夏のボーナスが少なかったので、銀行系カードローンを利用しました。

政府によると、徐々に景気は回復傾向とのことですが、
なかなか実生活において景気の良さを実感できることが少ないです。

 

実際、消費税が8%に増税後の消費は落ち込んだままで、
政府が予想した消費回復の伸び率には達していません。

 

使わないで貯めこんでいるというよりも、無いものは使えないといったところでしょうか。

 

実際に私も夏期のボーナスが少なかったので、やりくりが難しくなりました。
そもそも最近はボーナスを期待してはいけないという心構えでいないと、生活がなりたっていかないのかもしれません。

 

とはいえ生活するためには、衣食住への出費がどうしても必要になります。

 

いくらやりくり上手でも、全くの出費ゼロで過ごせる月はありません。
出費が同じでも収入が減ってしまったら、その差額はどうしたらよいのでしょうか。

 

なかなか友人知人にお金は借りづらいものです。

 

でも、最近は銀行からも簡単にカードでお金が借りられるので、ちょっとした生活費の足しにも利用しやすいのです。
消費者金融のキャッシュコーナーは至る所で目にしますが、なかなか入りにくいものです。

 

しかし、銀行系のローンであれば、実際の銀行のATMはもちろん、
近所のコンビニでも気軽に自分の貯金を下ろす感覚でお金が借りられます。

 

他の人に、あの人お金を借りているという目で見られることがないのは嬉しいですね。

 

また、返す時にも同じくATMで手続きができるので、とても簡単です。
銀行系のローンだと審査が厳しいのでは?というイメージを持たれている方も多いかもしれません。

 

自己破産などのよっぽどの信用破たんがなければ、審査も通らないという事はなくお金が借りられます。

 

即日カード発行という銀行もありますので、お急ぎのかたはそちらのご利用が良いでしょう。
その銀行にもともと口座があれば、本当に手軽にローンが借りられます。

 

ご自分の貯金感覚で、ローンが利用できるので、とても助かりますね。

 

お給料日までの間の助けに無理なく上手にこういったローンを活用すれば、お金はもちろん気持ちにも余裕ができそうです。

人気の即日銀行カードローン

オリックス銀行カードローン  原則300万円まで収入証明書不要・最短即日審査可能など魅力的なサービスが多数。
オリックス銀行カードローンの特徴のひとつに、希望限度額が300万円までなら原則収入証明不要です。また全国のコンビニの提携ATMや提携金融機関のATMの返済・借入の利用手数料が無料です。さらに、銀行のカードローンにありがちな口座の開設も必須ではありません。 口座を開設していなければ融資不可、といった条件もありませんので、誰でも申込むことができます。
※主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

1.7%~17.8% 最高800万円 最短即日

 

スルガ銀行カードローン   WEBで手続き完結、即日振込融資も可能
スルガ銀行カードローンはVISA機能や団体生命保険が付けられるなど 他の銀行カードローンではあまり見られない特徴があります。 お借入・ご返済も日本全国のコンビニの提携ATMやゆうちょ銀行のATMでご利用可能です。 限度額は最高800万までで、申込み金額が500万円までは収入証明書の提出も不要です。 消費者信用団体生命保険に加入すると、万一の時に保険でローンを全額返済することもできます。(加入は任意)

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

3.9%~14.9% 800万円 最短1分

 

プロミス   30日間の無利息サービス、パートやアルバイトでも利用可(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)
プロミス(※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。)のWEB契約は店舗に足を運ぶ必要はなく、審査に通れば当日にお金を振り込んでくれます(※平日14時までにWEB契約完了が必要)。返済期日を自分で選択することができるので、お給料日にあわせて計画的に返済をすることができ、便利です。申し込みができる年齢は20歳以上69歳以下と幅広く、主婦、学生、パート、アルバイトであっても安定した収入があれば申し込みをすることができます。担保や保証人も不要なので、家族や友達に頼らず、自分のペースで利用することができます。プロミス(※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。)の提携チャンネルネットワークは広いので、全国各地のATMで利用が可能です。

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

4.5%~17.8% 500万円 最短30分

 

モビット   安心・安全の三井住友銀行グループのモビットで、超スピード融資
三井住友銀行グループのモビットは、最小限の入力項目にて事前審査が10秒で終わるという特徴を持つカードローンを取り扱っています。借入限度額は最大800万円で、借入年利は3.0%から18.0%です。さらに特徴的なのは、このモビットは自宅で誰とも会うことが無く借り入れ申し込みから実際の融資までを受けることが出来る点です。どうしても各種本人確認書類の郵送などでは自宅のみならず勤務先などでも応対する必要があるのですが、このモビットの「WEB完結申込」を利用すれば全てメールの応対のみで完結させることが可能になっています。

※「WEB完結申込」を行うには、銀行口座や保険証の種類に条件がございます。
※入力内容に不備等がある場合、ご本人様へ電話連絡が入ることもございます。

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

3.0%~18.0% 800万円 10秒簡易審査

返済方法と返済日について

銀行カードローンの返済方法には、主に銀行ATM・提携ATM、振り込み、口座振替があります。

 

銀行によっては4つの返済方法全てを採用しているわけではないので、自分が活用する銀行で確認しておきましょう。
銀行ATM・提携ATMからの返済なら、利用者の都合に合わせた返済をしていくことが可能です。

 

最近ではコンビニにATMが設置されているのは当たり前なので、夜間や早朝の返済にも対応できます。

 

銀行振り込みも自分のタイミングで行え、時間外でも手続きさえ取っておけば営業時間内に振り込まれるため手間はありません。
ネットバンキングを利用している方は、外出する必要がないので便利でしょう。

 

いずれも利便性の高い返済ですが、ただ、返済方法の中で一番利用されている返済方法は口座振替になります。

 

はじめに設定しておくだけで、返済日に自動的に口座から引きおとされるため、
口座残高さえ注意しておけば、それこそ手間がありません。

 

どの返済方法を選択しても構いませんが、ATM返済や振り込み返済には手数料がかかるケースもあります。

 

それも踏まえて返済方法を選ぶといいでしょう。

 

また、振り込みや振り替えに対応できる銀行も限定されているので、事前に確認しておくことが大切です。

 

返済日について

返済日は、日にちを限定している銀行と、いくつかの返済日を用意してあり
債務者の都合のいい日を選んで設定できる銀行があります。

 

指定されている日にちは各社で異なるものの、大抵は毎月5日、15日、25日、月末と切りのいい日が用意されています。
もし日にちが選択できるようなら、自身の給料日に合わせて選びましょう。

 

ここで決めた日にちが約定返済日となるため、この日に取り決めた返済額を返していくことになります。

 

例えば25日を返済日とし、毎月1万円ずつを返済していくと取り決めたなら、毎月25日に1万円ずつ返済をしていきます。
もし、余裕がある月でまとめて返済できるというのなら、1万円以上を返済しても構いません。

 

また、返済日より前に返済を行う、前倒し返済をすることもできます。

 

返せるときにまとめて返してしまうことで、早く完済をすることができるでしょう。
また、そうすれば利息の負担も減らすことが可能です。

 

しかし、返済日を過ぎてしまうと遅延損害金が発生することになり、余計な費用がかさむので注意してください。

 

返済方法は各社で大きく異なることはないですが、若干システムに違いがあったりするので、契約前に確認しておきましょう。

銀行カードローン会社の選び方

ゆとりの利用限度額で選ぶ

銀行カードローンの魅力は、ゆとりある利用限度額にあります。

 

銀行にもよりますが、最大で700万円から1000万円程度までの利用限度額をカードローンながら設定できます。
しかも、即日審査・即日融資が可能なわけですから、大口融資を受けたい方には有利な方法です。

 

カードローンなので、その金額を全て直ぐに借りる必要はありません。

 

あらかじめ大きな額を設定したうえで、必要に応じて少しずつ借りていけばいいのです。

 

この先、結婚披露宴の費用や新婚旅行、新居を借りる費用や家電製品・家具を買う費用など、
次々にお金のニーズがあるといった方なら、ゆとりある利用限度額は魅力です。

 

低金利で選ぶ

銀行カードローンの魅力として、潤沢な資金力を活かした低金利が挙げられます。

 

もっとも高い金利が、貸金業者などの下限金利に合致するケースもあり、審査が通れば非常に有利に借りられます。
もっとも、その分、貸金業者のような初めての利用で30日間無利息といったサービスはほとんど適用されません。

 

長期的に借りたい方、まとまったお金を借りて直ぐに返済できないといった方は金利は低いほど有利となるでしょう。

 

手数料や使い勝手で選ぶ

カードローンを利用する際は、その銀行や提携先の金融機関、コンビニ等のATMを利用します。

 

この際、ATM利用手数料がかかるかは、その銀行によって異なります。
中には、その銀行のATMはもちろん、提携先でも手数料無料というところもあります。

 

借入れコストをなるべく抑えたいなら、こうした銀行を選ぶといいでしょう。

 

また、使い勝手の良さでいえば、利用できるATMの数やカードを使用しての借入だけでなく、
銀行口座への振込みキャッシングができるかも選ぶポイントの1つになります。

 

たとえば、地方銀行などの場合は全国のコンビニの提携ATMで使えるのか、
地元の提携金融機関のみでしか使えないのか、利便性をよく確認しましょう。

 

振込みキャッシングを利用できるカードなら、カードを受け取らなくても直ぐに借り入れができるほか、

 

銀行口座でのクレジットカード代金等の引き落としに備え、残高不足を直ぐに補えるので便利です。

 

即日で借りるために

即日で借りるには、2つのポイントがあります。

 

カードをいかに早く受け取れるかと、カードがなくても直ぐに振込みキャッシングが利用できるかです。
この点を重点におきつつ、他の要素も含め、自分のニーズに合った銀行カードローンを選ぶようにしましょう。

銀行カードローンで即日借入したい

銀行カードローンとは

銀行カードローンは、銀行が融資するカードを使って借り入れ可能なローンで、
銀行の潤沢な資金力を活かした大口の利用限度額と低金利が魅力です。

 

かつて、銀行融資といえば敷居が高い、窓口が平日の15時までしか空いていない、
手続きに時間がかかるといった利用しにくさがありました。

 

ですが、銀行カードローンはスピード重視の貸金業者と同様、
即日審査・即日融資ができるものも増えており、申し込みも窓口に来店せず行えます。

 

メリット

最近は、お金がなくても代金後払いができるクレジットカードを利用する方も増えていますが、
現金がないと通用しないケースも多々あります。

 

地方ではクレジットカードが利用できないお店が多いほか、
冠婚葬祭の祝儀や不祝儀を包む場合や友人との食事で割り勘をする場合など、現金がなければ困ります。

 

給料日前でお金がない時など、即日借りられる銀行カードローンならピンチをしのぐことが可能です。

 

特に突然やってくる親族や親しい知人の葬儀などでは包む金額も多くなり、
お財布や銀行口座の残高では凌げないケースがありますから、即日融資は助かります。

 

カードローンを初めて利用する場合、貸金業者などの場合、初めての利用で手続きに戸惑うことがあるかもしれません。

 

ですが、銀行カードローンの場合、たいていの方が銀行口座を利用しており、銀行とはなじみがあります。

 

この点、いつも銀行口座を利用している銀行でカードローンを申し込むと
口座をお持ちでない方が申し込むよりも手続きが簡略化されています。

 

さらにスピーディーに借りられる場合があります。

 

急いでいるときには、普段利用しているマイバンクでカードローンを作るのも有利に働きます。

 

即日融資を受けるために

即日融資を受けるには、事前に申し込みから借り入れの流れを確認しておきましょう。

 

銀行によって、手続き方法が少しずつ異なっているので注意が必要です。

 

たとえば、インターネットで申し込みができても、契約は郵送のみというところでは、
カードを受け取るまでに時間がかかり、即日借りられなくなります。

 

これに対し、銀行口座をお持ちの場合や、全ての手続きをインターネットで完結できる銀行では直ぐに契約が可能です。

 

また、カードでの借り入れのほか、振込みキャッシングができるかも確認しておきましょう。
銀行口座へ借入金を振り込めるキャッシング法ならカードを受け取る手間を省いて、即日借り入れが可能です。