

 

ただし、確認すべき事柄がある場合は審査が翌日以降に持ち越されることもあります。

 

持ち越しにならないためにも必要事項はすべて正確にかつもれなく記入、もしくは伝えるようにしましょう。

 

また運転免許証等の本人確認書類を忘れずに準備して、
在籍確認や本人確認の電話には確実に出ることなどを心掛けておく事が大切です。

人気の即日カードローン

オリックス銀行カードローン  原則300万円まで収入証明書不要・最短即日審査可能など魅力的なサービスが多数。
オリックス銀行カードローンの特徴のひとつに、希望限度額が300万円までなら原則収入証明不要です。また全国のコンビニの提携ATMや提携金融機関のATMの返済・借入の利用手数料が無料です。さらに、銀行のカードローンにありがちな口座の開設も必須ではありません。 口座を開設していなければ融資不可、といった条件もありませんので、誰でも申込むことができます。
※主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

1.7%~17.8% 最高800万円 最短即日

 

スルガ銀行カードローン   WEBで手続き完結、即日振込融資も可能
スルガ銀行カードローンはVISA機能や団体生命保険が付けられるなど 他の銀行カードローンではあまり見られない特徴があります。 お借入・ご返済も日本全国のコンビニの提携ATMやゆうちょ銀行のATMでご利用可能です。 限度額は最高800万までで、申込み金額が500万円までは収入証明書の提出も不要です。 消費者信用団体生命保険に加入すると、万一の時に保険でローンを全額返済することもできます。(加入は任意)

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

3.9%~14.9% 800万円 最短1分

 

プロミス   30日間の無利息サービス、パートやアルバイトでも利用可(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)
プロミス(※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。)のWEB契約は店舗に足を運ぶ必要はなく、審査に通れば当日にお金を振り込んでくれます(※平日14時までにWEB契約完了が必要)。返済期日を自分で選択することができるので、お給料日にあわせて計画的に返済をすることができ、便利です。申し込みができる年齢は20歳以上69歳以下と幅広く、主婦、学生、パート、アルバイトであっても安定した収入があれば申し込みをすることができます。担保や保証人も不要なので、家族や友達に頼らず、自分のペースで利用することができます。プロミス(※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。)の提携チャンネルネットワークは広いので、全国各地のATMで利用が可能です。

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

4.5%~17.8% 500万円 最短30分

 

モビット   安心・安全の三井住友銀行グループのモビットで、超スピード融資
三井住友銀行グループのモビットは、最小限の入力項目にて事前審査が10秒で終わるという特徴を持つカードローンを取り扱っています。借入限度額は最大800万円で、借入年利は3.0%から18.0%です。さらに特徴的なのは、このモビットは自宅で誰とも会うことが無く借り入れ申し込みから実際の融資までを受けることが出来る点です。どうしても各種本人確認書類の郵送などでは自宅のみならず勤務先などでも応対する必要があるのですが、このモビットの「WEB完結申込」を利用すれば全てメールの応対のみで完結させることが可能になっています。

※「WEB完結申込」を行うには、銀行口座や保険証の種類に条件がございます。
※入力内容に不備等がある場合、ご本人様へ電話連絡が入ることもございます。

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

3.0%~18.0% 800万円 10秒簡易審査

カードローン申込みから契約まで

申し込み方法を選択

即日審査のカードローンを借りるにあたっても、申し込み方法は多様な選択肢が設けられています。

 

直ぐに審査してもらいたい場合は、郵送の方法は避けます。
郵便の到着までに時間がかかり、審査までに数日かかってしまうためです。

 

申し込んだその場で審査をしてもらえるのは、店頭窓口、自動契約機、コールセンターです。

 

店頭窓口では申込書類を記入して、待合スペースで待っていれば30分程度で結果が分かります。
自動契約機の場合も、およそ40分以内に結果が出ます。

 

コールセンターの場合は、電話で申し込みを行い、いったん電話を切って待っていると、
30分程度で審査結果の連絡が入る仕組みです。

 

インターネットの場合も、審査受付時間内に申し込めば、
だいたい30分から40分程度で審査結果の連絡が電話もしくはメールで届きます。

 

ですが、有人の審査を行っていない平日の夜21時以降や深夜、
早朝などは申し込みはできますが、審査結果は直ぐに送られてきません。

 

通知されるのは、審査の時間が開始された以降になりますので、
申し込みのタイミングとはタイムラグが生じるため注意が必要です。

 

本人確認書類や収入証明書類を提出

審査を受けるためには、必要事項を記入したり、入力して送信したり、コールセンターのオペレーターに口頭で伝えるだけでは足りず、
本人確認書類の提出と利用額に応じて収入証明書類の提出が必要になります。

 

これらの書類が用意できない場合、審査ができない場合がありますから注意しなければなりません。

 

カードローン業者によって、求める本人確認書類の種類や、収入証明書類が必要となる利用額は異なります。

 

即日審査のためには、本人確認書類は写真付きの身分証明書として運転免許証に限るケースや、勤務先で発行する社会保険証を求めるケースなど、書類が限定される場合もありますので、事前に各カードローン業者の即日審査のルールについて確認をしておきましょう。

 

契約手続き

審査が完了し、借入れ可能の結果が出た場合は、契約内容を確認したうえで契約を締結します。

 

審査がOKとなっても、直ぐに借り入れができるわけではなく、契約を締結しなければいけませんので気を付けましょう。

 

契約手続きはインターネットから申し込んだ場合は
インターネット上でできる場合もありますが、一般的には書面でのやり取りとなります。

 

なお、自動契約機であれば、書面を利用せず、画面操作のみで完結できます。

 

契約手続きが完了すると、カードが発行されるか、
もしくは銀行振り込みによるキャッシングが可能となり、いつでも借り入れ可能な状態となります。

カードローンの審査にかかる時間

カードローンの審査は即日完了が基本

カードローンの審査は、即日中に終わるのが普通です。

 

昔は1週間以上は当たり前でしたが、今は長くても数日、基本は即日となっています。
審査にかかる時間は借りる金額によっても変わるので、すぐに借りたいなら借入額を多くしないようにしましょう。

 

カードローンの審査ページには、最短即日などと記載されているでしょう。

 

最短と記載する理由は、条件によっては翌日になる可能性もあるということです。
高額の希望額を設定した、午後に申し込みをしたなどの場合は翌日以降になることもあります。

 

実際に審査にかかる時間は30分程度だと言われています。

 

昔は丸一日以上かかったので、大幅な時間短縮となりました。

 

この理由はインターネットが普及したことで即座に審査が行えるようになったこと、
審査マシンの精度が高まったこと、などが理由です。

 

午前中に申し込みをしたのに審査が翌日以降になる場合は、借入額が大きすぎた、
もしくは借入件数が多い、過去の利用履歴が好ましくないなどが理由でしょう。

 

同じローンでも、条件によって審査にかかる時間は変わってくるわけです。

 

金融機関別の審査時間は、現在はあまり差がありません。

 

昔は消費者金融が最短で次いで銀行系、最も遅いのが銀行と言われていましたが、
ネットの普及によって審査時間はいずれも大幅に短縮されました。

 

大手銀行のなかには、即日融資に対応しているところも多く、審査に1時間もかからない銀行もめずらしくありません。

 

今すぐに借りたいという方も、銀行を選択肢にして問題ないのです。

 

10秒で終了する簡易審査とは

大手カードローンのホームページをみると、10秒で終了する簡易審査といったコーナーが用意されているはずです。

 

借りられるかどうか大まかに判断するためのツールで、匿名で審査できるのがメリットです。
審査には10秒程度しかかかりませんが、融資可能という結果が出れば審査に通る可能性は非常に高いでしょう。

 

簡易審査は自己判断で行うものであり、強制ではありません。

 

しかし、本審査は無制限に受けられるものではなく、通過できなければ借りられません。
事前に通過できない審査であれば、避けたほうが好ましいのです。

 

個人信用情報には審査履歴も残りますので、審査に通過できなかった履歴はなるべく残したくないのです。

 

そのためには、審査に通る可能性の高い業者だけを選んで本審査を受けるのが好ましいでしょう。

カードローンの金利・上限額・手数料

カードローンを利用する前に知りたいこと

カードローンを選ぶときは、必ず金利比較をしましょう。

 

比較をするときは、インターネットを利用するのが基本です。
商品情報が最新になっていますし、比較サイトを利用すれば上限額・手数料の比較もできます。

 

カードローンの場合、即日の可否によって金利に影響することはありません。

 

昔の即日ローンは高金利でしたが、今は審査日数と金利には関連性がないのです。
はじめて利用する会社ですと、12%~20%くらいの金利になります。

 

金利は借入額によって変化し、融資額が少額であるほど低金利になり、高額になると高金利となります。

 

それゆえ、カードローンには4.5%~17.8%というように金利設定に幅があるのです。
借入れの上限額は、年収の3分の1までとなります。

 

最高300万円の限度額を設定している業者だから、自分も借りられるとは限らないのです。

 

300万円の融資を受ける資格を有する方は、年収900万円以上の方なのです。
年収850万円では300万円の融資を受けることはできません。

 

業者が設定する限度額は、あくまでお金持ち・富裕層の方が借りられる上限額だと考えていいでしょう。

 

一般の方の借入れ上限額は、100万円に設定している会社が多いです。
1社で100万円超の融資を受けている方は非常に少なく、多くとも100万円でストップするのが普通です。

 

初回融資においては100万円の借入れは難しく、50万円が上限額になると考えておくと無難でしょう。

 

また、借入額は借入件数が多くなるほど、減っていく傾向があります。
ですので1社目で100万円借りられた人でも、2社目になると30万円が上限となる、などのケースも多いです。

 

カードローンの手数料は

カードローンはクレジットカードと異なり、入会手数料・年会費などはかかりません。

 

カードを紛失した場合は、発行手数料として1,000円程度かかることがありますが、
一般的に手数料と呼ばれるのはATMの出金手数料のことです。

 

土日・祝祭日に口座から出金すると、手数料がかかるのと同じようなものです。

 

カードローンの手数料は口座出金よりも少ないのが普通ですが、
たった100円でも月何度も取引しているとかなりの金額になります。

 

利用する前に手数料がかからない方法を調べておくべきでしょう。

 

利用するATMにより、手数料が発生しないことも多いのです。

 

なお、銀行振込で返済する場合の振込手数料は、自己負担となります。