主婦でパート収入しかない私でも借入可能でした。

銀行系のカードローンは、審査が厳しい、敷居が高いと思われていませんか?

私も長くそう思っていました。

 

特に私の場合、まったく収入がない専業主婦の時期があり、
今もパート収入しかないので借り入れは困難と思っていました。

 

ですが、銀行系のカードローンは、貸金業者のカードローンより、
実は収入が少ない人や専業主婦にも優しいことを知ったのです。

 

それは、貸金業法による総量規制が適用されるかどうかで、大きく審査基準が異なるためです。
総量規制というのは年収の3分の1を超える借入はできないとする、多重債務防止のためのルールです。

 

これによれば、無収入の専業主婦は借り入れができないことになります。
パートのように収入が少ない場合は、借入金額が極めて少なくなります。

 

既に借りている金額がある場合も、収入金額によっては、新規の借り入れが難しくなります。
もっともこれが適用されるのは貸金業者のみなので、銀行系のカードローンはこの制約はありません

 

独自の審査基準で借り入れが可能なのです。

 

たとえば、無収入の専業主婦であっても、10万円まで借入れ可能であったり、
中には50万円まで収入証明書等の提出不要で借りられるケースがあります。

 

また、配偶者の同意と配偶者の収入をもとに借り入れできるところもあるのです。

 

もちろん、銀行系のカードローンの審査基準が甘いというわけではありませんが手続き的に簡便になるケースがあるのです。

 

銀行口座を持っていると200万円までは本人確認書類の提示も不要とか、
300万円までは収入証明書の提出不要など、と言ったケースです。

 

また、銀行口座を保有して既に本人確認ができている場合、勤務先への電話による本人確認等も省略してもらえます。

 

このように銀行振り込みによる即日融資ができることもあるため、
面倒な手続きを省いてスピーディーな融資を受けたい場合には便利です。

人気の銀行系カードローン

スルガ銀行カードローン   WEBで手続き完結、即日振込融資も可能
スルガ銀行カードローンはVISA機能や団体生命保険が付けられるなど 他の銀行カードローンではあまり見られない特徴があります。 お借入・ご返済も日本全国のコンビニの提携ATMやゆうちょ銀行のATMでご利用可能です。 限度額は最高800万までで、申込み金額が500万円までは収入証明書の提出も不要です。 消費者信用団体生命保険に加入すると、万一の時に保険でローンを全額返済することもできます。(加入は任意)

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

3.9%~14.9% 800万円 最短1分

 

プロミス   30日間の無利息サービス、パートやアルバイトでも利用可(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)
プロミス(※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。)のWEB契約は店舗に足を運ぶ必要はなく、審査に通れば当日にお金を振り込んでくれます(※平日14時までにWEB契約完了が必要)。返済期日を自分で選択することができるので、お給料日にあわせて計画的に返済をすることができ、便利です。申し込みができる年齢は20歳以上69歳以下と幅広く、主婦、学生、パート、アルバイトであっても安定した収入があれば申し込みをすることができます。担保や保証人も不要なので、家族や友達に頼らず、自分のペースで利用することができます。プロミス(※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。)の提携チャンネルネットワークは広いので、全国各地のATMで利用が可能です。

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

4.5%~17.8% 500万円 最短30分

 

モビット   安心・安全の三井住友銀行グループのモビットで、超スピード融資
三井住友銀行グループのモビットは、最小限の入力項目にて事前審査が10秒で終わるという特徴を持つカードローンを取り扱っています。借入限度額は最大800万円で、借入年利は3.0%から18.0%です。さらに特徴的なのは、このモビットは自宅で誰とも会うことが無く借り入れ申し込みから実際の融資までを受けることが出来る点です。どうしても各種本人確認書類の郵送などでは自宅のみならず勤務先などでも応対する必要があるのですが、このモビットの「WEB完結申込」を利用すれば全てメールの応対のみで完結させることが可能になっています。

※「WEB完結申込」を行うには、銀行口座や保険証の種類に条件がございます。
※入力内容に不備等がある場合、ご本人様へ電話連絡が入ることもございます。

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

3.0%~18.0% 800万円 10秒簡易審査

銀行系ローンの審査について

総量規制は適用されない

銀行系カードローンでは、貸金業者と異なり総量規制は適用されません。

 

つまり、年収の3分の1を超える貸し付けも可能です。
いくらまで借りられるかは、銀行ごとに定めている審査基準によります。

 

信用情報の確認

貸金業者では総量規制をオーバーしないか確認するために、
信用情報登録機関で申込者の他社での借り入れ状況をチェックしています。

 

銀行でもやはり、信用情報登録機関を使った借り入れ状況の照会は行われています。

 

いかに総量規制が適用されないといっても、その人の収入に対して過度な借入れをしていないかのチェックがあります。
そして、過去に債務整理や債権者とのトラブルを起こしていないかなどが、確認されています。

 

銀行では優良な申込者ほど審査に有利なため、こうした信用情報は審査の大きな要素となります。

 

収入や雇用形態、勤務先重視

銀行での審査で特に重視される代表的なポイントとして、収入、雇用形態と勤務先が挙げられます。

 

もちろん、その他の要素も総合的に判断されますが、特にこれらの要素が影響しやすいのです。
収入は高いほど望ましく、銀行によっては一定額以上の年収を貸付条件に定めているところもあります。

 

もっとも、年収は高ければいいのではなく、事業所得や営業職のような変動しやすいものではなく、
安定的であることが求められます。

 

また、その支払先である勤務先も安定性や成長性が重視されます。

 

そのため、大手企業や上場企業に勤める正社員で収入の変動が少ない職種であり、年齢に応じた平均年収を超えているケースなどでは、ゆとりある利用限度額や有利な利率が適用される可能性が高まります。

 

住宅ローンは有利にも不利にも働く

カードローンの審査では、住まいの形態と住宅ローンの有無が確認されます。

 

この点、もっとも有利なのは、持ち家で住宅ローンなしです。

 

固定資産税などの費用の支払以外、毎月かかる家賃もないので、
収入の使いみちにゆとりがあり、返済能力が高いと判断できるためです。

 

また、万が一、返済不能となった場合には住宅に強制執行をかけることも可能です。

 

これに対して、住宅ローンの返済をしている場合、
毎月の収入のかなりの部分を占める方が多く、返済能力は一般的に低いとみなされます。

 

ただし、銀行によっては同じ銀行で住宅ローンを借りている場合には、
金利が優遇されるなどメリットを受けられるケースも少なくありません。

 

そのため、住宅ローンはカードローンの審査では有利にも不利にも働く項目となっています。

収入証明書は必要ですか?

収入証明とは

収入証明とは、源泉徴収票、確定申告書、給与明細2か月分・
賞与明細書1年分、市民税・県民税決定通知書、課税証明書・通知書、

 

所得証明書・通知書などの収入を証明できる書類を提出することにより、
実際にそれだけの収入を受けているということを証明することです。

 

貸付は返済を前提にした融資が行われます。
お金を返してもらえないことには利益が上がらないどころか赤字になってしまうため、返済能力がない方に融資はできません。

 

その返済能力に確認のために、収入証明が必要になるケースがあるのです。

 

銀行カードローンは原則不要

収入証明は、消費者金融などの貸金業者から融資を受ける方に対して義務化されています。

 

1社からの借入れが50万円を超える場合、
及び全社からの借入れが総額で100万円を超える場合に提出が求められます。

 

2010年より貸金業者の貸付規制が強化され、無理ない貸付を防ぐためにこのようなシステムが設けられるようになりました。

 

では、銀行カードローンも収入証明が必要なのでしょうか。
カードローン自体は消費者金融の提供するカードローンと同じものですが、銀行は貸金業者ではなく金融機関です。

 

よって、銀行カードローンを契約する際は原則として収入証明は必要ないとしています。

 

ただし、貸金業者のような法的な規定はないものの各銀行の規約により、
一定金額の借入れを行う方に対しては収入証明が求められることがあります。

 

銀行によって50万円以上、100万円以上、200万円以上と異なるので、事前に確認をした上で申込みを行いましょう。

 

一般的には借入額200万円以上・300万円以上を希望する方に収入証明を求めておりますので、
大半の方には収入証明は必要ないと思っておいて問題はありません。

 

収入証明書の入手方法

源泉徴収票は勤務先の会社、給与明細は自分で持っているもの、他の書類は管轄の役所にて発行してもらうことが可能です。

 

いずれも最新の書類を用意する必要があります。
もちろん原本ではなく、コピーを用意してください。

 

提出方法は各社で変わりますが、主にスマホのアプリ、FAX、郵送などに対応しています。

 

早く融資を受けたい方はスマホまたはFAXを利用しましょう。

 

カードローンを利用したいあまり、申込み時に実際の収入より多く記入する方もいますが、
収入証明書の提出を求められればバレてしまうことですので、

 

申込み時に嘘をつくのはやめましょう。

保証人不要の銀行系カードローン

カードローンに保証人がいらないのはなぜ

カードローンは保証人のいらないローンです。

 

保証人を設定する場合、審査に時間を要してしまうので、すぐに借りられないというデメリットがあるのです。
カードローンが必要になる場面の多くは、すぐに現金が必要なときでしょう。

 

保証人が不要なローンでなければ、スピーディーな融資は可能とはなりません。

 

また、借入れできる金額が少ないのも、保証人がいらない理由のひとつです。
最近では最高800万円といった高額融資商品も見かけますが、満額まで借りられるのはお金持ちだけです。

 

一般的には1社あたり最高100万円程度となるため、それほど大きな借入額にはなりません。

 

保証人とは利用者が返済できないための担保のようなものなのです。
カードローンは保証人・担保がともに不要なので、スピーディーな融資が可能となるのです。

 

即日審査・融資は当たり前であり、その日のうちに現金を用意しないと困る、
電話料金の支払い分が不足しているので用意したい、といった場面で重宝してくれます。

 

例えば、車検費用をすぐに用意しないといけない場合、自動車ローンに申し込んでも間に合いません。

 

審査に10日以上かかることが多いので、即日融資を受けるには向いていないのです。
お金は紛失・盗難に遭うリスクもあり、年収が多くても借りなければいけない場面はあります。

 

そんなときは、保証人不要でスピード融資が可能となる銀行系カードローンがおすすめです。

 

銀行系カードローンの審査基準とは

銀行系は審査基準が厳格な印象があるかもしれませんが、その内容は消費者金融とほとんど変わりません。

 

以前は審査が厳しいと言われていましたが、顧客獲得のためにハードルを下げており、
今は通常の消費者金融となんら変わりません。

 

主な審査基準となるのは年収、他社借入れとなります。

 

カードローンの審査を受けるとき、たくさんの項目が用意されていますが、
本当に重視されるポイントは年収と他社からの借入額と件数なのです。

 

この2ポイントをクリアしていれば、審査に通過する確率は高いのです。

 

年収は100万円あれば借りられると言われていますが、業者によって基準は異なるので、
安全ラインは年収200万円以上と考えておくといいでしょう。

 

パート・アルバイトの方も借りられるローンは、もっと少ない年収でも対応していますので、
年収100万円~150万円くらいの方でも審査を受けてみる価値はあります。