私は30日間無利息の「プロミス」から借入しました。

最近は初めて消費者金融を利用するという方でも気軽に始められるように、

30日間無利息のサービスを提供している会社が多いです。

 

その中で、私が利用したのは大手消費者金融会社であるプロミスです。

 

プロミスの30日間無利息のサービスは、初めてのお客様に限って利用できるサービスとなっています。プロミスを初めて利用する際に、Eメールアドレスをまずは登録します。

 

併せて書面の受け取り方法でWeb明細を利用することを選択することで、このサービスが適用されます。無利息となる期間は初回利用日ではなく、初回出金の翌日から30日間の期間で有効となります。

 

どのようなサービスとして利用できるかと言うと、
30日以内に追加で融資があった場合も無利息の対象となっているのが特徴です。

 

私の場合、友人の結婚式に参加するため初回5万円の融資を受けたのですが、
洋服などを調達するために、どうしても更に3万円が必要になってしまいました。

 

しかしこの追加分も無利息で融資を受けることできたのです。

 

また、30日以内に完済した後、再度融資を利用した場合も無利息の対象になります。

 

私は初回5万円と追加の3万円を無利息期間内の30日以内に完済したのですが、
飲み会などが重なり、追加で3万円ほど必要になってしまいました。

 

無利息期間がまだ5日残っていたので、そのときも無利息で融資を受けることができました。

 

つまり30日以内に完済できれば、何度でも融資を受けることができるのです。

 

ただし、初回利用日翌日から30日を過ぎてしまうと、当然のことではありますが、
返済日までの日数分の通常利息がかかってくるので、注意してくださいね。

 

 

公式サイトはこちら

プロミスのスマホアプリ

スマホからカードローンを申し込む方法とは

近年はカードローンの申し込みを、いつでも申し込めるインターネットで行う方が増えています。

 

さらにスマホの普及でインターネットがより身近になり、ケータイからスマホへと買い替える人も増えてきました。
そこでカードローンも、スマホから申し込めるようになってきています。

 

スマホからカードローンを申し込む場合、大きく分けると以下になります。

 

パソコンサイトにアクセスして申し込む方法、スマホ専用サイトにアクセスして申し込む方法、
そして、専用のスマホアプリをダウンロードして申し込む方法です。

 

この点、パソコンサイトの場合、スマホからの利用は操作がしにくかったり、
手続きが最後まで完結できない場合があり、あまりおすすめできません。

 

これに対し、スマホ版があれば、操作はスムーズで手続きも滞りなく行えます。

 

さらに、これを進化させたのがスマホアプリであり、カードローン業者ごとに独自のアプリが開発されています。

 

ダウンロードしよう

初めての利用で30日の無利息サービスが受けられるカードローン業者を検討し、
申込みたい業者が見つかった場合、スマホアプリがあるか確認をします。

 

アプリがあると分かったら、その業者のホームページ等に案内されているQRコードからアクセスするか、
スマホのアプリ購入画面で業者名を入力して検索します。

 

スマホ版サイトを利用するのと異なり、検索したりダウンロードする手間はかかりますが、
スマホ版以上に操作性がよく、申し込み手続きが簡略化されるメリットがあります。

 

ダウンロードはもちろん、利用も全て無料でできるので安心です。ただし、パケット通信費用は当然ながらかかります。

 

必要書類の提出も簡単

スマホアプリの画面は、貸付条件等の案内、返済シミュレーション、
既に借りている方向けの会員サービスメニューと、新規申し込みメニューなどが揃っています。

 

初めての申し込みは、新規申し込みメニューをタップして、流れに沿って入力や選択をしていけば、手続きが進みます。
申し込みにあたっては、本人確認書類や収入証明書類の提出が必要になります。

 

スマホ版サイトを使った場合、必要書類の提出は、まずスマホのカメラで書類を撮影して画像を保存し、
それをメールに添付して指定アドレスに送るという作業が必要になります。

 

ですが、スマホアプリなら書類をカメラで撮影すると自動的に申込フォームに画像がアップされ、
必要書類の提出をより簡単に行うことが可能です。

自動契約機とは

30日間無利息のキャッシングを利用する方法

30日間無利息のキャッシングを利用するには、まずは申し込みをして審査に通り、
かつ、審査内容に合意の上、契約を締結しなければなりません。

 

申し込み方法には店頭で申込書類に記入する方法のほか、インターネット、
コールセンター、自動契約機、郵送、FAXなどの方法が設けられています。

 

いずれか、自分のニーズに合う方法を選ぶことが可能です。審査が通れば契約手続きを行います

 

また、同様の方法で全て完結できるケースと、例えばインターネットで申し込んでも、
契約は書類のやり取りを郵送または店頭で行うというケースもあります。

 

自動契約機とはどんな機械か

自動契約機というのは店舗のある無人のスポットや、提携金融機関、特別なブースなどに設けられた機械です。

 

この機械では、キャッシングの申し込みだけでなく、審査から契約手続きまで全て行うことが可能です。

 

つまり、自動契約機を利用すれば、ノンストップで申し込みから契約まででき、
その場でキャッシングに必要なローンカードの発行を受けることができます。

 

申し込みからカード発行までにかかる時間は、およそ40分程度が目安になります。

 

まず、自動契約機の画面をタッチして、個人情報や信用情報などを入力していきます。

 

氏名や生年月日、住所などの連絡先のほか、年収や勤務先、
勤務先の所在地や資本金額、従業員数などの情報を入力しなければなりません。

 

そのため、自動契約機に出向く際は、普段あまり気にかけていない勤務先の情報や連絡先なども控えてからいきましょう。

 

また、審査にあたっては本人確認が必要なため、運転免許証やパスポート等の身分証明書を
カードリーダーにかざしたり、カードリーダーに通すなどしてチェックを行います。

 

この際、入力した氏名、生年月日、住所と身分証明書の内容が一致していることが求められます。

 

また、自動契約機によっては、利用できる身分証明書の種類が限定されていることもありますから、
事前によく確認して無駄足を運ばないよう注意しましょう。

 

申し込み手続きが終わると、およそ30分から40分の時間で、その場で審査が行われます。

 

審査が通れば、カードを受け取ることができ、併設のATMで借り入れが可能です。
一般的に、自動契約機自体には、お金を貸し出す機能はありません。

 

気軽に申し込みができる

自動契約機のメリットとして、店頭と異なり、対面ではなく、機械を使って気軽に借りられることが挙げられます。

 

また、店舗が営業していない平日の夜間や土日祝日でも契約ができるのがメリットです。

担保や保証人は必要なのか

担保や保証人とは

担保や保証人は債務不履行に備えて債務を弁済するための保証として、債権者に提供しておくものです。

 

担保は土地、住宅、有価証券、定期預金など契約者所有の財産が対象となり、
保証人は契約者とは別口の安定した収入をもっている方が求められます。

 

万が一、返済が行えなくなった場合には担保をお金に換えて返済に充てる、
または保証人が変わりに債務を背負うことになります

 

担保にする物は契約者所有のものなので、万が一返済できなくなってもリスクを負うのは自分自身です。

 

ただし保証人は万が一返済できなくなれば相手に多大なる迷惑が掛かってしまうため、
保証人になってもいいと言ってくれる人は基本的にいません。

 

担保や保証人を入れれば、債務不履行のリスクは減らせるため融資を受けられる可能性も高まり、
またそこそこまとまった金額を借りることも期待できます。

 

しかし、誰にも迷惑をかけずに融資を受けたいのなら、無担保・無保証貸付がいいでしょう。

 

カードローンなら担保や保証人は不要

カードローンは原則、無担保貸付になっています。

 

契約者の信用だけで融資を受けられるため、万が一返済ができなくなっても全て自己責任で片づけることができます。

 

ただし信用がない方には融資が行えませんので、信用確認のため審査は厳しくなるでしょう。

 

ここで言う信用とは、きちんと返済を行ってくれる消費者であるかということで、
その確認に用いられるのが個人情報と信用情報です。

 

個人情報は年収や職業などの基本的なパーソナルデータです。

 

当然、年収が高い方、安定した雇用形態で働いている方などは信用が高くなります。
信用情報はこれまでの借り入れ状況です。

 

今までに借入れを一切していない人は情報がクリーンなので問題はありませんが、
これまでに借り入れをしている人はそちらの情報が考慮されます。

 

それでも正しく利用できている分にはいいですが、借入件数が多かったり、
何か月も返済の滞納をしていると信用がないと判断されてしまうでしょう。

 

有担保カードローンもある

カードローンは、無担保・無保証で契約できる点が消費者に受けている融資商品です。

 

ただし、保証無しということで融資限度額は少なくなるのがネックです。
そこで、そこそこの融資限度額を借りることができる有担保カードローンも存在します。

 

基本的なシステムは一般的なカードローンと同じですので、大金を使いまわしていきたいという方に選ばれています。