主婦の私でも簡単にお金が借りれました。

家計を預かる主婦なら、生活費が足りないと悩む人も多いのではないでしょうか。

もちろん、私もその内の一人です。

 

どれだけ切り詰めてもカツカツの状態が続いており、時期によって出費が増えてしまうので足りません。結婚当初は私も正社員として働いていたのですが、子供ができると同時に退職しました。

 

それ以降は旦那の給料だけで生活してきています。

 

はじめの頃は私が働いて得たお金もあったため何とかやってこられたのですが、子供の成長とともにそれも厳しくなってきました。旦那に相談しても理解が得られず生活費を増やしてもらうこともできないため、仕方なくお金を借りることにしたのです。

 

私の両親や友人には恥ずかしくて相談できることではないので、もちろん借りるのは金融会社のキャッシングです。

 

借り入れ自体が初めてなので不安はもちろんありました。

 

ですが、初めのひと月は利息なしで借りられるのが大きな利点となり、ノーローンからの借入れを決断しました。
これで試しにお金を借りてみて、問題があるようなら利用はやめようという予定だったのです。

 

でも、実際に使ってみると勝手がいい借入れということが分かり、今ではキャッシング無しでは生活が回らないくらいです。

 

それに、利用限度額の範囲で何度でも繰り返し借りることができるので、とても役立ってくれています。
契約自体も非常に簡単ですし、お金ってこんな簡単に借りることができるんだとちょっと意外でした。

 

もちろん、これはあくまでも私個人の例です。

 

今は生活を切りつめて余裕があるうちに返済をし、足りない時には借りるという生活をしています。

人気のカードローン

プロミス   30日間の無利息サービス、パートやアルバイトでも利用可(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)
プロミス(※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。)のWEB契約は店舗に足を運ぶ必要はなく、審査に通れば当日にお金を振り込んでくれます(※平日14時までにWEB契約完了が必要)。返済期日を自分で選択することができるので、お給料日にあわせて計画的に返済をすることができ、便利です。申し込みができる年齢は20歳以上69歳以下と幅広く、主婦、学生、パート、アルバイトであっても安定した収入があれば申し込みをすることができます。担保や保証人も不要なので、家族や友達に頼らず、自分のペースで利用することができます。プロミス(※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。)の提携チャンネルネットワークは広いので、全国各地のATMで利用が可能です。

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

4.5%~17.8% 500万円 最短30分

 

モビット   安心・安全の三井住友銀行グループのモビットで、超スピード融資
三井住友銀行グループのモビットは、最小限の入力項目にて事前審査が10秒で終わるという特徴を持つカードローンを取り扱っています。借入限度額は最大800万円で、借入年利は3.0%から18.0%です。さらに特徴的なのは、このモビットは自宅で誰とも会うことが無く借り入れ申し込みから実際の融資までを受けることが出来る点です。どうしても各種本人確認書類の郵送などでは自宅のみならず勤務先などでも応対する必要があるのですが、このモビットの「WEB完結申込」を利用すれば全てメールの応対のみで完結させることが可能になっています。

※「WEB完結申込」を行うには、銀行口座や保険証の種類に条件がございます。
※入力内容に不備等がある場合、ご本人様へ電話連絡が入ることもございます。
※「主婦」の場合は「安定した収入がある方」が対象となります。

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

3.0%~18.0% 800万円 10秒簡易審査

 

スルガ銀行カードローン   WEBで手続き完結、即日振込融資も可能
スルガ銀行カードローンはVISA機能や団体生命保険が付けられるなど 他の銀行カードローンではあまり見られない特徴があります。 お借入・ご返済も日本全国のコンビニの提携ATMやゆうちょ銀行のATMでご利用可能です。 限度額は最高800万までで、申込み金額が500万円までは収入証明書の提出も不要です。 消費者信用団体生命保険に加入すると、万一の時に保険でローンを全額返済することもできます。(加入は任意)

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

3.9%~14.9% 800万円 最短1分

 

オリックス銀行カードローン  原則300万円まで収入証明書不要・最短即日審査可能など魅力的なサービスが多数。
オリックス銀行カードローンの特徴のひとつに、希望限度額が300万円までなら原則収入証明不要です。また全国のコンビニの提携ATMや提携金融機関のATMの返済・借入の利用手数料が無料です。さらに、銀行のカードローンにありがちな口座の開設も必須ではありません。 口座を開設していなければ融資不可、といった条件もありませんので、誰でも申込むことができます。
※主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

1.7%~17.8% 最高800万円 最短即日

お金をキャッシングで借りるにあたって

低金利のローン会社

日々の生活費のためにローンを借りるという状況は、高級品や嗜好品を買うためや
海外旅行等に行くためにローンを借りる場合と異なり、かなりお金に困っている状況といえます。

 

借入れを続けていけば、借入れに借り入れを重ねる自転車操業ともなりかねません。

 

日々の生活が成り立たなくなってしまわないためにも、なるべく金利を抑えて、返済負担を軽減できるローン会社がおすすめです。

 

1,000円単位で借りられるローン会社

カードローンによる借り入れはATMを使って行います。

 

そのため、小銭による貸付というのが機械のシステム上扱えず、1,000円単位もしくは10,000円単位での借入となっています。
この点、生活費の借入れであれば、常に10,000円単位で必要なケースは少ないと言えます。

 

特に節約しながら少しずつ借りたいケースが多いといえ、数千円単位での借り入れが多くなるでしょう。

 

この千円単位の資金ニーズに対して、10,000円単位でしか借り入れができないとなると、
必要額を超える部分については余計な利息を払うことになりかねません。

 

そのため、できるだけ1,000円単位で借り入れが可能なローン会社を選ぶことが賢明です。

 

振込みキャッシングが利用できるローン会社

生活費を借りたいというニーズがある場合、たとえば光熱費や電話料など公共料金の支払いや、
現金がないために後払いで利用したクレジットカードの代金の支払いにも困っているケースが考えられます。

 

これらの代金を支払うためにカードローンを借りたい場合、振込みキャッシングが利用できるローン会社であると便利です。

 

クレジットカードは当然として、公共料金や保険料の支払も多くの方が銀行引き落としを利用しているはずです。
もし生活費に困り、銀行口座の残高も十分にない状況であると引き落としができなくなります。

 

クレジットカードがその時点で使用できなくなり、携帯電話等も止められる可能性があります。

 

光熱費等の支払には督促状が届き、支払いを怠っていると電気やガスも止められる虞があります。

 

この場合に、ATMを使ってローンカードで借り、
それをキャッシュカードで銀行口座に入金するという方法もありますが、やや手間がかかります。

 

ですが、振込みキャッシングなら借りたお金を直接銀行口座に振り込めるため、手間がかかりません。

 

一部の銀行で実施している24時間いつでも振込み可能なサービスが利用できれば、残高不足に気づくのがギリギリになっても対応が可能です。

給料日までお金がない場合

給料日まで手持ちのお金がないし、貯金もなくて困っているときはカードローンが役立ってくれます。

 

カードローンは即日融資可能なローンで、少額融資ならすぐに借りられるというメリットがあります。
数万円~10万円くらいなら、申し込んで1時間もしないうちに借りられることもあるのです。

 

現在において、これほど融資がスピーディーなローンはほかにありません。

 

緊急を要するときは、目的ローンでは時間がかかりすぎます。
車検費用を用意したいときに自動車ローンの申し込みをしても、数週間かかることはめずらしくありません。

 

即座にお金を用意する方法としては、カードローンが最適なのです。

 

カードローンの利息は日数で発生しますので、借りた時点で年利がつくなんてことはありません。
年利18.0%の会社で10万円を借りたら、数日後に返済しても11万8,000円の返済をしないとダメだと考えている人は多いですが、

 

日割りなので数日の借入れだとほとんど利息はつきません。

 

自分の口座の出金手数料のほうが大きくなるくらいです。
年利は365日借りた場合の金利のことであり、3日しか借りなければ利息は3日分だけでいいのです。

 

給料日まで待てないときは、即日対応しているカードローンに申し込みましょう。

 

生活費全般に使えるので便利

カードローンは生活費全般に使えるので、いざというとき重宝してくれます。

 

例えば、子どもが発熱したので病院に連れていきたい、風邪で会社を1週間休んだので今月は給料が少ない、
予想外の出費があって給料日までお金を借りたい、といった状況で役立つでしょう。

 

生活費と聞くと、用途をかなり制限されそうなイメージがありますが、
私たちが日常的にお金を使うときは、すべて生活費に含まれているはずです。

 

旅行、ドライブ、遊びなども生活費の一部に含まれるのです。

 

生活費を借りるときの注意点は、不足分だけの借入れにすることです。
3万円不足しているなら、借入額は3万円にとどめておき、くれぐれも5万円借りたりすることがないようにしてください。

 

借りれば借りるほど、元金・利息は増えるので返済は大変となります。

 

無理せず返済することも考慮して、借入額を決めると失敗がありません。
金利は低いほどいいですが、10万円程度の利用額ですむならばそれほどこだわる必要はないでしょう。

 

5万円を2週間借りるという状況では、金利の数%は微々たるものです。

生活費を借りる、その借入先

生活費が足りないときに役立つカードローン

生活費が不足しているときは、即日融資のカードローンが役立ちます。

 

消費者金融、信販会社は、即日融資に対応してくれます。

 

クレジットカード会社でもカードローンを用意していますが、
クレジットカードの付帯機能となっているため、クレジットカード解約をしないと利用できません。

 

カード発行には3日以上かかることが多いので、即日融資を希望する方には消費者金融や信販会社がおすすめです。

 

今最も人気の高い会社は、銀行系の消費者金融です。

 

大手銀行がバックアップしている会社であり、低金利・高サポートが売りになっています。
銀行ほど審査が厳格ではなく、消費者金融と同じ感覚で借入れできます。

 

即日融資をしてくれる業者も多いので、今すぐにお金が必要なときに重宝するはずです。

 

生活費を上手に借りるには

カードローンの利用目的の第一位は生活費となっています。

 

一時的な収入減や出費により、生活費が足りなくなることは、ほとんどの方が体験しているのです。
生活費を上手に借りるコツは、30万円以下の範囲内で借りることです。

 

カードローンの審査というのは、30万円を超えると少し厳しくなります。

 

30万円と50万円では、審査通過率は間違いなく30万円のほうが高いので、
急遽お金を用意するような場面では30万円以下の希望額をおすすめします。

 

生活費の補填では、高額融資を受けることよりも、とりあえず借りることが大切なのです。

 

高額を希望して借りることができれば問題ありませんが、審査に落ちればまったく意味がありません。
10万円の利用枠だけでも確保できれば、いざというときに非常に役立ちます。

 

生活費が数十万円も不足するような状況は少なく、ほとんどの方は10万円以下の借入れで事足りるのです。

 

借りる前に節約できないか検討

節約して希望額を圧縮できれば、審査に通過しやすいだけでなく、返済も楽になります。

 

返済が厳しくなると、収入の多くが返済金でなくなってしまいます。
無理なく返済するためには、毎月の余剰金の範囲で返済計画を立てる必要があるのです。

 

例えば、100万円を借りてから返済方法を考えるのではなく、
80万円まで返済できるので80万円まで借りよう、という発想で利用したほうが失敗しません。

 

借入額を少なくしておけば、返済するときになってよかったと思えるものです。

 

それとは逆に、安易に高額融資を受けてしまうと、返済するときになって大変になります。
即日融資を受けるためにも、無理な返済計画は立てないようにしましょう。