専業主婦でも夫の同意なしでお金が借りられる

女性でも安心して融資を受けられるという消費者金融は最近多くなってきていますが、
専業主婦という収入がない立場においても融資が可能という金融業者はなかなかありません。

 

その理由として総量規制の導入が背景にあります。

 

この規制が消費者金融に導入されたことにより、専業主婦などの収入がない人の場合は、
夫の同意書や収入が確認できる書類の提出などが義務付けられています。

 

それに伴い金融業者でも手続きが複雑化してしまい、主婦への融資をやめてしまったなんてことも少なくないのです。

 

専業主婦といえど、急な出費でお金が必要になることもあります。

 

生活費が足りないと夫に相談すれば、やりくりが下手だと思われたり、
ムダ使いしているのではと責められてしまう危険性も否めません。

 

しかし夫に知られずに融資を受ける方法は身近なところに存在しています。それがカードローン商品です。

 

実はカードローンにおいては、総量規制が適用されていません。
ですから専業主婦でも夫の同意書等なしで融資を受けるという事が可能なのです。

 

私もその方法で、夫に内緒でカードローンを利用しています。

 

カードローンとはキャッシングサービスを展開しているクレジットカードで利用ができ、
クレジットカードを作る際の審査を通過していれば、いつでも利用できます。

 

これなら夫や家族に知られることなく融資が受けられ、プライバシーの保護にもつながります。
審査が厳しい金融業者の中で、収入がない専業主婦でも利用可能というところは嬉しいメリットといえるでしょう。

主婦に人気の消費者金融

プロミス   30日間の無利息サービス、パートやアルバイトでも利用可(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)
プロミス(※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。)のWEB契約は店舗に足を運ぶ必要はなく、審査に通れば当日にお金を振り込んでくれます(※平日14時までにWEB契約完了が必要)。返済期日を自分で選択することができるので、お給料日にあわせて計画的に返済をすることができ、便利です。申し込みができる年齢は20歳以上69歳以下と幅広く、主婦、学生、パート、アルバイトであっても安定した収入があれば申し込みをすることができます。担保や保証人も不要なので、家族や友達に頼らず、自分のペースで利用することができます。プロミス(※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。)の提携チャンネルネットワークは広いので、全国各地のATMで利用が可能です。

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

4.5%~17.8% 500万円 最短30分

 

モビット   安心・安全の三井住友銀行グループのモビットで、超スピード融資
三井住友銀行グループのモビットは、最小限の入力項目にて事前審査が10秒で終わるという特徴を持つカードローンを取り扱っています。借入限度額は最大800万円で、借入年利は3.0%から18.0%です。さらに特徴的なのは、このモビットは自宅で誰とも会うことが無く借り入れ申し込みから実際の融資までを受けることが出来る点です。どうしても各種本人確認書類の郵送などでは自宅のみならず勤務先などでも応対する必要があるのですが、このモビットの「WEB完結申込」を利用すれば全てメールの応対のみで完結させることが可能になっています。

※「WEB完結申込」を行うには、銀行口座や保険証の種類に条件がございます。
※入力内容に不備等がある場合、ご本人様へ電話連絡が入ることもございます。
※「主婦」の場合は「安定した収入がある方」が対象となります。

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

3.0%~18.0% 800万円 10秒簡易審査

 

スルガ銀行カードローン   WEBで手続き完結、即日振込融資も可能
スルガ銀行カードローンはVISA機能や団体生命保険が付けられるなど 他の銀行カードローンではあまり見られない特徴があります。 お借入・ご返済も日本全国のコンビニの提携ATMやゆうちょ銀行のATMでご利用可能です。 限度額は最高800万までで、申込み金額が500万円までは収入証明書の提出も不要です。 消費者信用団体生命保険に加入すると、万一の時に保険でローンを全額返済することもできます。(加入は任意)

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

3.9%~14.9% 800万円 最短1分

専業主婦でもお金が借りれる理由

専業主婦でも借りられるケースがある

お金を借りるにあたっては、返済能力の審査があります。

 

返済能力とは毎月返せる能力があるかということであり、通常、継続的な収入がないと認められません。
この返済能力の点で考えれば、収入が全くない専業主婦は借り入れができないように思われます。

 

ですが、実際には借り入れが可能なカードローンが複数あるのです。

 

総量規制には例外規定がある

貸金業者の場合は貸金業法という法律により、年収の3分の1を超える借入はできないと定められています。

 

この総量規制の原則を貫けば、専業主婦は借りられないことになります。
ですが、この総量規制には実は例外規定が設けられています。

 

それによれば、配偶者の同意が必要です。

 

かつ、配偶者の収入を審査すること、配偶者の借入残高と専業主婦の借入残高を合わせて
配偶者の年収の3分の1を超えなければ、借りられるとあります。

 

そのため、この条件をクリアできれば、専業主婦でも法律上有効に借り入れができるのです。

 

配偶者の同意や収入がポイント

銀行カードローンの場合は、そもそも貸金業者にあたらないため、総量規制が働きません。

 

そのため、年収の3分の1を超えない範囲といった規制は適用されません。

 

だからといって、収入がなく返済能力が原則としてない専業主婦が
どうして借りられるのかといえば、多くの銀行で配偶者の同意を求めます。

 

そして、配偶者の収入や勤務先を申告することを専業主婦に求めています。

 

つまり、返済能力がない専業主婦が借りるということは、
配偶者の理解がある、返済のサポートがあるという判断が働き、貸してくれるわけです。

 

小口融資だから借りられる

もっとも、最近では一部の銀行で、配偶者の同意や配偶者の年収の確認もなしに専業主婦が単独で借りられるところもあります。

 

なぜ、返済能力に乏しいはずの専業主婦が借りられるのかといえば、小口融資が基本となっていることによります。
10万円まで30万円まで最大でも50万円までとなっており、これ以上の利用限度額の設定はできません。

 

この程度の金額であれば、収入がなくても、独身時代に働いていたときの貯金を取り崩したり、
家計のやりくりをしたりしながら、返せる見込みがあります。

 

万が一、返済ができなくなっても、家族からのサポートを得られる範囲であり、
かつ、債権回収が不能となっても、そこまで大きな損失にはなりません。

 

基本的には配偶者の同意は得なくとも専業主婦である限り、
配偶者のサポートも得られることを前提として、返済に困らない範囲で貸してくれるのです。

総量規制対象外だから借入できる

消費者金融には総量規制があります

専業主婦はパート収入などもない、無収入の方を指します。

 

この点、消費者金融には貸金業法に基づく総量規制が適用され、原則として無収入の方は借りることができません。
総量規制とは年収の3分の1を超える借入れはできないとする法律上のルールであり、返済困難に陥る多重債務者を防止する目的があります。

 

専業主婦というのはそもそも年収がゼロなわけですから、総量規制を貫けば借りられる金額もゼロとなってしまいます。

 

そのため、消費者金融の中には、専業主婦は申し込みできる対象から、外されているケースが少なくありません。

 

総量規制には例外規定があります

もっとも、あきらめてはいけません。総量規制には、実は例外規定が定められています。

 

これによれば、配偶者に収入があり、配偶者の同意を得たうえで申し込む場合には、
配偶者の借入額と合計して、配偶者の年収の3分の1まで借りることができるとあります。

 

そのため、たとえば、配偶者の年収が600万円あり、配偶者が全く借り入れをしていなければ、最大で200万円まで借りられる可能性があります。

 

この際、配偶者が既に150万円借りているという場合には、50万円となります。
いずれにしても、例外の適用が受けられれば、配偶者の同意を得ることで、借り入れが可能となるのです。

 

この例外規定が適用されるのは、配偶者のいる専業主婦のみの特典です。

 

専業主婦と同じように無収入の方の場合でも、無職の方やアルバイトをしていない学生さんでは、この総量規制の例外は適用してもらえません。
そのため収入がない限り、消費者金融では全く借りられないことになってしまいます。

 

その点、専業主婦は優遇されています。

 

配偶者にも相談しておきましょう

消費者金融で総量規制の例外が適用される場合は、配偶者の同意が必要です。

 

これは単に口頭で同意してもらったというのでは足りず、契約書面上にサインと印鑑をもらうか、
別途同意書にサインと押印をしてもらう必要があります。

 

そのため、様々な便利な申し込み方法がある消費者金融でも、専業主婦の場合は、
書類による手続きのみとなり、来店もしくは郵送の方法によることが求められます。

 

ですから、専業主婦が借り入れをするには通常の方より少し、手間や時間がかかることも知っておきましょう。

 

また、配偶者の同意のほか配偶者の年収等も尋ねられ、配偶者の勤務先に在籍確認の電話が入ることもあります。
そのため、借入れにあたっては配偶者としっかり話し合っておくのが賢明です。

夫に内緒でお金を借りる秘訣

普段、専業主婦として生活している女性の中にもお金を借りたいという時があるでしょう。

 

しかし、専業主婦を対象したキャッシングサービスを行っている消費者金融は、それほど多くありません。

 

以前は専業主婦でもお金を借りることができたのですが、2010年に施行された改正貸金業法によって、
専業主婦を取り巻くキャッシング事情は大きく変わりました。

 

その原因となったのは、総量規制です。

 

総量規制とは、「個人が貸金業者から借り入れることのできる金額の上限を年収の3分の1とする」というルールです。
全く収入のない専業主婦は消費者金融やクレジットカード会社などの貸金業者から1円のお金も借りることができないということになります。

 

実際、大手と呼ばれる消費者金融のほとんどは専業主婦への融資を行っていません。

 

配偶者の同意書があるなら専業主婦でも一部OK

それでは専業主婦は消費者金融からお金を借りる手段がないのかというと、決してそういうわけではありません。

 

レディースキャッシングと呼ばれる女性専用のキャッシング会社の中には、条件付きで専業主婦への融資を行っているところがあります。

 

専業主婦への融資審査は夫の収入や信用力に基づいて行われ、
夫に十分な返済能力があると認められた時には、その妻に対しての融資も行われることになります。

 

ただし、融資の際には夫の同意書を提出することが必要になるため、夫に内緒でお金を借りるということはできません。

 

銀行のカードローンなら同意書は不要

では、専業主婦が夫に内緒でお金を借りたいと思った場合には、どうしたら良いのでしょうか。

 

それは銀行のカードローンを利用することです。
専業主婦が消費者金融からお金を借りることができない理由は、総量規制です。

 

これは先ほど説明しましたが、このルールはあくまでも貸金業法によって会社が運営されている貸金業者に対してのみ適用されるものです。

 

ただし、銀行法によって会社が運営されている銀行には適用されません。
ですから、専業主婦であっても銀行のカードローンであれば、お金を借りることが可能となります。

 

この場合でも審査対象となるのは夫の返済能力なので、
夫に十分な返済能力があると判断された場合にのみ融資を受けることができるということになります。

 

ただし、銀行の場合には消費者金融と違って夫の同意書が必要ないため、
専業主婦であっても夫に知られずにお金を借りることができます。

専業主婦が安心して借りられるカードローン

専業主婦におすすめの銀行カードローン

銀行カードローンは、専業主婦に最適なローンです。総量規制の対象外であることが何よりも大きいのです。

 

総量規制による貸付制限があると、年収の3分の1までしか借りることができません。
業者がもっと貸したいと思っていても、法的に違法になるので無理です。

 

年収60万円ならば、どんなに頑張っても20万円までしか借りられません。

 

しかし銀行カードローンならば、銀行の判断一つで高額融資も可能となります。
年収60万円の方に対して、60万円の融資をすることも可能なのです。

 

消費者金融から借りられないと嘆いている専業主婦の方は、銀行カードローンに申し込んでみましょう。

 

プライバシーも厳守してくれるので、夫に知られないように配慮してくれます。
自分で告知しない限りは、知られることはありません。

 

金利が低いので借りやすい

銀行カードローンは金利が低いので、返済額を抑えることができます。

 

利息を抑えるためにはローンの返済期間を延ばすのではなく、短くすることが大切なのです。
返済期間を長期に設定すれば月の支払いは少なくなるので楽ですが、ローン完済に時間がかかります。

 

返済期間を短くすれば、完済までも早くなるので利息の節約にもなるのです。

 

金利が低いほど利息も軽減されるので、銀行のカードローンがおすすめなのです。
はじめて借りる専業主婦の方にも、実質年率15.0%といった低金利で貸出してくれます。

 

いろいろな金融機関と比べるとわかりますが、銀行は3%程度、金利が低くなっているのです。

 

夫に内緒で借りるのは難しくない

カードローンは窓口、WEB、電話、メールなどの方法で申し込みができ、
利用したことを告知しなければ、周囲の人に知られることはありません。

 

近くに窓口が無い場合や、窓口まで出向く時間が無い方は、WEB完結できる申し込み方法がおすすめです。
審査・融資までは30分以上かかりますが、この申し込み方法なら、夫にも知人・友人にも知られる心配はほぼありません。

 

カードを受け取ってから、コンビニATMでお金を借りる方法もあります。

 

もっと安全な方法としては、口座を指定しておいて振り込んでもらうことです。
最近ではカードを発行しないWEB完結の契約があり、指定した銀行口座へ振込という方法で借入ができるのです。

 

振込融資の場合、窓口やCD・ATMに出向く必要はないので、誰かに見られるという心配をせずに済むでしょう。

専業主婦が銀行カードローンの審査に通過する条件

銀行カードローンの審査は難しくない

銀行は審査が厳しいとされますが、カードローンに関してはそうでもありません。

 

専業主婦の利用者も多く、1回で審査に通過する方も多いのです。
銀行の公式ホームページでは簡易審査コーナーを用意していることが多いので、そちらを利用するといいでしょう。

 

簡易審査は無料なので、何度でも受けることができます。

 

本審査にはまったく影響しないので、まずはこちらを試してみてください。
最初から本審査に挑戦する方法もありますが、事前に簡易審査を試して可と判断されてから本審査に移行したほうが間違いありません。

 

夫に内緒にして借りることもできますし、請求内容に関してはWEBで確認することも可能です。

 

自宅に利用明細が届くのが嫌だという方は、WEB取引をおすすめします。

 

専用ページを見るにはログインとパスワード入力が必要なので、自分以外の人が見ることはできません。

 

銀行カードローンの利息について

金利が低いので利息も少なくなります。借入シミュレーションをして、利息がどの程度発生するのか確かめておきましょう。

 

カードローンは少額返済だと利息が増え、無理のない範囲で多めに返済すると利息が減るのです。
利息を減らすポイントは、6ヶ月以内に完済することです。

 

カードローンの多くは3年間といった長期返済プランを用意していますが、
借入額の少ない小口ローンなので、年単位の返済期間を設定するのはおすすめしません。

 

なるべく6ヶ月以内、できれば1~3ヶ月以内に完済するのが好ましいでしょう。

 

1ヶ月で完済する場合は、利息計算が非常にやりやすくなります。
実質年率15.0%とは、1年間に15.0%の利息がつくという意味です。

 

100万円を借りた場合は、15万円が利息となるので、1ヶ月で計算すると12,500円となります。

 

2ヶ月借りると25,000円の利息になるので、1ヶ月で完済したほうが利息が少なくなることを実感できるでしょう。
さらに15日間で完済すれば、6,250円の利息で済みます。

 

収入証明は必要なのか?

銀行カードローンのなかには、少額融資では収入証明を必要としないローンが多いです。

 

100万円までは収入証明が不要というローンも多いです。
金額が大きくなると必要書類が多くなり、審査にも時間がかかるので、早く借りたい方ほど借入額は小さくしましょう。

 

収入証明が不要な借入額のほうが、審査の手間が省けて融資まで早くなります。

銀行系カードローンなら夫の同意いらない

銀行カードローンはここが便利

銀行カードローンは、用途が制限されていません。

 

専業主婦がお金を借りるときの目的の第一位は生活費です。生活費というのは人によって解釈が異なります。
食費、光熱費、教育費と解釈する人もいれば、旅費・娯楽費も含むと考える人もいるのです。

 

広義に解釈すると、生活費とは生きるために必要な資金全般となります。

 

株式投資、他社借入金返済、事業資金などは生活費に分類されませんが、それ以外のほとんどの用途には利用できるのです。

 

用途に制限のあるローンだと、いざというときに困ります。
食費が足りないときに自動車ローンや教育ローンは使えません。

 

用途自由なローンとして、カードローンを1枚持っておいて損はないのです。

 

ローンの利用は夫に知らせる必要はない

ローンの利用については、夫に内緒にしておいても大丈夫です。

 

銀行カードローンは担保・保証人を必要としませんので、夫の同意がなくても大丈夫なのです。
自己判断にて、WEB、電話、メールなどで申し込むことができます。

 

審査にかかる時間は短縮化されており、昔の10分の1程度となっています。

 

即日融資も可能であり、午前中に申し込みをすれば当日中に借りることもできるのです。
借入額は無理をしない範囲で設定する必要があります。

 

ローンを利用する銀行の口座を持っていれば、審査で有利になります。

 

金利は消費者金融よりも低く、実質年率4.0%~15.0%が相場です。
たくさん借りるほど低金利になる仕組みですが、借りすぎは避けてください。

 

無理なく返済するためには、1万円~30万円の範囲内で借りるといいです。

 

万が一を考慮して契約しておくのは?

銀行カードローンを利用する専業主婦には、お金に余裕があるけど契約したという方が意外と多いのです。

 

お金はいつ必要になるか予測できないものです。
特に若いころは貯蓄が少ないので、突発的な入用があると対処が難しくなります。

 

そんなときに備えて、カードローン契約される方も多いのです。

 

カードローンが便利なのは、借りた分の金利しか発生しないことです。
限度額100万円で契約した場合、100万円に対する金利が発生すると考える方が多いのですが、実際には借入分だけとなります。

 

100万円の限度額に対して、借入額が1万円であれば、金利対象となるのは1万円だけです。

 

残りの99万円に対しては金利は発生しないのです。
借りてすぐに返済するようにすれば、利息はほとんどつきません。