収入証明書の提出が不要なカードローンを利用しよう。

社会人になってからというもの、職場の人や友人が出来て

女子会を開いたりなどでお金がかかるようになりました。

 

そこでカードローンでお金を借りたいと考えているのですが、審査が通るか気になります。
審査のポイントとなるのが、年収と雇用形態です。

 

安定した継続的な収入がないと基本的には審査が通らないか、
もしくは希望した借入額より金額が小さくなってしまいます。

 

また、気軽に借りたいと考える場合、手続きはなるべく簡単なほうがいいです。

 

たとえば、収入証明書など書類を提出しなければならないとなると、面倒だなと思ってしまうかもしれません。
カードローンの審査では必ず収入が聞かれますが、収入証明書は必ずしも必要ないのです。

 

消費者金融やクレジット会社、信販会社などの貸金業者の場合は、貸金業法によるルールがあり、1社で50万円を超える借入をする場合、または、複数の会社で100万円を超える場合に収入証明書を提出しなければなりません。

 

逆に言えば、これを超えない借入であれば、収入証明書の提出は不要です。

 

ちなみに収入証明書というのは、会社勤務の人であれば前年度の源泉徴収票で、
自営業者であれば確定申告書や課税決定通知書等になります。

 

一方、銀行や信用金庫など金融機関のカードローンの場合は、その金融機関ごとに基準が異なりますので注意しましょう。

 

100万円以上というところもあれば、200万円以上や300万円以上というところもあるのです。
つまり、大きな金額を借りる場合は収入証明書の提出が求められますが、そうでなければ基本的に提出は不要です。

 

ただし、審査の過程で何らかの疑義が生じたときには、基準金額未満であっても提出が必要なこともあります。

 

収入証明書はきちんと保管していれば問題ないですが、紛失等した場合はやはり提出を求められると面倒くさいですね。
なお、紛失の場合は直近数ヵ月の給与明細でも認められることがあります。

 

また、役所で所得証明書の発行を受ければ問題ありません。

人気のカードローン

オリックス銀行カードローン  原則300万円まで収入証明書不要・最短即日審査可能など魅力的なサービスが多数。
オリックス銀行カードローンの特徴のひとつに、希望限度額が300万円までなら原則収入証明不要です。また全国のコンビニの提携ATMや提携金融機関のATMの返済・借入の利用手数料が無料です。さらに、銀行のカードローンにありがちな口座の開設も必須ではありません。 口座を開設していなければ融資不可、といった条件もありませんので、誰でも申込むことができます。
※主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

1.7%~17.8% 最高800万円 最短即日

 

スルガ銀行カードローン   WEBで手続き完結、即日振込融資も可能
スルガ銀行カードローンはVISA機能や団体生命保険が付けられるなど 他の銀行カードローンではあまり見られない特徴があります。 お借入・ご返済も日本全国のコンビニの提携ATMやゆうちょ銀行のATMでご利用可能です。 限度額は最高800万までで、申込み金額が500万円までは収入証明書の提出も不要です。 消費者信用団体生命保険に加入すると、万一の時に保険でローンを全額返済することもできます。(加入は任意)

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

3.9%~14.9% 800万円 最短1分

 

プロミス   30日間の無利息サービス、パートやアルバイトでも利用可(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)
プロミス(※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。)のWEB契約は店舗に足を運ぶ必要はなく、審査に通れば当日にお金を振り込んでくれます(※平日14時までにWEB契約完了が必要)。返済期日を自分で選択することができるので、お給料日にあわせて計画的に返済をすることができ、便利です。申し込みができる年齢は20歳以上69歳以下と幅広く、主婦、学生、パート、アルバイトであっても安定した収入があれば申し込みをすることができます。担保や保証人も不要なので、家族や友達に頼らず、自分のペースで利用することができます。プロミス(※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。)の提携チャンネルネットワークは広いので、全国各地のATMで利用が可能です。

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

4.5%~17.8% 500万円 最短30分

 

モビット   安心・安全の三井住友銀行グループのモビットで、超スピード融資
三井住友銀行グループのモビットは、最小限の入力項目にて事前審査が10秒で終わるという特徴を持つカードローンを取り扱っています。借入限度額は最大800万円で、借入年利は3.0%から18.0%です。さらに特徴的なのは、このモビットは自宅で誰とも会うことが無く借り入れ申し込みから実際の融資までを受けることが出来る点です。どうしても各種本人確認書類の郵送などでは自宅のみならず勤務先などでも応対する必要があるのですが、このモビットの「WEB完結申込」を利用すれば全てメールの応対のみで完結させることが可能になっています。

※「WEB完結申込」を行うには、銀行口座や保険証の種類に条件がございます。
※入力内容に不備等がある場合、ご本人様へ電話連絡が入ることもございます。
※モビットは「収入証明書不要」ではありません。

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

3.0%~18.0% 800万円 10秒簡易審査

収入証明不要の審査基準について

収入証明が不要になるには

カードローンを借りるためには、審査に通らなければなりません。

 

そのために重要な要素となるのが、どのくらいの収入を得ているかです。
お金を借りれば毎月利息を付して、返済していかなければなりません。

 

そのために、収入がどれくらいあるかが返済能力を見極める重要なカギとなります。

 

毎月滞りなく返済していくための、継続的で安定した収入を得ているか、
それは申込時に記入する収入額と勤務先、職種や雇用形態で判断されているのです。

 

この点、収入についてはそれを証明するための収入証明書が必ず必要と思っている方もいるかもしれません。

 

源泉徴収票や確定申告書を用意するのは面倒だなとか、そもそも保管してないから困ったなという方もいるでしょう。

 

ですが、一定の金額までは収入証明は不要というカードローンも多いのです。
ではどのように収入を確かめているかといえば、それは申込書に記載された内容です。

 

もちろん、いい加減に書いてはいけません。

 

独自の審査基準や経験則により、この年齢でこの職種、この勤務先ならいくらくらいが適当という判断をしています。

 

そのため、明らかに収入が大きすぎるといった事情が認められれば、
収入証明不要なケースでも提出を求められることがあります。

 

また、カードローン業者は勤務先に電話で在籍確認を取るのが通常であり、
安定した継続収入を得ているという事実の確認が取れることも、収入証明不要とする1つの理由です。

 

貸金業者の場合

消費者金融などの貸金業者の場合、総量規制といって年収の3分の1までしか借りられないというルールが適用されます。

 

そのため、以前より収入証明不要の基準が厳しくなっています。
それでも、1社で50万円以下のケース、他社と合わせて100万円以下のケースなら原則として不要です。

 

銀行の場合

銀行の場合は、銀行ごとに基準が異なっています。

 

一般的に見られるのは、100万円以下なら収入証明不要というケースです。
そのため、50万円を超えて100万円以下の借り入れをしたいなら貸金業者より銀行のほうがおすすめといえるでしょう。

 

さらに銀行によっては、200万円以下、300万円以下まで所得証明が不要というところもあります。

 

ただし、所得証明不要の基準が緩やかになる分、一定のハードルが設けられます。

 

たとえば、その銀行に口座を保有していれば200万円までなら収入証明は不要だとか、
年収が200万円以上ある方に限り、300万円以下まで収入証明は不要というものです。

 

こうした条件に該当される方は、気軽で便利に申し込めるでしょう。

収入証明不要でお金を借りるメリット

収入証明不要なケースとは

カードローンを利用するには、申し込みをして審査に通らなければなりません。

 

審査では収入や雇用形態、勤務先や勤続年数などのチェックが行われます。
これらの項目を総合的に判断して、返済能力の有無を判断しているのです。

 

その際、収入については、本来なら勤務先から受け取る源泉徴収票や、
税務署に申告する確定申告書の提出が求められ、本当に申込書に記載しただけの収入が得られているかを確認されます。

 

しかし、小口融資の場合には、そうした手間を省略し、収入証明不要で申し込めるケースがあるのです。

 

消費者金融などの貸金業者の場合には、1社で50万円以下の場合、
および、全社合わせて100万円を超えない場合に収入証明不要とされています。

 

また、銀行のカードローンの場合は、銀行ごとに独自の基準が定められています。

 

しかし、一般的には100万円以下、中には200万円といったゆとりある利用限度額でも不要なケースもあります。

 

紛失していても借りられる

収入証明不要のメリットとして、まず最新の源泉徴収票や確定申告書を紛失したり、
保管していない場合でも、申し込みができることが挙げられます。

 

事業所得者など確定申告をされている方は、ある程度の期間保管されているケースが多いのですが、
サラリーマンなどの給与所得者の場合、源泉徴収票の存在をあまり重視していない人が多いのが実際のところです。

 

受け取った時点で、将来お金を借りるニーズが生じると想定でもされない限り、
目を通しただけで捨ててしまったり、どこに保管したか分からなくなる方が多いのです。

 

どうしても必要であれば、源泉徴収票の再発行を勤務先に頼むことも可能ですが、
収入証明不要ならそうした手間や時間をかけずに申し込みが可能です。

 

働き始めたばかりでも借りられる

通常、収入証明書として求められる源泉徴収票や確定申告書というのは、前年度の収入実績を示したものであり、
新入社員や事業を始めたばかりのケースでは、そもそも持っていないケースがあります。

 

その場合、給与所得者であれば、直近2ヶ月から3ヵ月分の給料明細書と、
支給されている場合は1年分の賞与明細書で代用することも可能です。

 

もっとも、収入証明必要な場合では直ぐにお金を借りたくても、
まだ会社に入りたての方は収入証明を用意できず、申し込みができないことになってしまいます。

 

一方、収入証明不要なら、収入証明をそもそも発行されていない段階でも申し込みができます。

 

会社に入って示される見込み年収を、ボーナスも込みで申告できるため、審査にも有利に働きます。

小口借入なら収入証明要らない?

小口の借入をする

カードローンには、借り入れた金額を返せるか、返済能力を判断する審査があります。

 

収入状況や勤務先、雇用形態などをチェックしていくらまで借りられるか、どの程度の金利で貸せるかが判断されるのです。

 

申込書に収入を記入するのは、申込者本人です。

 

そのため、実際にその収入を得ているのか、記載に誤りがないか、
源泉徴収票や確定申告書などの収入証明の提出を求められるのが原則になります。

 

原則は全ての人に収入証明を求めたいところですが、手続きの簡素化を図るため、
一定額までの小口融資に限って、収入証明は不要とするカードローンがあります。

 

消費者金融などの貸金業者の場合は、1社での借入額が50万円以下のケース、
および、他社と併せて100万円以下となるケースで、収入証明が省略できます。

 

また、銀行カードローンの場合は銀行ごとに異なりますが、100万円以下であれば収入証明が要らないケースが多くなっています。

 

このケースでは、申込者による申込書に記入した収入と、雇用されていることが分かる有効な健康保険証から確認できます。
また、勤務先への電話による在籍確認にて、収入を得ていることも確認されます。

 

ただし、申し込み内容等から判断して、その収入を得ていることに疑義がある場合には、
収入証明不要な金額でも収入証明を求められることがあります。

 

専業主婦向けカードローン

専業主婦でも一部の消費者金融や、多くの銀行カードローンでは借りることが可能です。

 

専業主婦の場合は、収入がないため、収入証明は求められません。
その代わりとして、借り過ぎないよう借入額の上限が10万円から50万円程度に制限されています。

 

なお、専業主婦が借りるにあたり、配偶者の同意や配偶者の収入状況を確認するカードローンでは、
配偶者の収入証明を求められるケースがあるので注意しましょう。

 

一方で、専業主婦専用のカードローンを設けているところでは配偶者の同意不要、
配偶者の収入証明も不要、ご自身の収入証明ももちろん不要としているところもあります。

 

収入証明不要のメリット

収入証明が不要だからといって、収入を偽ることは認められません。

 

収入証明が要らないカードローンのメリットは、収入証明を紛失しているケースや保管していないケースでも、
再発行や探す手間を省いて直ぐに借りられるメリットがあります。

 

収入証明を保管されている方でも、外出先や職場で急に資金ニーズが生じて、
申し込みをしたいときも、収入証明を家に取りに戻る必要がなく助かります。