金利をしっかり把握することはとても重要です。

お金を借りるなら、当然ながら金利が低いほど助かります

 

利息の負担額が軽減できますし、長く借りても毎月の返済額を抑えることができるからです。
もっともどのようにしたら金利が低いキャッシングを見つけることができるか、気になるところですね。

 

それぞれの金融機関や貸金業者で金利の設定が違いますから、比較検討する必要があります。

 

ですが、比較検討するのはなかなか大変なものです。私もネットで調べてみて驚きました。
よく名の知れたキャッシング業者だけでも複数あるのに、それ以外の業者も含めれば全国に無数にあったのです。

 

また、今の時代は来店せずとも、インターネットや電話で借り入れが可能な業者もたくさんあります。

 

ですから、全国にある大手、中小規模の業者もすべてが比較対象に挙がっていいはずです。
では、どうしたらスムーズに比較検討できるかといえば、ぜひこちらのサイトを利用してください。

 

自分で時間をかけて探さなくても一目で業者の比較ができ、どこの会社が低金利なのか相場も見えてくるでしょう。
一般的には資金力旺盛な銀行系が低く、それに大手の貸金業者が続きます。

 

銀行でも都市銀行、地方銀行で違いが見られます。

 

審査によって適用金利が決められるケースも多いため、貸付条件をしっかり確認してください。
また、審査がスムーズに通りそうなところを見つけ出すことも大切です。

 

さらに、実際に借りた方の口コミもチェックできるので、スムーズに借りられるのかも知られるのがいいですね。

 

キャッシング業者の数はとても多いため、インターネットの普及した時代にあってはこのように情報収集と分析が不可欠です。
1つの情報源に限らず、複数を比較し、かつ気になったキャッシング業者については、実際に業者のホームページで詳しく確認するのがおすすめです。

人気の低金利キャッシング

プロミス   30日間の無利息サービス、パートやアルバイトでも利用可(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)
プロミス(※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。)のWEB契約は店舗に足を運ぶ必要はなく、審査に通れば当日にお金を振り込んでくれます(※平日14時までにWEB契約完了が必要)。返済期日を自分で選択することができるので、お給料日にあわせて計画的に返済をすることができ、便利です。申し込みができる年齢は20歳以上69歳以下と幅広く、主婦、学生、パート、アルバイトであっても安定した収入があれば申し込みをすることができます。担保や保証人も不要なので、家族や友達に頼らず、自分のペースで利用することができます。プロミス(※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。)の提携チャンネルネットワークは広いので、全国各地のATMで利用が可能です。

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

4.5%~17.8% 500万円 最短30分

 

モビット   安心・安全の三井住友銀行グループのモビットで、超スピード融資
三井住友銀行グループのモビットは、最小限の入力項目にて事前審査が10秒で終わるという特徴を持つカードローンを取り扱っています。借入限度額は最大800万円で、借入年利は3.0%から18.0%です。さらに特徴的なのは、このモビットは自宅で誰とも会うことが無く借り入れ申し込みから実際の融資までを受けることが出来る点です。どうしても各種本人確認書類の郵送などでは自宅のみならず勤務先などでも応対する必要があるのですが、このモビットの「WEB完結申込」を利用すれば全てメールの応対のみで完結させることが可能になっています。

※「WEB完結申込」を行うには、銀行口座や保険証の種類に条件がございます。
※入力内容に不備等がある場合、ご本人様へ電話連絡が入ることもございます。

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

3.0%~18.0% 800万円 10秒簡易審査

 

スルガ銀行カードローン   WEBで手続き完結、即日振込融資も可能
スルガ銀行カードローンはVISA機能や団体生命保険が付けられるなど 他の銀行カードローンではあまり見られない特徴があります。 お借入・ご返済も日本全国のコンビニの提携ATMやゆうちょ銀行のATMでご利用可能です。 限度額は最高800万までで、申込み金額が500万円までは収入証明書の提出も不要です。 消費者信用団体生命保険に加入すると、万一の時に保険でローンを全額返済することもできます。(加入は任意)

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

3.9%~14.9% 800万円 最短1分

 

オリックス銀行カードローン  最短即日審査可能など魅力的なサービスが多数。
オリックス銀行カードローンは、全国のコンビニの提携ATMや提携金融機関のATMの返済・借入の利用手数料が無料です。さらに、銀行のカードローンにありがちな口座の開設も必須ではありません。 口座を開設していなければ融資不可、といった条件もありませんので、誰でも申込むことができます。
※主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

1.7%~17.8% 最高800万円 最短即日

金利について学ぶ

金利の影響

金利とは、お金を借りる時の貸付手数料を決める割合です。

 

貸付手数料は一般的に利息と呼ばれており、
金利の1年間の利率から元金残高と借入れ日数に応じて利息が割り出されます。

 

消費者は利息を支払うことでお金を借りることができ、金融会社は利息を得ることで利益に繋げています。

 

金利は利息負担の大きさに関わるため、お金を借りる際は誰もが低金利融資を期待するでしょう。

 

しかし自分が希望すれば低金利融資が受けられるというわけではないので、
人によっては高めの金利で契約してしまう可能性も避けられません。

 

ただ、単純に考えれば、低金利=利息負担が少ない、高金利=利息負担が大きいとなるのですが、

 

上記でも述べたように元金残高と借入日数に応じるため、厳密に言えば金利がそのまま利息の負担に繋がるわけではありません。

 

そのため、返済方法によっては低金利で融資を受ける方よりも、
高金利で融資を受けたの方が最終的な利息の負担が少なかったというケースも存在するのです。

 

賢い返済方法

例題で比較してみましょう。

 

借入れ5万円・年利18%・借入日数30日で一括返済とすると、利息は739円になります。
借入れ5万円・年利20%・借入日数10日で一括返済とすると、利息は273円になります。

 

すると高い金利で貸付を受けている後者のケースの方が、前者よりも466円も利息が安くなっています。

 

つまり、カードローンの利息は日割りで計算されているので、
金利が高くても返済期間が短ければ、その分利息の負担が減らせるわけです。

 

金額によっては早期返済をしていくのは難しい場合もありますが、
お金に余裕があるときにまとめて返済するだけでも利息負担は大分軽減されるでしょう。

 

また、低金利だからと思って長期返済をしていれば、結果として利息負担は大きくなってしまうので注意が必要です。

 

金利で金融会社を選ぶ

金利は利息制限法に基づきますが、その範囲で各社で異なる金利を提示しています。

 

一般的には銀行カードローンの金利が低く、消費者金融カードローンの金利が高く設定されていると言われているので、
低金利融資を期待するのなら銀行カードローンがお勧めされるでしょう。

 

ただし、金利が低いということは審査基準もそれだけ厳しくなっているということです。

 

審査に通過できないことにはカードローンは利用できませんので、
自分の条件で審査に通過できそうな会社の中での低金利融資を期待しましょう。

金利以外のキャッシングのメリット

キャッシングのメリットは金利以外にもある

最近のキャッシングは低金利化しており、以前よりもずっと借りやすくなっています。

 

昔の超高金利に慣れている方が今のカードローンを利用しようとすると、金利の低さにおどろかれます。
1%、2%といった些細な違いではなく、10%程度も低金利になっているのです。

 

これは返済を開始すると同時にメリットと感じられるでしょう。

 

金利以外のメリットには、コンビニATMの提携が増えていることがあります。
昔は窓口まで出向いて返済する方法が主流でした。

 

その後、貸金業者の専用ATMが誕生しましたが、ATMのある店舗に入店するところを誰かに見られるかもしれないという不安がありました。

 

ローン専用の店舗に入店すれば、ローンの利用以外の目的はありませんので、確実にバレてしまうわけです。
現在のキャッシングやカードローンは、コンビニ提携しているATMが使えるのです。

 

それにより、周りにローンの利用を怪しまれることなく利用できるようになりました。
コンビニ提携している金融機関は数多いため、どんな目的で利用しているのか周囲には知られません。

 

総量規制はメリットかデメリットか?

融資の最高額を年収の3分の1までとするのが総量規制です。

 

総量規制には賛否両論がありますが、借りすぎを防止できるメリットは大きいです。
借りたいのに借りられないという方は、すでに返済ギリギリの状況になっている可能性が大きいのです。

 

このような状況で借りてしまえば、返済できなくなって当たり前でしょう。

 

総量規制による制限は、返済不能を防止するために役立つのです。
融資額が少なくなれば、それだけ利息も減るわけです。

 

100万円借りれば100万円に対して利息がつきますが、30万円なら利息は3分の1以下となります。

 

たくさん借りることは利息を増やすので、利息を減らしたいなら借りる金額を減らせばいいのです。
総量規制は借入件数を抑えるためにも役立っています。

 

現在のキャッシングやカードローンは、最大で3件くらいまでしか借りられません。

 

4件以上から借りたい方にはデメリットに感じるかもしれませんが、これも多重債務を防ぐために役立つのです。
1社目で総量規制の限界まで借りてしまえば、2社目に申し込んでも借りることはできません。

 

以前は簡単に借りられたので、借入件数もどんどん増えていき、返済できなくなる人が急増しました。

 

総量規制によるメリットは、デメリットよりもずっと大きなものです。

低金利で人気のローン会社まとめ

メガバンク

低金利で人気のローン会社をまとめた場合に、まず筆頭に挙がってくるのが、メガバンクのカードローンです。

 

世界を股にかける日本有数の資金力を有しており、低金利での貸付が可能となっています。

 

豊富な資金力ゆえの規模の利益と、長い歴史の中で培ってきた審査能力により返済能力を見極め、
返済能力の高い人にはより優遇された低金利を適用してくれます。

 

都市銀行

メガバンクとほぼ重複しますが、都市銀行は全国展開により、個人はもちろん法人の預金の預入高が多いです。

 

国債の運用等、資産運用のプロとして、豊富な資金源と銀行ならではの低金利で貸し付けを行っています。

 

都市銀行は創業100年など歴史が古いところが多く、
これまでの融資審査における実績や経験が活かせるのも、低金利を設定できる1つの理由です。

 

信販会社

信販会社はクレジットカードやショッピングローン、マイカー購入時の立て替えローンや
資格スクールの教育ローン、リース業など多彩な金融事業を行う会社です。

 

カードローンもその一環として行っていますが、他の事業でも利息等の収益が上がるため、
比較的低い金利でのカードローンが提供されています。

 

特徴としては、金利の幅が大きいことが挙げられます。

 

誰しも魅力を感じる低金利から、利息制限法の上限金利に近い金利まで幅が持たせてあり、
実際にどの金利が適用されるかは、審査によって決定されます。

 

そのため、自分が期待する低金利が受けられるかは不確実であるものの、返済能力が高い方にとっては人気のローン会社です。

 

地方銀行や信用金庫

都市銀行ほどの金利水準は望めませんが、やはり銀行ならではの資金力で金利水準が低いのが地方銀行や信用金庫です。

 

ただし、地方銀行はその銀行ごとに規模や資金力、財務力に差があるため、
お住まいの地域の銀行のレベルを確認する必要があります。

 

なお、地方銀行や信用金庫は基本的に地域密着型ですので、近くに支店がないケースや
一定のエリアに在住・在勤していないと借りられないケースもあるので注意が必要です。

 

消費者金融

消費者金融の場合、大手銀行に比べると金利水準は高いイメージがあります。

 

もっとも、利息制限法の規定により、利用額が高くなるほど、上限金利は低くしなければなりません。

 

銀行カードローンに比べて消費者金融は小口融資を基本とするため、
単に金利だけで比べることなく、利用額や無利息サービスも含めて判断する必要があります。

 

多くの消費者金融で、銀行では行っていない一定期間無利息サービスを行っているため、
これを利用することで実質的な低金利が得られると人気です。