主婦でパート勤務の私でも借りれました。

女性がお金を借りるというのは、けっこう大変なことです。

 

パート勤務など男性に比べて収入が少ないことも多く、
審査に通るか不安な方も多いことでしょう。私もそうでした。

 

私の場合は子育て中で週に数回、数時間程度のパート勤務であり、
配偶者控除を受けたい関係から、年収は103万円未満にとどめていました。

 

子供が学校に入り、ママ友の付き合いなどでブランド品のバックがほしくなり、
自分で自由に使えるお金を用立てたいと思い、カードローンを検討したのです。

 

パートやアルバイトなど収入が少ない場合、消費者金融などの貸金業者が気軽と思われがちですが、
実は一見、審査が厳しそうな銀行系のカードローンが便利です。

 

貸金業法による年収の3分の1までしか借りられないという、総量規制が適用されないためです。

 

また、銀行系の中には全く収入がない専業主婦でも貸してくれるところがあります。
ただし、貸し付け条件や上限額はそれぞれ異なりますので、よく比較する必要があります。

 

たとえば、専業主婦が借りる場合には配偶者の同意が必要なところがある一方、自分だけで申し込めるところもあります。

 

配偶者に知られたくない場合には、後者のほうがおすすめです。

 

また、貸付金額も10万円まで30万円まで、50万円までと違いがあるので、いくら必要かにもより選ぶことができます。

人気の銀行系カードローン

オリックス銀行カードローン  原則300万円まで収入証明書不要・最短即日審査可能など魅力的なサービスが多数。
オリックス銀行カードローンの特徴のひとつに、希望限度額が300万円までなら原則収入証明不要です。また全国のコンビニの提携ATMや提携金融機関のATMの返済・借入の利用手数料が無料です。さらに、銀行のカードローンにありがちな口座の開設も必須ではありません。 口座を開設していなければ融資不可、といった条件もありませんので、誰でも申込むことができます。
※主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

1.7%~17.8% 最高800万円 最短即日

 

スルガ銀行カードローン   WEBで手続き完結、即日振込融資も可能
スルガ銀行カードローンはVISA機能や団体生命保険が付けられるなど 他の銀行カードローンではあまり見られない特徴があります。 お借入・ご返済も日本全国のコンビニの提携ATMやゆうちょ銀行のATMでご利用可能です。 限度額は最高800万までで、申込み金額が500万円までは収入証明書の提出も不要です。 消費者信用団体生命保険に加入すると、万一の時に保険でローンを全額返済することもできます。(加入は任意)

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

3.9%~14.9% 800万円 最短1分

 

プロミス   30日間の無利息サービス、パートやアルバイトでも利用可(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)
プロミス(※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。)のWEB契約は店舗に足を運ぶ必要はなく、審査に通れば当日にお金を振り込んでくれます(※平日14時までにWEB契約完了が必要)。返済期日を自分で選択することができるので、お給料日にあわせて計画的に返済をすることができ、便利です。申し込みができる年齢は20歳以上69歳以下と幅広く、主婦、学生、パート、アルバイトであっても安定した収入があれば申し込みをすることができます。担保や保証人も不要なので、家族や友達に頼らず、自分のペースで利用することができます。プロミス(※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。)の提携チャンネルネットワークは広いので、全国各地のATMで利用が可能です。

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

4.5%~17.8% 500万円 最短30分

 

モビット   安心・安全の三井住友銀行グループのモビットで、超スピード融資
三井住友銀行グループのモビットは、最小限の入力項目にて事前審査が10秒で終わるという特徴を持つカードローンを取り扱っています。借入限度額は最大800万円で、借入年利は3.0%から18.0%です。さらに特徴的なのは、このモビットは自宅で誰とも会うことが無く借り入れ申し込みから実際の融資までを受けることが出来る点です。どうしても各種本人確認書類の郵送などでは自宅のみならず勤務先などでも応対する必要があるのですが、このモビットの「WEB完結申込」を利用すれば全てメールの応対のみで完結させることが可能になっています。

※「WEB完結申込」を行うには、銀行口座や保険証の種類に条件がございます。
※入力内容に不備等がある場合、ご本人様へ電話連絡が入ることもございます。

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

3.0%~18.0% 800万円 10秒簡易審査

銀行系カードローンの選び方

ゆとりの限度額で選ぶ

銀行系カードローンを選ぶ際は、自分のニーズに合っているかをよく検討し、
より希望に添うカードを選ぶと使い勝手がよくなります。

 

銀行系カードローンの大きなメリットといえば、利用限度額の上限が貸金業者等より高く設定されていることです。

 

もっとも、上限がいくらかは銀行ごとに異なっています。
500万円程度のところから、1,000万円ほどまでありそれぞれ金利水準も異なっています。

 

借入れニーズが旺盛な方はご自身が借りたいと思う、
ゆとりの利用限度額をなるべく低い金利で借りられるところはないか探してみましょう。

 

低金利で選ぶ

銀行系カードローンのもう1つのメリットが、銀行ならではの低金利です。

 

大口融資はもちろん、小口の融資であっても、金利が低いにこしたことはありません。
利息は日々つきますから、特に長期で借りる予定がある方はなるべく低い金利のカードローンを探すのが賢明です。

 

金利優遇で選ぶ

銀行系カードローンの中には、その銀行で別のサービスを利用している場合に、
通常金利より、金利が優遇されるケースがあります。

 

たとえば、住宅ローンを利用していると、0.5%金利が下がるといったケースが見られます。

 

銀行の他の商品やサービスを利用している方は、比較検討する際に、
利用中の銀行カードローンについてもチェックしてみるのをおすすめします。

 

スピードや手続きの簡便さで選ぶ

銀行カードローンの申し込み方法としては、インターネット、銀行のATMコーナーにある
ローン契約機や自動契約機、郵送などの方法が用意されています。

 

申し込みから審査、契約手続きまでを全てインターネットで完結するサービスがあります。

 

そしてインターネットで申し込みはできるものの、契約は郵送というところもあります。
この場合、審査が通っても実際にカードを受け取って借りるまでに時間がかかります。

 

この点、その銀行の口座を保有している場合、普段利用しているオンラインバンキングサービスから、
簡単にカードローンの申し込みができるケースがあります。

 

契約手続きもオンライン上ででき、お手持ちのキャッシュカードにカードローン機能が付与され、直ぐに使えるようになります。

 

直ぐに借りたい方やなるべく手続きは簡単なほうがいいという方は、
口座を保有している銀行カードローンの手続き方法などをチェックしてみましょう。

 

銀行口座をお持ちでなくても、近年は最短30分の審査と
来店不要で即日振込みキャッシングを行う銀行系カードローンも増えています。

 

スピード重視の方は、こうしたカードが合っています。

銀行系カードローンの融資条件

申込み条件は厳しくない

銀行系カードローンの融資条件は20歳~65歳、安定した収入を得ている、保証会社の保証が受けられる人です。

 

各社により若干の違いはあるものの、大よそこのような条件になっています。
本人の責任で貸付を受けさせるため原則として20歳以上の方へ融資します。

 

また、定年退職をして収入が途絶えることを考慮して、上限年齢は65歳が目安となっています。

 

安定した収入に関しては難しいところなのですが、最低でも年収200万円以上が求められるでしょう。
ただし雇用形態は問わないため、アルバイトやパートの方へも融資してくれます。

 

保証会社とは、提携先の消費者金融のことです。

 

銀行系カードローンは、銀行と消費者金融が共同出資で運営しており、
銀行は資金提供をしますが貸金事業に関しては消費者金融が行っています。

 

そのため、カードローン自体は銀行が提供していても、
諸々の手続き処理等を行っているのは消費者金融であり、そこにはもちろん審査も含まれます。

 

つまり、保証会社の保証が受けられる人というのは、提携する消費者金融の審査に通過できる人という意味です。

 

融資条件は各社で変わる

申し込み条件はどの銀行系カードローンもほぼ同じですが、実際の融資条件は各社で変わります。

 

ただ、申し込み条件をクリアしているのなら、後は他社からの借り入れが影響されるくらいでしょう。
もし他の会社から借り入れは一切していないというのなら特に問題はありません。

 

それでも審査に通過できる可能性が100%あるとは言えませんが、
他社から借り入れがある人よりは条件が良くなっています。

 

とはいえ、他社からの借り入れが一様に審査に響くわけではなく、借入件数や借入額が多かったり、
返済の延滞や滞納をしている方は融資条件が厳しくなります。

 

そのため、無理なく利用できている分には審査に大きく影響することはないでしょう。

 

ちなみに、他社からの借入れは個人信用情報機関にて管理されているため、虚偽の情報で申告するのはやめましょう。
嘘だと知られると審査に通過できないのはもちろん、今後の借り入れにも響いてくることになります。

 

銀行というと審査が厳しいことで知られていますが、銀行系のように消費者金融と提携している会社なら、
消費者金融の審査基準も考慮されます

 

なので、比較的緩い条件で審査をしてもらうことができます。

 

そのため大きな問題がない方なら、審査に通過することも難しくはありません。

銀行系カードローンを比較してみよう

利用するカードローンは比較して決める

銀行系カードローンとは銀行の子会社、あるいは銀行と提携関係にある消費者金融が行っている融資サービスとなります。

 

住宅ローンなどと違って担保や保証人が必要ない、審査から融資までの時間が短い、
といったメリットがあり、多くの人に利用されています。

 

実際にカードローンの利用を考えている人も、多いと思います。

 

ですが、カードローンのサービスを行っている金融機関は数多くあり、
どの業者を選んだら良いのか迷ってしまうこともあるでしょう。

 

そのような場合は、いくつかの業者を比較して、自分に合ったサービスを提供している業者を選ぶように心がけましょう。

 

信頼できる業者を選ぶ

業者を比較するポイントの一つは、会社の安全性です。

 

だれでも知っているような大手の業者であればまず問題はありませんが、
名前を聞いたこともないような業者の中には闇金業者も存在します。

 

そのような業者の利用を避けるためにも、信頼できる会社を選ぶことを心がけるようにしましょう。

 

また、財務状況も大切なチェックポイントです。
もしも利用していた業者が倒産しても借金が帳消しになるわけではありません。

 

別の業者に債務が引き継がれ、返済を続けていくことになります。この際に返済方法が変更になります。

 

時には債務の一括返済を求められるなど不利になることもあるので、安全な業者を選ぶようにしましょう。

 

金利の低い業者を選ぶ

金利も大切な比較ポイントです。

 

金利が低ければ支払う利息も少なくなりますから、返済の見通しが立てやすくなります。
金利を比較するときの注意点としては、表示されている金利の最高金利で比較するということです。

 

消費者金融の場合「実質年利5%から18%」という風に、最低金利と最高金利が表示されています。

 

ですがはじめて利用する人の多くは最高金利での融資となるのが一般的です。
ですから、最低金利ではなく最高金利で比較することが大切なのです。

 

借り入れ限度額の比較

人によって希望する借入額には違いがあります。

 

数万円でOKという人もいれば、50万円、100万円といったまとまったお金が必要な人もいます。
もし、ある程度まとまったお金を必要とする場合には、限度額が自分の借りたい金額よりも大きいかどうかを確かめておきましょう。

 

というのも、銀行系カードローンの金利というのは、借入額が大きくなるほど低くなる傾向があるからです。

 

ですから、複数の業者から少しずつお金を借りるより、1社からまとめて借りたほうが返済では有利になるのです。