パート勤務の主婦でも、10万円借りることができました。

子供ができたのを機に、今まで正社員で働いていた仕事を辞めて専業主婦になりました。

 

子供が保育園に行くようになったらパートに出て・・・子供の手が本格的に離れてきたら
正社員として復活しようなんて、計画を立てていたんです。

 

でも、私が仕事を辞めたことで、お金に関してこんなにも悩まされるとは思いませんでした。

 

子供が成長するにつれ、お金もかかるようになり、日常生活の中で
必要なささいなお金が足りないと感じることが多くなってしまったんです。

 

一時期はあと3万円あればな~とか、あと5万円あればな~と毎月思っていました。

 

やり繰りが利かず、実家から支援してもらってもいたんですが、流石にこれ以上頼ることはできないと思いました。
そこで、審査に通過できるかどうかという部分は気になったのですが、カードローンを利用することにしたのです。

 

これまで借り入れをしたことがなかったためか、審査もそれほど厳しいと感じることもなかったです。

 

パートで働く私でも利用限度額10万円のカードローン契約をすることができました。
一般よりも少ない融資額ではありますが、大金を借りたいわけではなかったので、これだけでも生活が大分助かっています。

 

初めてということもあり利用することに不安はありましたが、使いこなせるようになればこんな便利なものはないと思います。

 

ただ、もちろん計画性は大事ですね。

 

毎月の家計簿をきちんとつけていく意識も身に付くし、生活は助かるし、
お金に対する価値観も高まり、今は借りてよかったと思います。

人気のカードローン

オリックス銀行カードローン  原則300万円まで収入証明書不要・最短即日審査可能など魅力的なサービスが多数。
オリックス銀行カードローンの特徴のひとつに、希望限度額が300万円までなら原則収入証明不要です。また全国のコンビニの提携ATMや提携金融機関のATMの返済・借入の利用手数料が無料です。さらに、銀行のカードローンにありがちな口座の開設も必須ではありません。 口座を開設していなければ融資不可、といった条件もありませんので、誰でも申込むことができます。
※主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

1.7%~17.8% 最高800万円 最短即日

 

スルガ銀行カードローン   WEBで手続き完結、即日振込融資も可能
スルガ銀行カードローンはVISA機能や団体生命保険が付けられるなど 他の銀行カードローンではあまり見られない特徴があります。 お借入・ご返済も日本全国のコンビニの提携ATMやゆうちょ銀行のATMでご利用可能です。 限度額は最高800万までで、申込み金額が500万円までは収入証明書の提出も不要です。 消費者信用団体生命保険に加入すると、万一の時に保険でローンを全額返済することもできます。(加入は任意)

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

3.9%~14.9% 800万円 最短1分

 

プロミス   30日間の無利息サービス、パートやアルバイトでも利用可(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)
プロミス(※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。)のWEB契約は店舗に足を運ぶ必要はなく、審査に通れば当日にお金を振り込んでくれます(※平日14時までにWEB契約完了が必要)。返済期日を自分で選択することができるので、お給料日にあわせて計画的に返済をすることができ、便利です。申し込みができる年齢は20歳以上69歳以下と幅広く、主婦、学生、パート、アルバイトであっても安定した収入があれば申し込みをすることができます。担保や保証人も不要なので、家族や友達に頼らず、自分のペースで利用することができます。プロミス(※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。)の提携チャンネルネットワークは広いので、全国各地のATMで利用が可能です。

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

4.5%~17.8% 500万円 最短30分

 

モビット   安心・安全の三井住友銀行グループのモビットで、超スピード融資
三井住友銀行グループのモビットは、最小限の入力項目にて事前審査が10秒で終わるという特徴を持つカードローンを取り扱っています。借入限度額は最大800万円で、借入年利は3.0%から18.0%です。さらに特徴的なのは、このモビットは自宅で誰とも会うことが無く借り入れ申し込みから実際の融資までを受けることが出来る点です。どうしても各種本人確認書類の郵送などでは自宅のみならず勤務先などでも応対する必要があるのですが、このモビットの「WEB完結申込」を利用すれば全てメールの応対のみで完結させることが可能になっています。

※「WEB完結申込」を行うには、銀行口座や保険証の種類に条件がございます。
※入力内容に不備等がある場合、ご本人様へ電話連絡が入ることもございます。

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

3.0%~18.0% 800万円 10秒簡易審査

一番適したローン会社を見つける

10万円を借りるならどの会社がいい?

カードローンの利用枠で一番人気は10万円以下なのです。

 

10万円という借入額は需要が高いのでどの金融機関のカードローンでも対応しています。
信用金庫では10万円コースを用意しているほどです。

 

10万円という少額の借入れでは、審査も厳しくありません。

 

即日や振込融資に対応してくれることが多く、審査に数日を要するケースは少ないです。
しかし、金利に関しては各社によって違うので、たとえ10万円の借入れでもこだわる必要があるでしょう。

 

10万円の借入れの場合、業者の設定する上限金利が適用になる可能性が高いです。

 

3.5%~18.0%という金利の場合、18.0%になる可能性が高いのです。
業者によっては上限金利を20.0%に設定していますが、10万円の借入れでは最高でも18.0%が適用されます。

 

20.0%の金利が許されるのは10万円未満の借入れの場合だけです。

 

将来的に利用枠増額の可能性はあるか?

今は10万円あれば間に合うけど、将来的には100万円まで借りたいという方は大手消費者金融、銀行系業者をおすすめします。

 

数百万円という高額融資に対応しているので、利用枠増額をするときに便利です。
街金は10万円の融資には、問題なく対応してくれます。

 

ですが、限度額は50万円に設定していることが多いため、将来的に増枠する場合でも50万円までしか借りられません。

 

絶対に10万円以上は利用枠を増やさないという方は別ですが、
少しでも増枠の可能性があるならば、大手の業者から借りたほうがいいでしょう。

 

カード返済できるカードローンがおすすめ

ローンは早く返済するほど、利息が少なくなります。

 

利息を減らすためには金利の低さにこだわることも大切ですが、それ以上に早く返済することが重要なのです。
カードローン会社を選ぶときは、返済の利便性の高い会社をおすすめします。

 

返済方法が少ない、または面倒だと、ついつい返済を先延ばししたり、一括返済を敬遠したりするものです。

 

10万円の利用額ですと、1~6回くらいで完済するように計画を立てましょう。
返済回数を少なくすることで一番得をするのは自分なのです。

 

理想的なのは1回払いなので、繰り上げ返済できるローンを選びたいものです。

 

ローン会社によっては、一括返済は窓口に出向かないと行えないところもあります。
カードローンの魅力は、借入れ・返済の自由度が高いことです。

 

カードを使ってATMで一括返済できるローンを選びましょう。

借入の申し込み方法と審査

申し込みの方法

キャッシング会社はいくつもありますが、その中で申し込む会社を絞り込みます。

 

会社が決まったら、早速申し込んでみましょう。
申し込み方法は各社で若干の違いはあるものの、インターネット、無人契約機、店頭窓口、郵送、FAXなどがあります。

 

主流なのはインターネットからの申し込みです。

 

パソコンやスマホを持っており、ネットにアクセスできる環境が整っているのなら誰でも活用できます。
365日、24時間申し込みを行うことができるので時間や場所に制限されません。

 

ネット申し込みを行う際は、キャッシング会社HPの専用ページから申し込みます。

 

氏名、住所、年収、職業などの個人情報を間違いなく記入し、送信するだけです。
すると審査結果がメールで届くので、その結果次第で融資されるかどうかが決まります。

 

審査の方法

審査は申込み内容に沿ってキャッシング会社の方で独自に行われるため、申込者はこれといってすることがありません。

 

最近はコンピューターによる自動審査が主ですので、最短30分で審査結果を出してもらうことができます。

 

審査結果の出し方としては、コンピュータに登録されてある審査基準を申込み者の条件に当てはめて
スコアリングした結果、各社が定める基準をクリアしていればOKとなります。

 

ただし、その審査基準を教えてくれることはないため、
実際に審査に通過できるかどうかは申込みしてみないことには分かりません。

 

しかし審査に用いられる情報は一様で、申込み時に記入した個人情報と、
これまでの借入れ状況に関する信用情報が加味されます。

 

個人情報は、年齢、年収、職業、雇用形態、勤務年数、居住形態などがあり、
もちろん年収が高い方の方や安定した雇用形態で働いてる方の方が有利です。

 

また、勤務年数が長い方、持家、固定電話を引いている方などは条件が良くなります。

 

信用情報は、これまでの借り入れ件数、借入情報、返済情報などがあり、
基本的に滞納などのトラブルを起こしていなければ問題ありません。

 

ただし、借入件数や借入総額が多い方は、若干審査も厳しくなるでしょう。

 

個人情報よりも信用情報の方が重視されます。

 

その為、年収が低くても一切の借り入れがない方と、年収が高いけど
現時点での借り入れ状況が悪い方では後者の方が審査には不利になると言われています。

 

審査が不安な場合は、事前に仮審査を受けるといいでしょう。

 

その結果、本申込みをしてみるか判断することもできます。

カードローンの返済方法を考える

10万円を借りる場合の返済方法

10万円という小さな金額の融資においては、返済回数は多くするのは避けたいものです。

 

1年間では長いので、最長6ヶ月を返済期間の目安にして借りるといいでしょう。
理想的なのは一括返済ですが、10万円となると給料だけでは難しいはずです。

 

ボーナスで繰り上げ返済をする予定があるなら、1年返済に設定しておいてもかまいません。

 

毎月1万円ずつ返済して、ボーナス月に全額返済するという方法がおすすめです。
カードについては発行しておいたほうがいいでしょう。

 

カードローンだと、好きなときに借入・返済ができるので楽です。

 

コンビニATMを使えば、いつでも好きなときに一括返済できるのです。
カードがない場合は、窓口、口座引き落とし、銀行振込などの方法になります。

 

返済方法が面倒になるほど、短期返済は難しくなる傾向がありますので、カード返済できるカードローンがベストなのです。

 

10万円という借入額は、シミュレーションをしなくても返済しやすい金額です。
10万円だけ借りて返済不能になって失敗する人はほとんどいません。

 

無理なく安全に返済していける金額でもあるのです。

 

30万円くらいになると、返済に時間を要するようになり、完済する前に金欠が訪れてしまうケースが多いです。
すると、追加融資を受けることになり、せっかく減った借金がまた増えてしまいます。

 

カードローンを利用するなら、安全な借入額である10万円をおすすめします。

 

10万円を安全に借りるためのコツ

10万円の利用額のローンでは、11万円を借りることはできません。

 

返済額は10万円と利息になるので、パート・アルバイトの方でも無理なく返済できるはずです。
10万円を安全に借りるためには、常に必要額を10万円に抑える工夫をすることです。

 

例えば、急な入用で12万円必要になったとき、うまく家計を圧縮して10万円の借入れで間に合うようにしましょう。

 

12万円の融資が必要な場合、20万円の限度額を希望する方が多いはずです。
10万円と20万円では、返済にかかる時間・利息は大きく変わってきます。

 

中途半端な借入額になるときは、圧縮して最小限の金額に抑えるのがコツなのです。

 

おすすめの返済方法は、毎月1回のカード返済、そして繰り上げ返済の併用となります。
リボ返済に関しては月の返済額が少ないので楽ですが、返済までに時間がかかる方法でもあります。

 

返済期間が短い方法ほど、優れた返済方法だと言えるのです。